チャンネルはそのまま!

チャンネルはそのまま!(ドラマ)の原作漫画は?内容チラ見せ!

投稿日:

この記事では、ドラマ「チャンネルはそのまま!」の原作漫画について紹介しています。

3月18日から5夜連続で放送されるHTB(北海道放送)50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」に原作があるのはご存知ですか?

しかも、とっても大人気漫画が原作なんです!!

早速、原作漫画について、紹介をしていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ドラマ「チャンネルはそのまま!」の気になるあらすじは?

3月11日よりNETFLIXで先行放送がされているドラマ「チャンネルはそのまま!」。

残念ながら放送地域が限られているようで、残念ながら視聴ができない方もいるかと思います。

放送が待ちきれない!
視聴ができないが、内容が気になる!

そんな方のために、ここで、ドラマ「チャンネルはそのまま!」の簡単なあらすじを紹介していきます。

札幌にあるローカルテレビ局の新人記者・雪丸花子(芳根京子)は入社以来、失敗続き。同期のアナウンサーのデビュー戦では、花子がニュース原稿を書き上げたのは放送開始ギリギリで、しかも信じられないほどの誤字だらけ。危うく悲惨な放送事故を起こすところだった。
同期の報道記者・ 山根一(飯島寛騎)も、毎度毎度の花子のおもり役にうんざり顔だ。そんな雪丸花子は、このテレビ局(HHTV北海道★テレビ)に謎の「バカ枠」で採用されたという。一体「バカ枠」とはなんなのか?
トラブルメーカーの花子だが、不思議と彼女の周りにはスクープがあり、感動が生まれる。花子の一言で気象予報士は開眼し、花子の行く先に逃走中の放火の容疑者が現れたりする。マスコミに距離を置くカリスマ農業技術者 (大泉 洋)やライバル局(安田 顕)でさえ、いつの間にか花子の旋風に巻き込まれてしまうのだった。

 

ドラマ「チャンネルはそのまま!」公式HPから引用

監督は、大泉洋さんを一躍有名にしたバラエティー番組「水曜どうでしょう」の本広克行さんだそうです。

これは絶対に面白いドラマになりそうですね!!

 

スポンサードリンク

ドラマ「チャンネルはそのまま!」の原作漫画は?

さて、こんな期待が高まる記念ドラマ「チャンネルはそのまま!」。

原作の漫画はいったいどんな内容なのでしょうか?

 

ドラマ「チャンネルはそのまま!」の作者は?

ドラマ「チャンネルはそのまま!」の原作漫画は、「動物のお医者さん」や「おたんこナース」の作者、佐々木倫子さんです。

佐々木さんは、北海道在住で、北海道を題材にしたエッセイなども執筆しているそうですよ。

2008年から2013年までの間、「ビックコミックススピリッツ」内で連載をしていた今作。

今回のドラマを記念して、特装版を発売するそうです。

 

「チャンネルはそのまま!」のモデルはある?

今回、HTB(北海道テレビ)の記念ドラマに大抜擢された「チャンネルはそのまま!」。

モデルはあるのかを調べてみると、興味深いことが発覚しました。

なんと、この作品、当時の北海道テレビが全面協力のもと綿密な取材を重ねたという制作の背景があるそうです。

実際、漫画「チャンネルはそのまま!」の巻末には、北海道テレビの広報部員の名前が協力欄に名を連ねています。

このドラマのモデルは、北海道テレビそのものなのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

まとめ~ドラマ「チャンネルはそのまま!」の漫画を読んで予習しよう~

ドラマ「チャンネルはそのまま!」の原作について紹介してきました。

取材を重ねた、いわば北海道テレビとの共同制作のような漫画がついに、HTB(北海道テレビ)内で放送されるとは、ファンにとっては感慨深いですね。

ドラマでは、水曜どうでしょうのメンバーも出演するようなので、気になる方は、是非チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

-チャンネルはそのまま!

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.