エンタメ

渋谷すばるはツアーを最後までやり遂げたかった 不参加は「関ジャニ∞が大きく強くなるため」

更新日:

関ジャニ∞からの脱退と、ジャニーズ事務所を12月31日で退所することを発表した渋谷すばるさん。

4月21日深夜放送のFMラジオNACK5の「関ジャニ∞渋谷すばるのスバラジ」で、

7月に始まる5大ドームツアーに出演せずグループを去ることになった経緯と、渋谷すばるさん自身が今秘めている想いを語りました。

 

スポンサードリンク

渋谷すばるの想いをラジオで激白

 

Joy
こんにちは!Joyです。

脱退&退所の会見からすぐに収録された渋谷すばるさん自身のラジオで、

今回の経緯について赤裸々に語りました。

 

 

実はこの日の放送は、「一切編集を入れておりません」と告知されていました。

その通り、4月15日に会見を開いた翌日4月16日の収録では、編集せず今の想いをすべてそのまま放送してくれたのです。

 

渋谷すばるさんは、

「恐らくですが、初めて自分がこのスバラジで何をしゃべるのかみたいなことは、

注目されて聞かれている方もいるのかなと思いますので」と前置きしてから話し始めました。

 

まず、自身が命名した関ジャニ∞のファン「eighter(エイター)」に対して、

「とにかく急な一方的なお知らせになってしまって、本当に、ただただ申し訳ないという気持ちと、

びっくりされた方も悲しませたりとか、いろんな思いをさせてしまったと思います。

本当に申し訳ない気持ちでしかないんです」と改めて謝罪の気持ちを伝えました。

 

ツアーは当初、最後まで参加するつもりだった

ベストアルバムを迎えた夏のツアーについて、

「自分は最後まで責任を持ってやるつもりですという意志ももちろん皆さんにお伝えしました」

と振り返りました。

 

その後、「(他のメンバー)6人でも話し合って考えたし、事務所の方とも話し合って」、という経緯の後に渋谷すばるさん自身が参加しないことに決まったのだそうです。

そして、その話し合いには渋谷すばるさんは参加していなかったとも。

「そこに僕はいなかったので、どういう会話がというのは正直、僕は分からないけど。

でも、事務所も含めて出した決断、特にいくら事務所の人でも、メンバーの気持ちというか、

本当にジャニーズのタレントにしか分からない気持ちがたくさんあって、

そんなことは言うことじゃないんだけど、だから6人が出した結論とか思いというのは僕は痛いほど分かるつもりなんです」

と、その結論を尊重することを強調しました。

 

脱退するという意志を示した側の渋谷すばるさんなので何も言えなかったと思いますが、

今回の件の第一報を報じたフライデーによると、渋谷すばるさんがツアーに参加するのは事務所のジュリー副社長が許さなかったのだそうです。

 

[以下フライデー引用]
メンバーとの話し合いの中で、渋谷は自分が抜けた際のメンバーの負担の大きさを感じて“脱退はするが、ツアーには参加する”と譲歩したそうです。

でも、これはジュリーさんが許さなかった。

わがままは決して許さないという強い姿勢を見せたのでしょうが、一説には会場でのグッズや後々販売されるツアーDVDなどから発生する巨額のロイヤリティーを渋谷に渡したくなかったとも言われています。

そもそも渋谷が参加したことで、ツアーそのものが“渋谷すばる脱退記念ツアー”みたいになることは、絶対に避けたかったんだと思いますよ」

 

“渋谷すばる脱退記念ツアー”という言い方はちょっときついし、そんな風には誰も思わないですよね。

でも、渋谷すばるさんは確かに関ジャニ∞の中ではメインボーカルでしたから、

ツアーに参加するとなるとその歌声はやはり強調されます。

その分、6人になってからの関ジャニ∞への、抜ける穴の大きさが露呈してしまうのではという危惧があったのだそうです。

 

渋谷すばるさんはこのことを、

「6人はものすごく悩んだと思うし、苦渋の選択だったと思うんですよね。

7人で立つことがエイターにとってはいいのかもしれないけど、俺は自分勝手な理由で抜けるかもしれんけど。

残された6人は続けていかなあかんし、この関ジャニ∞というものを守っていかないといけない。

 

だから、今だけがよければいいわけじゃないんですね。

今だけがよくて、それでグループがだめになっちゃったら、

それを一番エイターを悲しませることになる。

だから、申し訳ないけれどもグループを守って、さらに大きく、強くしていくために、

もうこの段階から6人でという体制を、彼らとしてもつくっていかないとという気持ちは痛いほど分かるので」

というように、自分が抜けた後の関ジャニ∞を想い、今からその体制で作られるツアーへの理解を伝えました。

 

スポンサードリンク

渋谷すばるが脱退することに向けた本人と関係者の想い

渋谷すばるさんは最後にこのように伝えました。

 

「俺が抜ける立場で言えることではないけども、

でも、もしこの番組が今、注目されて聞かれているのなら、

このまま、いつわりのない思いを届けるべきだと思って今、しゃべっています。

 

なので、とにかく、そんな思いで6人と僕とジャニーズ事務所の方々とで決めて出した結論なので、

一方的であって本当、申し訳ないんですけど、どうか受け止めていただき、

そして、何よりこれからの6人の関ジャニ∞を応援していただけたら、

僕としてもそんなに嬉しいことはないと思います。

…です。本当に。

なので、これ、このまま放送してください」

 

6人の関ジャニ∞に向けての応援を、ファンの皆さんに伝えました。

 

渋谷すばるさんの脱退について、以前より「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)で共演していた清塚信也さんは「ワイドナショー」(フジテレビ系)で下記のように伝えました。

 

「渋谷さんは音楽的にも芯のある方で、自分のやりたいことが明確にある方だなという印象があった。

アイドルという肩書きがある以上、“愛してる”という詩を歌うときも、

やはりアイドルとしての“愛してる”になるんですよね。

それはむしろ僕ら聞き手のほうにそういう認識があって。

どこまで行っても国民的なアイドルである関ジャニ∞さんの“愛してる”なんです。

どちらがいいか悪いかではなく、アイドルだからできることと、できないことがある。

できないことが“今の自分がやりたいこと”になってしまったら、音楽家にとって決断せざるを得ないかなと思います。」

 

同じく音楽を愛する人だからこそ、感じることのできる想いなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

渋谷すばるの直接の想いを聴いたファンの声

会見から一日後に収録されたラジオを聴いてファンはどのように思ったのでしょうか。

 

https://twitter.com/818haruna911/status/987901038463090689

https://twitter.com/mryameighter/status/987884265755951104

 

渋谷すばるさんの誠実な気持ちを受け、ファンは感謝の気持ちを持ち、前を向いているようです。

 

スポンサードリンク

Joyのヒトコト。

渋谷すばるさんは最後まで今回のツアーはどうするか、今後の関ジャニ∞はどうするかと、

自分が抜けるという決断がありながらも残る仲間に向けての想いも同じくらい大きかったのですね。

 

きっと、更に良いグループになりますよ、関ジャニ∞!

こんなに絆が深く強いんですから!

 

これからも応援していきます!

 

Joy
以上、Joyでした!
スポンサードリンク

-エンタメ
-, , , , , , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.