執事西園寺の名推理2

執事西園寺の名推理あらすじネタバレ感想~帰ってきた!パーフェクトな執事~

投稿日:2019年4月9日 更新日:

この記事ではドラマ「執事西園寺の名推理」のあらすじネタバレ感想について紹介しています。

大人気だったドラマ「執事西園寺の名推理」が金曜の夜に帰ってきました!

パート2の「執事西園寺の名推理2」では、どのような名推理が繰り広げられるのでしょうか?

さっそく紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

ドラマ「執事西園寺の名推理2」第1話のあらすじ&ゲストキャストは?

 

ドラマ「執事西園寺の名推理2」第1話のあらすじ

西園寺一(上川隆也)は資産家の奥様・伊集院百合子(吉行和子)に仕える執事。主人のいかなる望みにも応える仕事ぶりから“パーフェクトな執事”と称される。二人は、天才イリュージョニスト・薫子(プリンセス天功)のショーを観覧することに。だが、瞬間移動を成功させた薫子の背中にはナイフが刺さっていた…?瞬間移動中の殺害トリック、そして“幻の天女”久美子(浅野ゆう子)との過去…百合子の願いを汲み、西園寺が真相を解明する!

「執事西園寺の名推理2」公式サイトより

瞬間移動中の殺人事件。

この難解な殺人事件を執事西園寺はどのように推理し、解き明かしていくのでしょうか?

瞬間移動中の殺人はどのように可能になったのでしょうか?

 

ドラマ「執事西園寺の名推理2」第1話のゲストキャストは?

ドラマ「執事西園寺の名推理2」公式サイトより

今回の第1話のゲストは天才イリュージョニストの朝風薫子役を演じるプリンセス天功さん。

そしてイリュージョニストとしては挫折し、薫子にイリュージョンを教えていた薫子の先輩佐藤久美子役に浅野ゆう子さんという豪華な組み合わせのゲストキャストです。

どんなストーリーになるの今から待ち遠しいですね。

 

スポンサードリンク

ドラマ「執事西園寺の名推理」第1話のネタバレ!瞬間移動中に起きた殺人事件の推理とは?

 

瞬間移動中に起きた殺人事件!執事西園寺の名推理は?

インドネシアに向かう船の中西園寺が仕える伊集院百合子がかつて出会い、親交を深めたイリュージョニストの朝風薫子

百合子夫人は薫子の最初のステージを見た観客でもあったのです。

日本で「羽衣伝説」の公演が決まり、西園寺と百合子夫人は会場へ向かいます

久しぶりの再会を喜ぶ百合子夫人と薫子

その後、さっそく公演が始まります。

しかし、イリュージョンの公演中、瞬間移動ののち舞台上の箱の上にたった薫子はそのまま倒れて床に落ちてしまいます。

悲鳴が上がる観客席。

薫子の背中には一本のナイフが刺さっていました。

まもなく薫子が亡くなり、百合子夫人は「薫子は情が深く、仲間を大切にする人だった。本当のことが知りたい」と涙します。

執事西園寺は百合子夫人の願いを受け止め、何がおきたのかを探りに関係者の元へ向かいます。

さっそく公演の出演者たちが集められ事情聴取がはじまります。

とくに薫子の姿がよく見える場にいたメンバーに詳しく話を聞きますが、公演中はそれぞれに役割があり動くことが不可能であることがわかります。

 

幻の天女、佐藤久美子の登場~朝風薫子との関係とは~

 

そこで、西園寺が公演中に薫子が倒れる直前に席を立った一人の女性客がいたことを丸山刑事に伝えます

間もなく女性が刑事のもとに連れてこられると、薫子の古い仲間である吉崎と金田は女性を見て驚きます

25年前に突然、このイリュージョンの公演の世界を引退した佐藤久美子だったためです。

朝風薫はこの佐藤久美子が演じるはずだった「羽衣伝説」の代役としてデビューし、一躍有名になり今の立ち場になったイリュージョニストだったのです。

百合子夫人は二人をよく知っていて、佐藤久美子が舞台に立てなかったのは久美子が舞台で使うはずの羽衣が見つからなくなってしまった為だと話します。

確か二人が映っているビデオがあるはずだといい、メイドの板倉に家からビデオを持ってきてほしいと伝えます。

そのころ、丸山刑事は事件現場で検証をはじめました。

西園寺に箱に血痕

丸山刑事はマジックで利用するボックスを調べているうちにボックスの中に閉じ込められてしまいます

そのころ、西園寺は薫子が厳しく接していた若手の女性団員の絹代に同じ団員の夏美が舞台に立つことになり悔しくなかったか、と尋ねます。

すると絹代は悔しかったと正直に西園寺に話します。

西園寺はなぜ、久美子がイリュージョン団員を辞めたのかを不思議に思います。

そこで、ずっと一緒にイリュージョンを作り上げてきた金田と吉崎、薫子で活動していた頃、本番直前の打ち合わせで箱に入れていたはずの羽衣が見当たらなくなり、久美子がパニックになり、舞台に立てないことになってしまったことを聞きます。

そして、そんな場面でも薫子は落ち着いて自分が代役を務めると言い、ショーをやり遂げたと話をします

そんな話の場に刑事に連れられてきた久美子。

久美子はチャンスをつかむために羽衣を隠したに違いないと話し、すべて裏切られたと思い、イリュージョン公演の世界から身を引いた、という話をするのです。

また、同時に絹代は久美子の娘であることも判明

薫子も最初は知らなかったものの、その後、偶然に絹代と久美子が親子であることを知り、絹代に対して非常に厳しい指導が入るようになった、ということが絹代の話から明らかになります。

絹代、久美子、と薫子とうまくいかなかった様子がうかがわれます。

そんな中、ビデオをもったメイドの板倉がマジックを使う何者かに襲われ、助けに入った澤田は階段から突き落とされてしまい病院に運ばれます。

命には別条ないということで、ほっとする百合子夫人、板倉、西園寺でした。

そしてビデオを見る西園寺は何かに気づくのです。

 

夏美が知っていた過去の秘密と夏美の出演

西園寺が団員に話を聞く中で、金田は何もかもが薫子が頂点で何も自由にはいかない、という話をします。

そのなかで夏美が25年前の羽衣紛失事件の真相を知っていることが明らかになります。

夏美はイリュージョニストとして舞台に立つことよりも、吉崎のように様々なマジックやイリュージョンを企画する立場でありたいことを話します。

夏美はかつて偶然、吉崎と薫子がもめている場面に偶然立ち会ったことを話し出します。

そして、実は吉崎が羽衣を隠したことを薫子が聞き、薫子が逆上していたやり取りを聞いていたのです。

吉崎は吉崎で、俺のおかげで薫子はスーパースターになれたのだと言い放ちます。

あんな場面をあえてつくらなければ、ずっと久美子が君臨していたはずだ、と話すのです。

もう吉崎とは仕事ができない、久美子があっての今の自分があるのに、と吉崎に怒りをぶつけていたことが明らかになります。

結局、その秘密を夏美は偶然見かけたことで、薫子をゆするために利用

今回の公演の娘役の抜擢もその秘密で薫子をゆすったものでした。

また、夏美の意見が吉崎の意見よりも優先されていたことが明らかになります。

 

もう一度事件現場の舞台そでを確認する西園寺

西園寺は再度、事故現場となった舞台そでに確認に行きます。

すると箱に閉じ込められていた丸山刑事が箱から飛び出してきます

そこで箱の仕掛けに気づきます。

箱には仕掛けがあり、外からは移動している姿が見えないように鏡の壁が出来てきて、薫子は隣の離れた箱へ移動できることが分かりました。

その壁には血痕が残されています。

すると吉崎が仕事をする指令を出す部屋のアクリル板にPCの画面が映っているものが見えます。

西園寺はこの殺人事件のからくりがわかり、久美子、金田、吉崎、夏美、絹代に説明を始めます。

まず、25年前の羽衣事件は羽衣はすでに箱になかったと久美子に説明

羽衣と似た小さな布を箱に挟み、あたかも羽衣が入っていたかのように見せかけること。

それをさっと引っ張れば布は抜け、何もなくなること。

それを吉崎が仕組んでいたことが明らかになりました。

久美子が金田、吉崎、薫子の三人でずっと力を合わせて今の地位を築いてきたはずなのに、と伝えると吉崎は薫子はトップに君臨するだけで、自分の意見を聞き入れなくなったと話すのです。

それは夏美にゆすられていた為だ、ということを知りませんでした。

結局、PCに自分の画像を録画し、メンバーに指示を出す音声は録音し、あたかも指令を出す防音ブースにいるかのように装い殺人を決行していたのでした。

薫子は瞬間移動する前の箱で吉崎にナイフで刺されていたのです。

しかし、西園寺にはひとつだけ解けない謎がありました。

それはなぜ、自分の足で瞬間移動をする箱まで行き、箱の上に見事に登場しなくてはいけなかったのか、ということでした。

 

受け継がれた意思~何があっても魔法は止めちゃいけない~

<

/p>

薫子はずっと久美子にマジックの厳しい訓練を受けていました。

その中で、ずっと教えられていたことは「一度、お客様の前に出たら、何があっても魔法を止めちゃいけない」ということを繰り返し厳しく伝えていたのです。

薫子は刺されたのちも、その精神を大切に思い、瞬間移動を成し遂げたのちに箱の上から舞台に落ちていたのです。

それを知った久美子は誤解したままで悪かったと涙します。

そして絹代も薫子が自分に厳しくしていた理由を理解しはじめます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「執事西園寺の名推理2」第1話みんなの感想は?

返ってきた執事西園寺の名推理の第1話。

薫子をめぐる様々な思いが交錯する中で、だんだん真相がわかり面白い展開でした。

最後の少しジーンとくる結末も良かったです。

犯人との格闘シーンの上川さんの所作がきれいで最高!
また上川さんの最高の声音を聴けてうれしい!

 

スポンサードリンク

ドラマ「執事西園寺の名推理2」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

以上、執事西園寺の名推理2の第1話のネタバレあらすじ感想を紹介しました。

ベテラン俳優さんたちが勢ぞろいでとても楽しめたドラマ「執事西園寺の名推理2」でした。

前シリーズで百合子夫人役だった八千草薫さんの闘病のための降板を残念に思いながらも、闘病を応援するメッセージも感想と共に多く寄せられていたのも印象的でした。

次回のドラマ「執事西園寺の名推理2」も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

-執事西園寺の名推理2

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.