集団左遷!!

集団左遷!ドラマ感想はつまらない?第1話ネタバレで暴露!どこにでもいる50手前の銀行員が下克上?!

更新日:

この記事ではドラマ「集団左遷!」第1話ネタバレあらすじ感想について書いています。

いよいよ21日からはじまるドラマ「集団左遷!」

ドラマ出演が久しぶりの福山雅治とNHK大河「龍馬伝」以来の共演となる香川輝之が共演します。

いったいどんな物語になっていくのでしょう?面白い?!つまらない?!

ドラマ「集団左遷!」第1話の感想ネタバレを大暴露です!

 

スポンサードリンク

ドラマ「集団左遷」第1話のあらすじ&ゲストキャストは?

主人公片岡洋は昇任人事の知らせを受けますが、移動先の蒲田支店は廃店の方向で動き出した支店でした。

そして片岡は常務取締役から「廃店が決まっているので、頑張らなくていい」と言われてしまうのです。

ドラマ「集団左遷」第1話のあらずじ

大手メガバンク・三友銀行に勤めるごく普通のサラリーマン・片岡洋(福山雅治)はある日、蒲田支店の支店長の昇任人事を受ける。

50歳を前に突然の出世に喜ぶ片岡だったが、実はその人事には裏があった…。

徹底した合理化を目指す常務取締役の横山輝生(三上博)から「半年以内にノルマを達成しなければ蒲田支店は廃店」と告げられる。

さらに「廃店が決まっているから頑張らなくていい。無事廃店になればあなたの身は本部が保証する」と言われるのだ。

頑張らない、ノルマは達成しない、廃店の決定を待つ…はたして本当にそれでいいのか!?

そしていよいよ支店長としての出勤初日、朝礼で着任の挨拶もそこそこに蒲田支店が融資していた会社の社長がいなくなったと連絡が入る。

融資額が5000万円と聞き、片岡は部下の滝川晃司(神木隆之介)を連れて融資先の会社へと向かう。

合流した担当者の平正樹(井之脇海)と共に社長の行方を追うのだが…

「ん?これって頑張っていいんだっけ…?」横山の言葉がよぎり、葛藤する片岡。

と、そこへ、副支店長の真山徹(香川照之)から、二日後、蒲田支店に臨店(※各支店の融資状況が正しいかどうかチェックする検査)が入るとの連絡が…

頑張らなくて良いと言われた50歳間近の銀行支店長片岡洋。

そして、リストラ寸前のダメ社員集団の蒲田支店。果たして蒲田は生き残れるのか!? 50歳の支店長片岡の戦いが始まる。

「頑張るなと言われたからって、頑張らないなんてできない!」

「集団左遷」公式サイトより

頑張らなくてはいいと言われても、支店長になった片岡洋はどんな選択をしてゆくのでしょうか。

蒲田支店の社員たちはどうなるのでしょうか。

『ROOKIES』(2008年)、映画「ROOKIES−卒業−」(2009年)、『南極大陸』(2011年)を手掛けたいずみ吉紘さんが脚本を担当します。

 

ドラマ「集団左遷」第1話のゲストキャストは?

「集団左遷」公式サイトより

第1話のゲストは平山浩行さん、中村静香さん、ベンガルさん、梅沢昌代さんが出演します。

平山浩行さんが演じるのは片岡が支店長を務めている蒲田支店から融資を受けている会社社長の米山貢次。

中村静香さんは米山に翻弄されるホステス近藤友理奈を演じます。

ベンガルさんは片岡の部下、滝川(神木隆之介)の顧客で町工場社長の鶴田育夫。

梅沢昌代さん鶴田育夫の妻役として登場します!

 

スポンサードリンク

ドラマ「集団左遷!」第1話のネタバレ!

支店長が何もがんばらない、支店長がノルマを達成しない、支店長が廃店の決定を待つ?!

昇進人事で蒲田支店を任されることになった片桐洋(福山雅治)。

しかし、常務取締役人事担当の横山輝生(三上博史)からは頑張らないこと、ノルマは達成しないこと、廃店を待つことを仕事内容として言い渡されてしまいます。

同期の梅原尊(尾美としのり)も企業への出向を命じられ「上の命令には逆らえないからなぁ」という話を聞く中で、新支店長として廃行が決まった蒲田支店へ出勤。

そこには何を考えているのかわからない副支店長の真山徹(香川照之)だけが出勤していました。

出勤早々、融資をしていたYCSの横山貢次(平山浩行)が夜逃げしたことがわかり、若い担当行員の平正樹(井之脇悔)が「死にたい」と半泣き状態の電話がかかってきます。

さっそく駆け付ける片桐。

しかし、なかなか横山を見つけることが出来ません。

そんな中で臨店(本部からの会計監査)があると蒲田支店は大騒ぎになります。

同期の梅原から電話があり、近況を話しあう中、この夜逃げを解決して会計をきちんとしないと片桐自身の査定にも響くから何とか回収しないと、と言われ、確かにそうだと気づいた片桐は平とともに平山の行方を追い詰め、なんとか臨店までに解決させます。

鶴田工業をめぐる攻防と行員たち

しかし、臨店最終日に検査部次長の鮫島正義(小手伸也)から会計に合わないところがあると鶴田工業のファイルを指摘されます。

そして鶴田工業を担当していた滝川晃司(神木隆之介)に全額回収を命じます。

しかし、滝川は今、全額回収をすると鶴田工業がつぶれてしまうこと、そして、ケガでたった一度の融資への返済を怠っただけだと説明しますが、鮫島は一切聞く耳をもちません。

必死に鶴田工業を助けようとする滝川の姿に片桐も本部の支店統括部部長宿利雅史(酒向 芳)にも相談してみるからと話します。

副支店長が明かす前支店長が銀行を去った理由

後日、二人で宿利部長に会いにいくものの、厳しい、という返事が返ります。

しかし、鶴田工業が大口の丸山商会との契約がなくなったことでピンチに陥っていることを滝川は説明。

丸山商会との契約が復活したら、融資を継続してもらえるのか、と宿利に迫り契約を復活させます、と動き始めます。

しかし、片桐は宿利からも「頑張らないように」と釘を刺されてしまいます。

片桐が宿利まで事情を知っていることに驚き、帰りにも偶然横山常務とすれ違い何の用で本部に来たのだ、と釘をさされます。

そんな中、副支店長の真山よりノルマを発表してほしいとせがまれ、片桐は意を決してノルマを発表。

会議室に集まった行員は会議資料を見て、愕然とします。

資料には「純増100億」と記載されていた為です。

真山は本部からここへ来るときは何もしないように言われたのではないのか、頑張っていいのか、言われます。

蒲田支店が廃店の方向であること、羽田支店と統合すること、廃店の理由づけのために何もするなと言われてきているのではないか、と迫られます。

廃店になったら行員もリストラされる可能性もあることが明らかになってしまいます。

下手にがんばらずに本部の言うことを聞いていれば、少しでもいい出向先に行けるのではないか、

支店長が本部に戻ったときに自分たちに少しでもいい出向先がまわってくるようにフォローしてほしいと言われてしまいます。

今を諦めるのは未来の為だと思うようにしませんか、と最後に言われてしまいます。

一方、滝川は必死の丸山商会へのアップローチがかないます。

無事に鶴田工業が契約再開できる、と鶴田工業に真っ先に向かいます。

しかし、すでに統合予定の羽田支店が鶴田工業を横取りし、融資を決めていました。

 

横山常務対片岡!もしもノルマを達成したら!!!

横山常務を囲む支店長の食事会の席で鶴田工業の話を滝川から電話で聞かされた片桐。

食事会にきていた宿利にもあんまりだ、と迫る片桐でした。

そして食事会の席がはじまると横山常務の挨拶で、間違って頑張ってしまった人もいるようだと言う片桐。

続けて横山が、今は未来の三友銀行を立て直しているのだと話す内容に片桐がたてつきはじめます

滝川がされた横取りや臨店、何もしらずに働いている行員に失礼ではないか、一人ひとりの行員が三友を支えてきたのでは、と訴えます。

そして、もし、ノルマを達成することが出来たら蒲田支店を廃店にしないでほしいと土下座をします。

何もしないなんてサラリーマンはできない、目の前に仕事があれば取り組んでしまう、と話します。

それに対し、横山は今は頑張って何もしないでほしい、大義のためには小さな犠牲はいたしかたない、と言い放ちます。

そして前の所長も同じことを言い、諦めて去ったと言います。

しかし片桐は自分はあきらめない、仕事最後の日に自分の仕事を振り返ったとき後悔だけはしたくない、と言います。

すると横山は、では好きにしたらいい、ノルマを達成しなければ君の身も保証しないと言い放ちます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「集団左遷!」第1話はつまらない?!みんなの感想は?

福山さんが珍しくこんなくコミカルな感じの役をするんだ、とビックリしながら見始めた「集団左遷」でした。

でも、黒いものも白と言わなくてはいけないような現実がたくさんある組織の中で、どううまく組織の中で立ち回るのか、がこれから片桐の姿を通して見れそうで楽しみです。

リストラを扱っているのだけど、いい意味で深刻になりすぎずにみれる
これからが面白くなりそうで楽しみ
豪華キャストとスタッフが集まっていて、脚本も渾身の力が注がれている感じ
三上さんや尾美さんの演技の安定感がすごい!!!
スポンサードリンク

ドラマ「集団左遷!」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

以上、ドラマ「集団左遷」のネタバレ、あらすじ、感想を紹介しました。

かなり豪華なキャストで構成されているドラマ「集団左遷」だけあって、それぞれの俳優さんのキラリとした個性も光ってる場面が散りばめられていました。

圧倒的に不利である片桐が、あの大きな組織という壁にどう立ち向かってゆくのか、そしてまわりの部下たちも一緒に立ち向かう勇気を持てるのか、難しい選択だなぁと、それぞれの立場にそれぞれの意見がありそうな内容で今後の展開が楽しみです!

 

スポンサードリンク

-集団左遷!!

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.