箱根駅伝

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーは?独断予想!今年こそ優勝?

更新日:

この記事では、早稲田大学の2019年のチームやメンバーの紹介と、独断で結果を予想しています。

第95回箱根駅伝の開幕が近づき、各チームの状況や結果を予想されている方も多いかと思います。

伝統校の早稲田大学は、優勝できるのでしょうか。

そこで今回は、早稲田大学の2019年のチームやメンバーの紹介と、独断で結果を予想します。

 

箱根駅伝を見逃した方、もう一度見たい方へ、こちらで無料視聴の方法をご紹介しています。
→<箱根駅伝2019を無料で見る方法!>

スポンサードリンク

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーの展望は?

今年の早稲田大学は、例年になく苦境に立たされているとも言えます。

出雲駅伝で10位、全日本大学駅伝で15位と、今年の大学駅伝大会では結果が出ていません。

1・2年生が多い若いチームなだけに、勢いが裏目に出る結果となりました。

しかしその中でも、1年生の中谷選手を筆頭に成長の兆しは見えてきました。

さらに負傷者が続出したことも順位が振るわなかった原因ですが、箱根駅伝にはしっかり間に合いそうなのも、明るいニュースです。

 

過去5年間の箱根駅伝での早稲田大学の結果

箱根駅伝での過去5年間の早稲田大学の結果は下記になります。

 

開催年

往路

復路

総合成績

2014年

3位

4位

4位

2015年

6位

3位

5位

2016年

5位

5位

4位

2017年

2位

9位

3位

2018年

3位

7位

3位

 

スポンサードリンク

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーと監督のチーム状況は?

今年の早稲田大学は、1年生が5人エントリーしています。

伸び代が大きく、箱根駅伝当日までにどれくらい力が伸びるか楽しみです。

その一方で、経験不足という弱点も指摘されますが、下級生の勢いと若さを、上級生の走りとうまく融合させたいところです。

チームの力を結集し、箱根駅伝に臨みます。

スポンサードリンク

箱根駅伝早稲田大学2019年のエントリーメンバー

箱根駅伝2019年に挑む、早稲田大学のエントリーメンバーは下記になります。

 

選手名 

学年 

10000m公認 

ハーフマラソン公認 

昨年の箱根駅伝結果

小澤直人

4年

29分34秒44 

1時間03分42秒

出走なし

清水歓太

4年

29分24秒33

1時間03分08秒

区間4位(9区)

永山博基

3年

28分25秒85

1時間02分55秒

区間3位(7区)

伊澤優人

3年

29分44秒03  

1時間03分47秒

出走なし

 大木皓太

3年

29分39秒90 

1時間05分09秒

区間5位(8区)

太田智樹

3年

28分56秒32

1時間02分48秒

区間6位(2区)

新迫志希

3年

29分07秒06 

1時間04分03秒

出走なし

真柄光佑

3年

29分54秒25

1時間03分39秒

出走なし

宍倉健浩

2年

29分17秒12

1時間05分22秒

出走なし

 渕田拓臣 

2年

31分51秒60

1時間04分54秒

区間3位(6区)

 吉田 匠

2年

29分58秒90

1時間03分55秒

出走なし

太田直希

1年

29分26秒60

1時間05分38秒

出走なし

千明龍之佑

1年

29分10秒27

1時間03分40秒

出走なし

中谷雄飛

1年

29分07秒77

記録なし

出走なし

半澤黎斗

1年

229分25秒05

1時間06分55秒

出走なし

向井悠介

1年

29分32秒41

記録なし

出走なし

 

スポンサードリンク

箱根駅伝早稲田大学2019年の注目メンバー

箱根駅伝早稲田大学のエントリーメンバーの中から、特に注目な選手をご紹介します。

 

中谷 雄飛(1年)

1年生ですが、すでに実績はチーム1とも言えます。

中学・高校時代から注目され続けた大器がついに箱根の舞台に立ちます。

多くの選手が苦しんだ箱根路を中谷選手はどう乗り越えていくのでしょうか。

 

清水 歓太(4年)

今年度の主要大学駅伝では結果はでませんでしたが、能力の高さは過去の箱根駅伝でも実証済みです。

ルーキーの話題が多い早稲田大学ですが、安定感のある走りで下級生を引っ張ります。

もう後がない状況の早稲田大学を救うのは、彼しかいないでしょう。

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーが信頼する監督の横顔

2019年の箱根駅伝に挑む早稲田大学の監督をご紹介します。

 

早稲田大学 相楽豊監督

 

長年早稲田大学陸上部をコーチとして支え、2015年に監督に就任しました。

そして今年は、相楽監督が就任した年に入学してきた世代が、最高学年としてチームを支えます。

自身も箱根駅伝を走った経験を持っていますが、4年生時にはケガのため出場できませんでした。

選手として、コーチとして、そして監督として、早稲田大学の伝統を作ってきました。

今年も伝統校の経験を感じる采配に注目です。

 

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーは優勝できる?

ここ5年の箱根駅伝では、常に3位~5位の順位をキープしている早稲田大学です。

安定感のある結果とも言えますが、さらに上位を狙いたいところでもあります。

ただ、先述したように、負傷者の影響で今年度はなかなか良い結果が得られていません。

また、王者の青山学院大学とそれを追随する東洋大学・東海大学の布陣も盤石です。

まずは5位以内、そしてチャンスを伺い3位以上の走りが期待されます。

箱根駅伝早稲田大学2019年メンバーまとめ

今回は、箱根駅伝早稲田大学の2019年のメンバーやチームの予想順位をご紹介しました。

今年度はなかなかコンディションが上がらなかった印象ですが、箱根駅伝では例年通りの強さは見られるのでしょうか。

特に1・2年生の活躍に注目です。

 

スポンサードリンク

-箱根駅伝

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.