花火大会

【隅田川花火大会】2019年の有料席・屋形船予約・ヘリを紹介!特別観覧を楽しもう!

投稿日:2018年5月18日 更新日:

この記事では、隅田川花火大会2019年の有料席・屋形船予約・ヘリなど、特別な観覧方法をご紹介しています。

夏は多くの花火大会が開催されますが、江戸時代から続く花火大会といえば日本でもわずかで、中でも日本が誇る花火大会といえば「隅田川花火大会」ですね!

今年の夏も相当な動員が期待される隅田川花火大会について、今回は2019年の有料席・屋形船・ヘリなど、特別な観覧に関してお伝えします!

 

≪関連記事≫

 関連  隅田川花火大会の穴場スポット

 関連  江戸川区花火大会2019の穴場スポット・有料席

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

“隅田川花火大会”2019年の日程は?

まずは、隅田川花火大会2019の日程について、ご紹介します。

江戸時代から継承される伝統行事の隅田川花火大会。

2012年からはスカイツリーとも共演で、素敵な写真がたくさん撮られ、多くの方の心に感動を残していますね。

2019年はいつの開催になるのか早速見ていきましょう。

 

出典:隅田川花火大会公式サイト

 

隅田川花火大会は、例年7月の最終土曜日に行われ、2019年の開催は7月27日(土)となります。

※台風接近に伴い、7月27日の延期、または中止もあり得ます。

詳細は「隅田川花火大会2019年の大会延期/中止リアルタイム速報!」の記事から確認してください。

 

第42回 隅田川花火大会

開催日時:
2019年7月27日(土) 19:00~20:30
※悪天候の場合は7月28日に順延。7月28日も打ち上げ不可能な場合は中止。

詳細は「隅田川花火大会2019年の大会延期/中止リアルタイム速報!」の記事から確認してください。

会場:2会場
第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

打ち上げ総数:
約20,000発
内訳:第一会場 約9,30発 第二会場 約10,650発

 

 

“隅田川花火大会”の打ち上げ場所

隅田川花火大会の花火打ち上げ場所はそれぞれ下記の場所です。

 

第一会場:桜橋下流~言問橋上流

最寄駅:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

 

第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

最寄駅:浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅
(多少歩くが田原町駅、本所吾妻橋駅を利用するのが良い)

 

“隅田川花火大会”の有料観覧席について

隅田川花火大会では市民協賛席という特別席があります。これは、有料席とは少し意味合いが異なり、隅田川花火大会に協賛金を寄付したお礼に特別観覧席に招待されるという仕組みになっています。

ただし市民協賛席は例年ハガキによる抽選で、5月上旬で締め切ってしまうため、5月下旬以降に有料席を考え始めた人にとっては難しい話ですよね。

念のため、2019年の協賛席概要を載せた上で、その他の有料席について紹介します。

 

隅田川花火大会2019 市民協賛席について

 

会場と協賛金額

会場 募集口数
(申込可能口数)
協賛金額
ア 墨田区側両国親水テラス
(第2会場が観覧できる椅子席)
1,850口程度
(4口まで)
1口6,000円
※1口で1名招待
イ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
1,550口程度
(1口のみ)
1口10,000円
※1口で5名招待
ウ 台東リバーサイドスポーツセンター少年野球場
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
500口程度
(1口のみ)
エ 台東リバーサイドスポーツセンター野球場団体席
(第1会場が観覧できるビニールシート席)
100口程度
(1口のみ)
1口50,000円
※1口で22名招待

 

申し込み方法:
はがき(1グループ1枚まで)に、希望会場(ア~エの1カ所のみ)、協賛口数(アのみ)、代表者氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を記入のうえ、申込先へ送る。

申し込み先:
110-8615 台東区東上野4-5-6 台東区役所内
「隅田川花火大会実行委員会 市民協賛受付台東事務局」
(電話:03-5246-1111)

申し込み期間:
2019年4月19日(水)~5月15日(水)当日消印有効

 

申込期間は非常に短いものとなっています。

そこで、間に合わなかった人のために、下記の有料席といえる特別観覧方法をご紹介します。

 

  • 浅草花やしき屋上特別観覧席
  • 東京スカイツリー展望台特別営業入場券
  • 東武ホテルレバント東京
  • 屋形船
  • ヘリ

 

≪関連記事≫

 関連  隅田川花火大会の穴場スポット

 

“隅田川花火大会”は浅草花やしき屋上特別観覧席からゆっくり観覧

毎年発売されていますが幻のチケットと呼ばれていて即日完売必至のなかなか手に入りにくいチケットです。

例年6月20日前後の土曜日に発売をしているので

今年は6月15日(土)または22日(土)にチケットぴあ・セブンチケットで受付開始すると予想されます。

2018年のセブンチケットでの浅草花やしき特別観覧席の詳細を載せておきますので参考にしてください。

前売り券を購入できなかった場合もあきらめないでください。当日抽選のラストチャンスがあります。

14:30までに来園した方に抽選用紙がもらえるので、15:00までにエントリーして番号をもらい、抽選に参加しましょう。

当選した場合は屋上でゆっくり花火を楽しめますし、外れた場合もアトラクションによっては花火を楽しめるかもしれませんよ。

 

“隅田川花火大会”は東京スカイツリー展望台特別営業入場券で花火を真下に見よう

東京スカイツリーの天望デッキ・天望回廊から、第一会場・第二会場の花火を両方とも観覧でき、しかも通常は見ることのできない、花火が自分の真下にあるという状況を体験できます。

花火大会当日の展望台のチケットは、例年6月中旬~下旬に申し込み開始となり、東京スカイツリーのホームページでインターネットによる申し込みを受け付け、7月初めに抽選結果の発表があります。

例年通りですと、販売価格は6,500円(税込 お土産付き)です。

その他に東京スカイツリーでは、Sky Restaurant 634(musashi)でも、食事をしながら見ることもできます。

詳細は東京スカイツリーのホームページをご覧ください。

こちらは電話による申し込みになります。6月初旬にはホームページで発表があるので、チェックするのを忘れずに。

 

 

“隅田川花火大会”は東武ホテルレバント東京でディナーを楽しみながら

 

出典:東武ホテルレバント東京公式サイト

 

東武ホテルレバント東京では、隅田川花火大会を部屋やレストランから楽しめる、宿泊プランが設定されています。

東京スカイツリーと隅田川花火大会第一会場・第二会場の花火を一望できる絶好のロケーションで、華やかに彩られる夏の夜空と料理を愉しむ「至福のひととき」を堪能できます。

地上100mのゆったりとした席で見る花火はまさに贅沢。花火の音は室内のスピーカーからも響き渡ります。

 

隅田川花火大会2019観賞宿泊プラン/東武ホテルレバント東京

プラン内容
1泊2食付き
レストランは2階スーパーダイニング『ヴェルデュール』

夕食 ・・・・・ ディナーバイキング(フリードリンク付)ご利用時間 17:00~22:00/最終入店 21:30
デラックスツインルーム宿泊プランのご夕食は、ホテル特製のお弁当を19:00にお部屋までお届け。
朝食 ・・・・・ 朝食バイキング  ご利用時間 6:30~10:00/最終入店 9:30

宿泊特典
 特典1. 隅田川花火大会を観覧できる、10階以上の客室への宿泊
 特典2. 通常11時のチェックアウトを12時までゆっくり過ごすことができます
 特典3. 通常料金1,800円の駐車場が無料

料金:一人55,000円〜

お問い合わせ:
東武ホテルレバント東京 レストラン予約課 03-5611-5591

 

電話予約の受付は2019年5月27日(月)10:00〜となりますが、毎年完売必至の贅沢なひと時を味わえるプランです。

気になる方は、早めのお問い合わせをオススメします。

 

“隅田川花火大会”は屋形船を予約して人とは違う観覧を!

屋形船で見る花火は、海面に映る花火と宴会料理を食べながら、非日常的な空間で仲間とワイワイできるのが最大の魅力です。

ただ水上の渋滞を避けるために、早い時刻からの出航、遅い時間の帰着、安全確保でのスタッフの増員などのため、特別料金での開催となります。

それでも価値ある観覧となることは間違いありません。

すでに予約締切の店舗もありますが、毎年利用客からの満足度が高い屋形船は下記になります。

 

※花火が中止や延期になった場合、屋形船の予約がキャンセルできるかもチェック!

 

  • 船宿 あみ達
  • 東京屋形船 あみ弁
  • 船宿 浅草橋 田中屋

 

船宿 あみ達

屋上スカイデッキ付きの乗り合い屋形船は、2019年の夏を最高の思い出にしてくれることでしょう。

 

 

集合予定時間:14:30
集合場所:晴海乗船場

プラン・料金:
大人:41,500円 子供:29,500円
大人2名様以上から
お食事・飲み放題付き

連絡先:
134-0015 東京都江戸川区西瑞江4-1-20
03-3655-2780

 

東京屋形船 あみ弁

店舗より30分以内の場所であれば、無料の送迎バスも利用可能です。

 

 

出船予定時間:16:00~22:30
乗船場:晴海あさしお乗船場、または越中島乗船場、またはあみ弁事業所乗船場

プラン・料金:
屋形船プラン 一人30,000円
最低25名から
高級松花堂弁当

連絡先:
134-0013 東京都江戸川区江戸川4-20-8
03-3651-4607

 

船宿 浅草橋 田中屋

最高に贅沢なロケーションを本格的な懐石料理とともに楽しむことができます。

 

 

出船予定時間:16:00(集合時間15:45)

プラン・料金:
屋形船プラン 32,400円
懐石膳・飲み放題付き

連絡先:
111-0052 東京都台東区柳橋1-3-5
03-3851-6318 

 

自分の船で観覧を希望する場合

屋形船ではなく自分の船でもいいの?という人もいるでしょう。

隅田川花火大会の場合は、特別何かの申請が必要ということはなく、船で花火大会を観覧するのは可能です。

ただし、海上保安庁から花火大会時の重点注意事項が提示されているので、以下の事項には必ず注意しましょう。

 

  • 出港前に…
    事前に航行経路の浅所、障害物、防波堤、航路標識の場所などを確認しておきましょう。また、発航前点検を確実に実施しましょう。
  • 観覧時は…
    周囲の船舶の動静に注意し、常に「自船の位置確認」を実施しましょう。気づかずに流されて他船に衝突したり、ワイヤー等に絡まる危険があります。また、当たり前ですが、操船者の飲酒は厳禁です。
  • 終了後は…
    観覧していた多くの船舶が一斉に帰港します。「安全な速力」と「厳重な見張り」を徹底しましょう。

 

“隅田川花火大会”を更に上空からヘリで見よう

更に特別な空間で隅田川花火大会を満喫したいという人におすすめなのが、東京スカイツリーよりも更に上空から花火を見るヘリコプターでの観覧はいかがでしょうか。

隅田川の花火は立地上高層ビルが多く、第一会場・第二会場の花火を同時に見ることはできません。

同時に開催しているのだから、どっちかだけではなくどっちも見たい!という人にはヘリコプターでの遊覧飛行でしょう。

人ごみにも天候にも風向きにも左右されずに眼下に広がる大輪の花火を観覧できます。

 

 

運航を予定しているヘリコプター会社は2社あります。

 

  • エクセル航空
  • 日本フライトセーフティ株式会社

 

エクセル航空

エクセル航空でのフライトは海を一望するラウンジから始まります。東京湾に沈んでいく夕日や日没後の舞浜リゾートの輝く光を眺めつつ、ソファーでくつろぎながらゆったり離陸まで過ごせます。

 

 

通常のフライトコースは、浦安のヘリポートから、レインボーブリッジ〜六本木〜後楽園上空を旋回し、東京スカイツリー〜荒川を眼下に納めながら一周して戻って来るというコースです。

花火大会のように個別に行きたい場所がある場合は、時間やルートをアレンジできるプランがおすすめです。

こちらは貸し切りコースで、なんとシャンパンのフルボトルがサービスされます。当然料金も高額ですが、価値ある時間となるでしょう。

花火を見ながら優雅なフライトをお楽しみください。

 

日本フライトセーフティ株式会社

隅田川花火大会の特別遊覧飛行として、お台場、レインボーブリッジ、東京タワー、六本木、渋谷、新宿、東京ドーム、上野、浅草(スカイツリー)、秋葉原、東京駅、銀座方面を飛行、とかなり贅沢なコース内容になっています。

 

https://twitter.com/picalu002/status/871354784644648960

 

このコースで花火まで堪能できるなんて最高ですね!

約20分間、2名貸し切り料金で、129,168円(税込)です。

2019年5月25日現在では、19:50と20:10の2便が予約可能でした。

その他詳細は、日本フライトセーフティ株式会社の公式サイトをご覧ください。

伝統ある隅田川の花火を、特別感のある上空から見てみるのはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

“隅田川花火大会”へのアクセス

ここまで観覧に関することをお伝えしてきましたが、隅田川花火大会においてかなり重要といえるのが、アクセスの問題です。

第一会場・第二会場と分かれてはいますが、日本を誇る花火大会なので、観覧客数は100万人近く。

駅周辺は非常に混雑し地獄絵図となるのが容易に予想できます。

 

まずは花火会場に最寄りの駅からの通常の行き方をご案内します。

<第一会場>
・東武鉄道・東京メトロ
 都営地下鉄浅草駅から徒歩15分

<第二会場>
東武鉄道・東京メトロ
 都営地下鉄浅草駅または都営地下鉄蔵前駅から徒歩5分

 

混雑に巻き込まれないようにするための対策として、下記のポイントをおさえてください。

 

  • 早くてお昼過ぎ、遅くても15時頃には現地集合する。
  • なるべく遠くの駅から乗り合わせて現地に来る
    まだ混んでいないと予想できる駅から乗るのをおすすめします。特に浴衣の女性は立っていては非常に疲れるので座りましょう。
  • ラストの花火を見ずに早く帰る
    ラストの15分を諦めるだけでもスムーズに帰れます。

 

混雑は花火大会につきものですが、できるだけ混雑を避けるためには、上記のポイントを把握しておきましょう。

 

スポンサードリンク

“隅田川花火大会”の見どころ

隅田川花火大会といえば、日本を代表する花火大会という規模のため、日本一有名な花火大会と言ってもいいでしょう。

打ち上げ総数20,000発もさることながら、花火コンクールなどを含めた花火自体のレベルの高さ、2つの会場から成る規模の大きさ、そして下町情緒あふれる浅草、押上エリアのにぎやかな数々の出店。

多くの見どころや盛り上がりがあるため、毎年テレビで中継される人気の花火大会です。

 

 

“隅田川花火大会”第一会場

大会の目玉の計200発の花火コンクール玉を含む9,350発が打ち上げられます。

花火コンクールは両国花火の7つの業社と、国内の代表的な花火大会で優秀な成績をおさめた業者3社の計10社が、渾身の力作を競い合います。

桜橋の近くに打ち上げ場所があり、浅草や押上エリアから花火を楽しめます。

ただ、どちらかというと第一会場の方が人が集まりやすいので、混雑します。

 

“隅田川花火大会”第二会場

創作花火やスターマインなど約10,650発が打ち上げられ、隅田川沿いに鑑賞スポットが点在します。

第一会場と比較すればまだましですが、日本有数の花火大会でもあるので混むのは確実です。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

隅田川花火大会2019有料席・屋形船・ヘリでの観覧情報まとめ

今回は隅田川花火大会2019年の、有料席・屋形船・ヘリなど、特別な観覧に関してお伝えしました。

長く続いている花火大会だからこそ多くの人に愛されていますし、その分、当日の会場周辺も非常に混むでしょう。

日本を見守ってきた花火を、せっかくですからゆっくりくつろぎながら楽しみたいですよね。

ぜひ、今回紹介した有料席などを参考にして、隅田川の花火を楽しんでください!

 

≪関連記事≫

 関連  隅田川花火大会の穴場スポット

 関連  江戸川区花火大会2019の穴場スポット・有料席

スポンサードリンク

-花火大会
-, , , , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.