わたし、定時で帰ります

「わたし、定時で帰ります。」第1話ネタバレあらすじ感想!新世代のワーキングガールが奮闘!!

更新日:

この記事では、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のネタバレあらすじや、感想についてご紹介します。

いよいよ4月16日にスタートした、吉高由里子さん主演のTBS火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」!

“ライフワーク・バランス”をキーワードに、ワーキングガールが奮闘する本作。

「定時で帰る!? でも、どうやって!?」なんて、気になっている方も多いのでは?

ここでは、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のネタバレ・あらすじ、そして感想などについてまとめましたよ~。

 

今すぐ「わたし定時で帰ります」を見たい!
↓無料視聴したい方はこちらから↓

 

スポンサードリンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のあらすじ

それでは、早速、第1話のあらすじについてご紹介します。

オシゴト・ガールを演じる吉高さん、大好きです♡

人気俳優陣も、ぞくぞく登場!

ひとクセのあるお仕事仲間を演じ切ります。

 

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。
だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。
ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

 

「わたし、定時で帰ります。」公式サイトより

“残業ゼロ” “目指せ、定時!”

それができれば、どれだけ良いことか…。
思っていてもなかなか難しいのが、残業ナシの生活ですよね~。

「私は残業をしません」。
そう声高に宣言する結衣。

さて、そんな彼女の真意とはなんなんでしょう?

 

「わたし定時で帰ります」第1話の見逃し配信情報はこちらでチェック!

【「わたし定時で帰ります」を無料視聴する<4つの方法>公開中!】
スポンサードリンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のネタバレ!あなたのお仕事観に、真っ直ぐに問いかける。

それでは、以下、ネタバレあらすじになります。

“定時の女”、主人公・結衣のモットー

テキパキと仕事をこなし、定時にサクッと帰る、主人公の東山結衣(吉高由里子)。
急いで向かったその先は、行きつけの中華料理屋さんです。
6時10分迄のハッピーアワーにこの日もなんとか間に合い、お目当てのビールを飲んで至福の笑顔を見せます。

そんな結衣のもとに、謎の情報提供者、愁(桜田通)から一報が入ります。
それは、元・恋人である種田晃太郎(向井理)が本社に戻り、同じ部署に配属される、という内容でした。

次の日、結衣が出社すると、新しく部長となった福永清次(ユースケ・サンタマリア)と、種田が配属されてきます。
大きな声でアツい挨拶を済ませた福永は、種田のことも「期待のエースが帰ってきました」と紹介します。

その日の帰り際、エレベーターで鉢合わせた結衣と種田。
「まさか同じ部署に来たりします!?」と悪態をつきつつ会話を交わす結衣。

そして、昔と同じように“結衣”と呼ぶ種田に対し、「結衣はやめてください、“東山さん”でお願いします」と念を押します。
一方、種田は「バレたって別に…もうとっくに別れているんだから」とマイペースです。

退社した結衣は、この日、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との約束がありました。
巧の手料理をかたわらに、甘い時間を過ごしていますが、話題は種田のことに。
ライバル会社勤務のため、種田が本社に戻ったことを知っていた巧は、そのことを気にかけていたのです。
本当は嬉しいのでは?と心配する巧に、結衣は全面否定します。

自分の時間や恋人との時間を大切にするためにも、定時に帰るのが結衣のモットーなのです。

 

相反する、同僚・三谷とのお仕事観

職場で定時帰宅を貫く結衣に反して、同僚の三谷佳菜子(シシド・カフカ)は正反対の仕事スタイルを貫く女性。
「やってムダなことなんてありません」「仕事を取りたかったら、人の倍…いえ10倍もやること!」と、残業も惜しまず働き、同じチームのメンバーにも厳しく接します。

新入社員の教育にももちろん厳しい三谷。
「出社は始業よりも30分早く!」「仕事はムリしてでもやるもの」と、自身の仕事哲学を叩き込もうとします。

そんな三谷に対し、新入社員の女性、小泉は、「三谷さんがそうやって上司からされてきたからって、なんで私もやらなきゃならないんですか」と反発します。
ところが「あなたのためを思って言ってるの」と、説教を続ける三谷。
とうとう小泉は、「やってらんねーわ。話通じない」と、怒って退席してしまうしまつです。

止めに入っていた結衣に対し、「最近の人は…売り手市場ってやつですか?王様みたいな態度で仕事をしている」と言う三谷。
「そんなこと言っても、厳しくし過ぎるとすぐにやめちゃいますよ」と結衣は言いますが、「三谷さんは、叱られることを知らないんです。後々困るのは小泉さんです」と意見をまげません。
「いくらなんでも最初から厳しいとやる気がなくなる」という結衣に対し、「最初が肝心です」と三谷。
「私も最初が肝心だと思っているんですけどね」と返す結衣だが、「意見が合いませんね」と三谷に言われてしまいます。

そんな三谷ですが、自身も咳が止まらず、体調を崩しているよう。
結衣も、「病院に行った方がいいんじゃないですか?」と声をかけますが、聴く耳を持ちません。
休んだら自分の居場所がなくなる、と恐れている三谷は、学生時代から、無遅刻無欠勤を貫く“皆勤賞女”だったのです。

というのも、三谷は前の職場で、新人時代にこっぴどく絞られていたようで。
「センスのかけらもない」「空気読め」「お前の代わりなんていくらでもいるんだ」
そう怒鳴られ続け、会社で悪目立ちしていたため、なんとか評価を得ようと努力を重ねてきた過去があったのでした。

 

お仕事観、世代間のギャップ

翌日、なんとか出社した小泉ですが、三谷の下は嫌だと上司に訴えていたよう。
福永部長に呼び出された結衣と三谷は、教育担当を「チェンジ!」と言われてしまいます。

けれども、小泉に対し、厳しく注意し続ける三谷。
ついに、小泉は短い置手紙ひとつで、会社を辞めてしまいます。
しかもたちが悪いことに、小泉は腹いせに三谷のパソコンのパスワードを勝手に変更したよう。
三谷はパソコンを開くことができなくなってしまい、納期の迫ったプレゼンの資料作成が滞ってしまいます。

「私の何が悪かったの!?」と愕然とする三谷。
そんな三谷を見て、同じく新入社員で、結衣が教育係を務めている来栖泰斗(泉澤祐希)は、「考えが古い」と言ってしまいます。
「いちいち怒られたら、嫌になりますよ。人それぞれの働き方を考えようという時代なのに」と言う来栖。
さらに、咳をしながら出社すると菌がばらまかれてしまう、と付け加えます。
「私たちの時代は、就職するのも困難だったし、いつ解雇されるかとおびえて、仕事も簡単に休むことができなかった」と言う三谷。
しかし、「休まない人が結果を出してるかといったらそうじゃない」と来栖に言われ追い打ちをかけられます。
ついに張りつめていたものが一気に崩れてしまった三谷。
「私が結果が出せない人間だっていいたいの?…わかってるのよ、周りが私をどう思っているのか。使えない、仕事が遅い、センスのかけらもない、空気が読めない。取柄は、仕事を休まないことだけだって」と、実は内に秘めていたコンプレックスも相まって、声を荒げてしまいます。

「そんなことないよ」と否定する結衣ですが、
「あなたには一番言われたくない!自分のことしか考えてないあなたに。私みたいに容量悪い人間はいくらやっても人に評価されないんです」と言います。
ハッと我に返った三谷ですが、いたたまれない様子で会社を出ていってしまいました。

そして翌日…、ついに三谷は仕事を無断欠席してしまうのでした。

 

三谷の心を少しずつ溶かす、結衣のお仕事観

気になった結衣は、上司の種田に声をかけます。
「仕事は俺が変わりにやっておく」という種田。
そして三谷に対しても「彼女は悪くない。仕事もちゃんとできている。分析もとても丁寧だ。三谷さんが何を大事に思って仕事をしているのかが良く分かる」と、言葉を繋ぐのでした。

とはいえなかなか連絡のつかない三谷。
結衣は、三谷の実家に尋ねて行きます。

布団に潜り込んで塞ぎこんでいる三谷に声をかけるのでした。

説得を試みるも、なかなか割り切れない三谷に対し、結衣は、自身の経験を赤裸々に語ります。
新卒で大手の旅行代理店に入社したものの、仕事に追われて大変だったこと。
「仕事ができないと思われたくなかった」からと、言われた仕事は全部やるべく死ぬほど努力したこと。
そのうち、「病気かけがでもしないかな~」と考えてしまうようになってしまったこと。
すると、本当に意識不明の重体という、大けがをしてしまったこと。

「危篤状態だったと親から言われて、あ~、もういいや、会社やめようって思ったんです。

誰に何と思われようともう、ムリはしないって。」

そして、新人研修の時に社長が言っていたという言葉を続けます。
「会社だけの人間になるな。

 人生を楽しめ。

 色んな人と会え。

 世界を広げろ。

 そういう積み重ねが、いい仕事を作る」

最後に「三谷さんが仕事ができないなんて、誰も思っていませんよ」と続ける結衣。

「種田さんも、仕事が丁寧で、ここまでやってくれてたら後は楽だって言ってました」と言うと、やっと三谷は顔をあげたのでした。

「休んだって居場所はなくなりません」と結衣。
しかし三谷は「…ついに会社を休んでしまいました」と頭を抱える。
けれど結衣は、「やりましたね~!しかも無断欠勤ですよ!」と笑うのでした。

結衣は持参した、行きつけの中華料理屋の中華粥を三谷に振る舞います。
すると「東山さんが、私に買ってきてくれたの?」まるでそんなことありえない…というような態度の三谷に、「私、大分誤解されているみたいですね」と結衣。

中華粥を味わい、「美味しいです」と目に涙をにじませる三谷。
そして、「私、東山さんにはバカにされていると思っていました。私の思い過ごしですね」と晴れやかな笑顔も見せるのでした。

翌日、職場に復帰した三谷。
種田に「いくらお詫びをしてもし尽くせません」と頭を下げるが、種田も「大丈夫」と優しく返します。
結衣のもとにも歩み寄り礼を言う三谷。
打ち解けた様子で笑い合う二人なのでした。

ちょうどその頃、職場に来客が。
双子チャンを出産し産休に入っていた、結衣の先輩、賤ヶ岳八重(内田有紀)です。
結いとは今でも、たまに例の中華料理屋でハッピーアワーをともにし、近況を報告し合っていた賤ヶ岳。
「来週から復帰するので、挨拶に来ました!またよろしくお願いします!時短勤務だなんて甘いことは言いません!初日から残業でもなんでもやります!」と、すごい意気込み。
「頼もしい!」と部長の福永清次(ユースケ・サンタマリア)も声をかけています。
一方、そんな賤ヶ岳を結衣は心配そうに見つめます。

そんな結衣のスマホに、またまた愁一報が。
そこには、「福永清次は危険です。気をつけて」というメッセージが。

一体これは何を意味する言葉なのか?結衣の中にも不安が募っていくようです。

 

スポンサードリンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話みんなの感想は?

「ムリはしない」と決めつけて、目の前の幸せを大切にしようとする結衣。
会社のために、ひいては自分のために、努力を積み重ねることを大切にしている三谷。
理不尽な押し付けには、負けじと声をあげる若手社員…。

みなさん、それぞれに、それぞれの想いや考えがあって、誰も悪くないようにも思います。
とはいえ、ただ「価値観」が違うだけ…なのでしょうか?

結衣の恋人、巧も言っていたように、価値観の違う人たちが集まって力を合わせていく会社という場所。
だからこそ、その価値観の違いが、巧も言うように面白かったり、けれど一方で難しかったり問題だったりするんですよね。
しかしそれがとても個人にとって大きなことであったり、笑って過ごせないことにだってなりえます。

う~ん、なんだかとても考えさせられる内容でした~!

答えはすぐに出ることではないと思いますが、今後の展開や、主人公の信念など、ホント他人事じゃないというか、続きが気になります!!(笑)

そして、やはり!SNSでも、ちょっと深い~投稿が多かったですよ!

 

登場人物のセリフに、共感の声、多数発見です!

 

働き方や人生観についてなど、一歩踏み込んだつぶやきもとても多いです。

 

スポンサードリンク

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

以上、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第1話のネタバレあらすじ、感想についてご紹介しました。

テーマがテーマだけに、見ていて様々な想いが渦巻くドラマですよね~。

でも、主演の吉高由里子さんの演技もあって、重くなりすぎずに、楽しみながら観られるからいいですよね。

次回は、復帰した賤ヶ岳先輩を物語の中心に、「仕事とは?」と、あなたの心に問いかけてくるようです。

登場人物を見守りながら、みんなで一緒に、迷える子羊ちゃん、していきましょー(^^)/

 

スポンサードリンク

-わたし、定時で帰ります

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.