ラジエーションハウス

ラジハ(ドラマ)1話ネタバレあらすじ感想!窪田正孝主演の平成最後の月9がスタート!

更新日:

この記事では4月8日スタートの新ドラマ「ラジエーションハウス」第1話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けします。

平成最後の月9!主演を窪田正孝さん、ヒロインを本田翼さんが務める放射線科が舞台の医療ドラマが開幕します!

見た目では分からない体の内部、それを撮るのが放射線技師、そこから読み取った真実とは・・・!?

原作は大ヒットコミックスです!脚本はグッドドクターも担当されていた大北はるかさんです。

では早速新ドラマ「ラジエーションハウス」第1話のネタバレ・あらすじ・感想を見ていきましょう。

 

ラジエーションハウス第1話の見逃し動画はこちらでチェック★

【ラジエーションハウス1話の見逃し動画無料視聴する<4つの方法>徹底比較!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」第1話のあらすじは?

ドラマ「ラジハ」第1話のあらすじ

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。
22年前、杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。そのとき杏は、病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。

初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。その途中、バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送するよう指示する。
天野は甘春総合病院に搬送された。受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)だ。だが、天野は自力で立てるほど元気で……。

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。

唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。

そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。実は菊島は世界的な写真家だった。小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行った。しかし、画像の左上が黒く抜けて欠損していて……。

 

「ラジエーションハウス」公式サイトより

医療ドラマと言ったら医龍やコードブルーのような外科、グッドドクターやコウノドリのような小児科産科などヒューマン系や派手な手術が取り上げられがちですが、ラジハは初の放射線科!

見た目では分からない病気をCTやレントゲンを使って導きだします。

一体どんな真実が見えてくるのでしょうか?

初回は30分拡大です!

 

ラジエーションハウス第1話の見逃し動画はこちらでチェック★

【ラジエーションハウス1話の見逃し動画無料視聴する<4つの方法>徹底比較!】

スポンサードリンク

ドラマ「ラジハ」第1話のネタバレ!

1997年、当時一世を風靡したインスタントカメラ、1枚残っているカメラを手にした少年、他の少年たちにからかわれるもそれを救ってくれた少女がいました。

「大切なものくらい自分で守りなさい」

少年は残った1枚にその少女の後ろ姿を写したのでした。

 

目には見えない星

古い写真を手に、夜の河原で何かをイメトレしている青年、その後ろから声をかけてくる年配男性がいました。

「いい写真だね」

「実は写真のその子に明日、22年と128日ぶりに会うんです。」と青年、年配男性は「独身だといいね」と笑いかけるのでした。

その年配男性がとっていたのは星の写真でした。目には見えない星も映し出されるカメラ、青年は肉眼では見えない星について聞きます。

そう、彼は目の前にある星空とカメラの中の星空の小さな違いが見えたのでした。

頭痛を訴える年配男性に受診するように促します。

「僕、どこに行ったてクビになってしまうんです。どうして僕には見えないんでしょう、人の気持ちが」

「でも次は、次だけは絶対に失敗したくないんです!」

そして病院に行くように念を押し慌ただしく去って行くのでした。

 

五十嵐唯織

「杏ちゃん、久しぶり・・・」とバス内でイメトレを繰り返す青年、そう、彼がこのドラマの主人公、五十嵐唯織です。

そのバスには唯織と同じく放射線技師である広瀬裕乃も乗り合わせていました。

すると突然バスは信号で急停止、青になっても進まない運転手に乗客が声をかけます。

するとすかさず「大丈夫ですか?」と唯織が話しかけます。

「昨日も同じようなことが?どなたか救急車お願いします」と救急車を呼ぶのでした。

しかし、病院に着いた運転手は全く持って元気で自分の足で歩けるほどでした。

唯織は救急隊に「TIAを繰り返していて脳梗塞に移行する恐れがあるので血管造影ができる病院に搬送するように」と話していたのでした。

 

ラジエーションハウス

「おはようございます」と次々に集まるのは放射線技師の面々、小野寺技師長・軒下吾郎・黒羽たまき・威能圭、そして悠木倫。

皆が集うのは甘春総合病院の放射線科、通称ラジエーションハウスです。

そしてそこに新人技師が2人、1人は唯織とともにバスに乗り合わせた専門学校を卒業したばかりの新人放射線技師広瀬裕乃、もう1人は五十嵐唯織、彼は院長の隠し子と噂になっているようでした。

そこに運ばれてくるのは急患、先ほどのバスの運転手でした。

始業前の急患、しかも彼は元気な様子・・・不満を口にする黒羽と軒下でしたが、小野寺は「お医者様の言うことは絶対、これ技師の鉄則。どうせ俺たちは読影と診断はできないんだから黙って写真を撮るのが仕事」と話します。

そこに来るのは裕乃でした。唯織はバスの一件で遅刻・・・

 

唯織と杏の過去、そして・・・感動の再会!?

「私、お医者さんになるんだ。パパみたいになんでも見つけられるお医者さん!」

「僕もなる!」と少年、しかし、

「ダメ!病気を見つけるにはね、カメラマンがいるんだって。だから唯織はね、世界一のカメラマンになって私の手伝いをするの!」と少女。

「私のこと、忘れないでね」と電車のドア越しに言う少女、「唯織ー!」「杏ちゃん!」とお互いの名前を呼び合いますが、発車し離れ離れになります。

甘春総合病院のに着く唯織、ついに思い出の少女、杏ちゃんと再会を果たすのでした!

感動の再会・・・と唯織は期待に胸を膨らませますが・・・

杏ちゃんこと甘春杏は素通り。

全く覚えていないのでした。

「待ってください、五十嵐唯織です」と話しかける唯織、しかし、「どなたですか?」と記憶には残っていないのです。

足早に行こうとする杏を追いかけ派手に転び杏に抱きついてしまう唯織でした。

思いっきり平手打ち、「警察呼びますよ!」

 

放射線科医と放射線技師

新人技師の裕乃が挨拶しますが、そこに五十嵐唯織の姿もありました。

しかし唯織は案に忘れられていたことがショックすぎて話を全く聞いていませんでした。

そこに現れる診療部長兼・放射線科長の鏑木安富が挨拶に来ます。

お偉い人ですがこれまた唯織は全く話を聞いていません・・・しかし杏が現れるとシャキッと背筋を正すのでした。

さらっと名乗るだけの挨拶を終え帰ろうとしますがそこにまた唯織が転び突っ込みます・・・そして杏のお尻をがっちり掴んでしまうのでした。

今度は平手打ちではなくグーパン、唯織、ノックアウトです。

その後、急患として運ばれて来るのは唯織が河原で出会った年配男性でした。

 

放射線技師を見下す杏

院長の大森渚に何故唯織を雇ったのかとものすごい剣幕で聞きに行く杏に、大森はアメリカの放射線科医の権威ピレス教授の話をします。

そのピレス教授が画像を見せて所見を求めたところ、誰一人答えられない中、答えて「実に惜しい」と言われた男がいたのです。

それが五十嵐唯織でした。

杏は医師免許も持たない技師がそんな場にいるはずないありえない!と頭から否定し、院長室を後にします。

そして運ばれて来る急患、急ぎ頭のCTを撮ります。

裕乃は「やらせてください」と志願、早く一人前になりたいのです。

 

脳が溶けてる!?

小野寺と裕乃でCTの準備をします。

緊張が伝わったのか、菊島に「リラックスするのは君の方じゃない?いい写真頼みますよ」と言われてしまいます。

映し出されるのは脳の断面図、左上が光ってしまった写真でした。

次はMRI、しかしそこに映し出されたのは左上が真っ黒の画像でした・・・

「脳が溶けてる!?」裕乃は驚くのでした。

患者は菊島亨、世界的に有名な写真家でした。鏑木は病院の、強いては自分の名を売るチャンスと思いほくそ笑みます。

脳が溶けているように真っ黒に映るのは、“金属アーチファクト”の影響でした。菊島は昔の渡航先で歯の治療の際粗悪な銀歯を入れられていたのでした。

さらに昔、脳動脈瘤を治療しており頭の中に金属製の脳動脈瘤クリップが入っていたのです・・・

病変があるとしたら真っ黒に見えている部分です。

 

未完成の写真集

「血管造影検査をしたらもう少しマシな画像が撮れるのでは?」と話す悠木ですが、菊島には造影剤アレルギーがあるのでした。

重篤な副作用が起きたり、場合によっては死に至るアレルギーです。

世界的に有名な写真家とあって鏑木は頭を悩ませますが、杏は「とにかくこのままではこちらは診断ができません。なんとかしてください。それが皆さんの仕事ですから」と技師の面々に迫ります。

唯織は会話に加わることなくずっとブツブツと頭を悩ませているようでした。

しかし会話の“見た目”と言う言葉に反応した唯織、杏に向かって「僕は昔太っていました」と言うカミングアウトをします。

そうすれば思い出してくれると思ったのでしょうが、特に無反応でした。

病院に菊島の入院手続きをしにやって来るのは娘でした。たまたま居合わせた裕乃は菊島の部屋に案内しようとしますが、「結構です」と断られてしまうのでした。

菊島の病室では伊織と菊島が話していました。

星の写真集、ボリビアのウユニ塩湖で撮った写真を見せてもらったのです。

「大切なものは目に見えない」サン・テグジュペリの星の王子様の一節です。菊島は学生の頃から星の写真を撮り続けていたのでした。

「見えないのは見ようとしないからだ見ようと写そうと努力すれば写すことができる」と信じてやってきたのでした。

写真集の最初のページは菊島が妻と撮った写真でした。満天の星空のウユニ塩湖で2人並んで撮ったものでした。

一方娘は菊島には合わないつもりと裕乃に話していました。母親が倒れ亡くなった際にも星を追いかけ携帯すら繋がらない場所にいたのです。

菊島が帰ってきたのは葬儀も何もかも終わった後・・・それ以来娘は菊島と絶縁していたのです。

菊島は妻の命日に写真集を出す予定だったのだがまだ未完成だと話します、ページがまだ完成していないのです。

そう、娘の写真・・・もう完成することはないと話します。

「僕にあなたの写真を撮らせてください」唯織は菊島に言うのでした。

 

お手上げ状態の軒下・・・

頭の先から足の先までの写真をとる放射線技師は大忙しでした。

次から次へと患者は来ます、しかし菊島の写真に軒下は頭を悩ませているのでした。

横からじーっと覗く唯織、軒下は気が散るようでした。

他の患者が造影剤で撮影しているのを見て裕乃は「菊島さんにも使えたらよかったのに」と呟くのでした。

タイミングを見計らって唯織は杏に「菊島さんの検査をもう一度僕にやらせていただけないでしょうか」と話しますが、「軒下さんにお願いしたはずです、技師の方は医師の指示に従ってマニュアル通り検査だけ行っていってください」と冷たくあしらわれるのでした。

「必ず見える方法があるはずなんです!やらせていただけないでしょうか」と食い下がりますが、拒否されます。

そこに来るのは大森院長、唯織は院長に話しかけるのでした。

全くもってお手上げ状態の軒下、しかし他の技師の手いっぱいでした。

菊島の病室に入る裕乃、その手にはピンクのお守りがありました。

「娘がくれた大切なお守りなんだ」と話す菊島に複雑な表情を浮かべる裕乃でした。

 

ひらめく唯織!

大森の部屋で何かの書類を受け取る唯織、大森が張っている湿布を見て何かを思いつくのでした。

小野寺に頭部CTをもう一度撮ろうと思いますと話す唯織、しかし菊島は転院が決まっていました

鏑木が裏で根回しをしたのでした。

菊島が原因不明で手遅れになったら病院の評判が地に落ちることを心配していたのでした。

医者の決定は絶対・・・医師免許を持たない技師は指示に従うしかできないのです。

「菊島さんの頭の中に何かあるかもしれません」

「僕、助けたいんです」

と唯織は真剣な眼差しで話すのでした。

 

菊島の急変

急変する菊島、ウェディングドレスを試着中の娘・由美に急な連絡が入ります。

昏睡状態の菊島、以前の脳動脈瘤が破裂したかもしれないと医師たちは話し合っていますが、肝心の頭部CTが見られないのです。

転院が決まっている菊島をほとんどの医師が早く転院させたいと話しますが、それに異を唱えるのは杏でした。

医師が決めたことなので何もできない技師たち、しかし裕乃にMRIの方に行ってこいといいつけます。

そこには唯織がいました。

菊島を転院させることで決まった医師たちが部屋を出ようとしますが杏は菊島に造影剤を使った血管造影検査をすると話します。

アレルギーの件がありますが、転院先の病院まで1時間以上、その間に脳動脈瘤が破裂したら命を落とす、「菊島さんを助けたい」と力説します。

何かあったら全ては甘春先生の責任ですと他の医師たちは話します。

杏は技師たちに血管造影検査を行うと伝えます。驚く面々ですが、医師の決定は絶対です。

鏑木から指名された軒下は菊島の造影剤アレルギーの副作用を考えてしまい完全に弱腰です。

「あなたに責任は問いません」という杏、早速検査の準備に取り掛かります。

 

唯織、クビを言い渡される

鏑木がMRIの方へ行こうと歩き始めると黒羽がぎっくり腰、それを解放しようとする小野寺・・・

そして検査の前にハーブティをと勧める悠木と威能。

鏑木を遠ざけたいようでした。

「菊島氏をどこへやった?病室にいないんだけど」と飛び込んで来る医師、そう、唯織がこっそりMRI検査をしているのでした。

キーボードを叩き、急ぎ写真を撮る唯織、しかし鏑木に見つかってしまいます。

「その手を止めろ、医者の言うことが聞けないのか、クビにするぞ!」とものすごい剣幕の鏑木、そして「もういい、君はクビだ!」と首を言い渡され、菊島を運ぶよう指示します。

 

少しずつ見えてくる画像

始まる血管造影検査、もう見守るしかありません。

そして技師の視線は唯織へ・・・

なんとか検査開始時間を引き伸ばそうとゆっくり動作する軒下。

検査の準備が刻一刻と進む中、唯織はパソコンに向かい懸命にキーボードを叩きます。

MRIの説明をする唯織、「でも湿布と同じだったんです。裏面のシートはすぐ捨てるじゃないですか?MRIにもあるんです」と位相画像の存在に気づいたのです。

簡単に言うと、位相画像はMRIを撮る時にできる副産物です。

普段は目に見えない画像だが、逆算して掛け合わせると・・・と少しずつ少しずつ見えていなかった部分が露わになっていくのでした。

検査場にいる軒下になんとか引きのばせとジェスチャーで訴える小野寺、軒下はわざと造影剤を落とします。

技師の面々は唯織の作業を食い入るように見つめるのでした。

 

迫るタイムリミット!

とうとう開始される検査、まずはカテーテルを通します。

その間も唯織は手を休めません。

刻一刻と迫る造影剤を投入するまでの時間・・・

もう伊織を見守る他ありません。

そして・・・

「軒下さん、造影剤の投与お願いします」と杏。

と同時に、

「見えた」と唯織。

そして裕乃に菊島の写真集を持って来るようにお願いします。

そこにははっきりと頭痛の原因が映し出されていたのでした!

造影剤を投与する直前、「待ってください」と唯織。

「頭痛の原因に脳動脈瘤の破裂は関係ありません、原因なら他に見つかりました」と話します。

原因は、「ウェステルマン肺吸虫」、寄生虫です。

唯織が導き出したMRIの画像にははっきりを映っていました。

菊島は毎年ボリビアに通い、そこで生のカニを食べ感染、肺ではなく脳に寄生し頭痛や嘔吐を引き起こしていたのでした。

小野寺は「マニュアル通りに撮るだけじゃ作れない画像だ」と杏に話します。

技師たちはそれを見届けると終業時間だとさっさと帰り支度を始めるのでした。

ホッとした笑顔を見せる唯織ですが、杏は硬い表情のままでした。

 

写真集、未完成のページ

「もう大丈夫」と由美に話す医師、薬の投与のみで回復すると知らせるのでした。

帰ろうとする由美の元に駆け寄るのは裕乃と唯織でした。

唯織は菊島の未完成の写真集を見せます。

未完成のページ、それはウユニ塩湖の綺麗な星空、しかしピントは目に見えない被写体に合っているのでした。

両親の写真を見た由美、そして唯織は続けます。

「昔あなたが生まれた時に奥様と約束されたそうです。いつかあなたが大きくなって大切な誰かを見つけた時は必ずここで写真を撮ってあげると。」

それ以来いつも由美のことを思い浮かべてシャッターを切っていたのです。

 

菊島、退院の日。

そして菊島の退院の日がやってきます。

「藤堂先生たちにさ、頭痛の本当の原因を見つけてもらってさぁ」と医師を褒める菊島

その話を聞く裕乃に「いい写真撮るんだよ」と言い残し帰っていくのでした。

報道陣に囲まれる菊島でしたが、その合間を縫って唯織が現れます。

「退院おめでとうございます。どうか、お大事に」とだけ伝え去る唯織、その報道陣の後ろには由美の姿がありました

驚きとともに笑顔を浮かべる菊島、照れつつも娘の元へ近づくのでした。

 

バスの運転手・・・

「本当にありがとうございました」

医師にお礼を言うのはバスの運転手です!

そう、あの時唯織に救急車を呼ぶよう言われた運転手、脳梗塞に移行する前に検査ができて、なんと今は入院中だったのです。

そこを通り過ぎる唯織を見つめる裕乃の驚きと尊敬の眼差し・・・

患者は医師の手を握り感謝を伝えます。

放射線技師は決して治療の表舞台に立つことはない職業、新聞を見つめるとそこには菊島を救った医師として鏑木の名前が載っていたのでした。

「技師なんて所詮医師の黒子ですよ、黒子」と悠木、そして席につきいつも通り仕事を始めるのでした。

満面の笑みで院長室にやってきた鏑木、大森から保留にしていた唯織のクビの件を尋ねられます。

「彼の画像も一役買ったことだし、今回は大目にみると言うことでよろしいですね?」クビを免れたようでした。

 

完成した写真集・・・そして。

菊島の写真集を見つめる唯織、表紙は由美と夫です。

そこには手紙が挟まれていました。

「おかげで完成したよ、同じ写真家といっても、君は言うなれば目には見えない身体の中を写し出す“病の写真家”といったところだろうか。」

微笑む唯織の前には大森が現れ、クビにならずに済んだことを伝えます。

「やっぱりここはあなたには少し窮屈かもね」と意味深な発言をする大森。

「今でも不思議なのよ、ミスターイガラシ」と大森。

ピレス教授の質問に答えた時教授は「Collect!Excellent」と賞賛するのでした。

「実に惜しい」と言うのは「close(近い)」ではなく「regrettable(残念)」という意味だったのです。

教授は唯織を自分の元に置いておきたかったのです。

そして大森は続けます。

「そろそろ教えてくれてもいいんじゃない?

れっきとした医師免許を持ち、ピレス教授ほどの権威にそこまで言わしめたあなたが、どうして技師の道を選んだのか。

そのタブレットには世界中から読影依頼が届いているんでしょ?」

と。

「約束したんです。そう思ってるのは僕だけかもしれないけど・・・」と思い出すのは杏との約束でした。

そして唯織は急ぎ仕事に向かうのでした。

職場に着くと前から案が歩いてきていました。

今度こそ話さないと!と慌てる唯織、「おは、おは・・・おはようございます」とどもりつつも挨拶をすると、「おはよう」と返してくれるのでした。

 

なぜ人は写真を撮るのだろうか。

誰かが言っていた、写真には2つの力が秘められていると。

1つはかけがえのない思い出を永遠のものにする力

そしてもう1つ・・・

ここに写真を武器に命を救おうとする者たちがいる。

彼らは知っている。

写真に秘められたもう1つの力の意味を

それは・・・

真実を映し出す力だと。

 

ラジエーションハウス第1話の見逃し動画はこちらでチェック★

【ラジエーションハウス1話の見逃し動画無料視聴する<4つの方法>徹底比較!】

スポンサードリンク

ドラマ「ラジハ」第1話みんなの感想は?

初回は放射線科医や放射線技師の違い、またラジエーションハウスとはどういう場所なのかを、星空を追いかける写真家と、身体の中の写真家との対比を描きつつわかりやすく紹介する回となりました。

カメラワークやオープニングに大人気ドラマ「HERO」を思い出す人が多数いたのではないかと思いました!

今後の展開、唯織と杏の関係性にワクワクしますね。

また裕乃の成長、その他の個性的な技師の活躍も楽しみです。

ではSNSに寄せられた「ラジハ」第1話の感想を見てみましょう。

カメレオンを通り越し、もはや役が乗り移ったような憑依型俳優の窪田正孝さんの演技に絶賛の声が多かったです

放射線科という舞台のチョイスがいいですね

クスリと笑える瞬間があるのは大事ですね!小休止!

ナレーションが八嶋さんなんです!ますますHERO感!笑

演出を褒める声も多数、最後まで観たい!待ちきれない!という声も多くみられました。

視聴率も2桁の大台、最後まで観たいドラマになりましたね!

個人的にはハマケンさんとエンケンさんのシーンがすごく好きでした。

 

スポンサードリンク

ドラマ「ラジエーションハウス」第1話の見逃し動画を見る方法!

↑画像クリックでFOD公式HPへ↑

ドラマ「ラジエーションハウス」を無料視聴する方法は全部で4つほどありますが、一番のオススメはFODプレミアムで視聴する方法です!

 

FODなら話題のドラマが月額888円で対象番組が見放題なうえ、初回登録の場合1ヶ月完全無料でラジエーションハウスがみれちゃいます!

↓画像クリックでFOD公式HPへ↓

他にも話題の作品がたくさん!

FODの簡単登録は
↓こちらをクリック↓

 

ドラマ「ラジハ」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

この記事ではドラマ「ラジエーションハウス」第1話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けしました。

個性的なメンバーが揃い、化学反応が起こっていく・・・そんなドラマですね。

バラバラに見えるメンツが1つになる瞬間ほど盛り上がりますね!

窪田正孝さんの演技力も光るドラマ「ラジハ」いかがだったでしょうか。

次週も非常に楽しみですね!

 

 

 

スポンサードリンク

-ラジエーションハウス

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.