パーフェクトワールド

パーフェクトワールド8話ネタバレあらすじ感想!被災から二人が見つけたもの

投稿日:

この記事ではドラマ「パーフェクトワールド」第8話のネタバレあらすじ感想について紹介しています。

第7話のラストで起きた大きな地震。

樹は建設中の家の中で資材の下敷きになってしまいました。

いったい樹はどうなるのか?さっそく紹介したいと思います。

 

「パーフェクトワールド」の見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話あらすじ

 

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話あらすじ

建設工事の安全を願う地鎮祭当日、つぐみは元久(松重豊)に、樹と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするが、次の瞬間、強い揺れに襲われ、大きな地震が起きる。

幸い、つぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するため、同じく松本にいた樹とは連絡がつかない。

心配になったつぐみは、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず、家を飛び出す。

一方、東京で地震のニュースを知った洋貴は、つぐみから樹と連絡が取れないと聞き、葵と合流して松本へ向かうことに。葵の話によると、樹にとって何より心配なのは、排せつができないことによる尿毒症だという。

最悪の場合、死にいたることもあると聞き、ますます不安が募るつぐみだが…?

物語はついに佳境へ!!岐路に立たされ、激動する、それぞれの運命の行方はー?

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話ネタバレ!被災から二人が見つけたもの

命の危機が迫る樹

突然の地震に驚くつぐみ

しかし、すぐに一人でいる樹のことが心配になり、携帯で連絡を取りますが全くつながりません。

車いすで動けない樹のことが心配で、両親の反対も押し切って家を飛び出したつぐみ。

樹の実家に行くものの、人の気配もなく不在の様子。

一方、東京にいる洋貴も地震のニュースを聞き、すぐにつぐみに連絡。

つぐみから樹と連絡が取れないので探しにいくと聞かされます。

洋貴も長沢と一緒に長野へ向かいます。

高木からも電話連絡があり、地鎮祭を延期しようと電話しても繋がらない、建設予定地に向かっているのでは?と言われ現地に向かうつぐみ。

会社へ行くと、震源地のモデルルームに樹が行っていると聞き、すぐに向かいます

モデルルームへ向かう途中、尿毒症になっていたら命の危機があると長沢から電話連絡で聞かされます

一方、資材の下敷きになり動けない樹は意識がもうろうとする中、つぐみの笑顔ばかりが思い出され、必死に資材をよけ逃げようとしますが、資材はびくともしません。

ようやくモデルルームの現場にたどり着いたつぐみ。

すぐに樹を見つけ、資材をよけ、樹を助けカテーテルの処置も行い樹は命を取り留めます。

つぐみは、一人で山の中に来る危険なことをするなんてと激怒。

涙ながらに、もしものことがあったら、と言葉につまります。

そんなつぐみを抱きしめてしまう樹。

しかし、つぐみはそっと樹の身体を離します。

繰り返し謝罪したのち、感謝の言葉を伝える樹でした。

 

避難所で一夜を過ごすふたり

土砂崩れのため、帰宅することもできず避難所へ行った二人

担当の係の人の厚意で車でゆっくり横になって過ごすよう、居場所を提供してもらえます。

あらためてなぜ、一人でモデルルームへ行ったのかをつぐみが樹に尋ねると、洋貴にしたらイヤだろうし、つぐみを引きずり回して迷惑をかけるのも、と話します。

つぐみは樹はなんでも一人で出来ると思いすぎ、そういうのは気配りでもなんでもない、人には人に助けてもらわなきゃいけないこともあって当然だ、と言われてしまします。

平謝りの樹。

二人で子犬のチャコがいなくなった時のことを思いだして笑います。

そして長沢がくるまでは一人に出来ないと、樹のそばにいるつぐみ。

車の中でトランプをして無邪気に笑いあう二人でした。

そして樹は資材の下敷きになり、もうろうとした意識の中でつぐみの笑顔が思い出され、生きたいと思ったと話します。

そして人生はいつ何が起こるか分からない、いつもと同じ毎日がまた続くなんてことはない、とわかったつもりだったけど、わかっていなかった、と話します。

つぐみも涙を流しながら「わたしも」と答えます。

そして「川奈の笑顔がまた見れてよかった」と話す樹。

その言葉を聞き、つぐみはさらに涙があふれだします。

手を伸ばし、つぐみの手を握りしめたい樹。

しかし、ぐっとこらえ愛しいつぐみの横顔を見つめるだけでした。

朝方、つぐみは必死に樹の寝顔をスケッチします。

 

最後の地鎮祭・被災から樹とつぐみが見つけたものとは?

被災し、長野から帰ってから自分の意見をはっきり伝えるようになった樹

松本の高木の件は自分から同僚の沢田に任せたい、とミーティングの場で提案します。

樹は上司の渡辺に、はっきり物事を言うようになったな、と褒められます。

樹は10年前の事故では、もう生きていたくない、と思ったけど松本で地震にあい、生きたいという強い思いが自分にあるとわかり、いろいろふっきれたと話します。

自分にとって大事なものがわかるようになった、と話す樹。

そして、高木の家の地鎮祭を最後に沢田に仕事を引き継ぐことも、つぐみに伝えます。

こうして二人が最後に会うことになる地鎮祭を迎えました。

地鎮祭がおわると、樹は沢田の車にのりこみ、別れる二人

つぐみはその後、高木夫妻のパーティーに参加します。

すると高木は挨拶で「僕とかえでは自分たちの夢の家を建てようとしています」と話し出します。

その家は自分の店をもちたいという夢とかえでの家を建てたいという夢を同時に叶える理想の家であること、

地震の後、明日、もし地球がおわるとしても僕たちはなんの後悔もないね、

この先何がおきようと、どんなことが起きようと受け入れられる自信があるそう思えるくらい、この人生に後悔はありません、

と話します。

するとつぐみは突然、「私は行かなきゃ」と言い、一緒の席にいた美姫に「今度こそ後悔しないで」と言われます。

つぐみが外に飛び出すとそこには樹がいました。

そしてつぐみに「川奈、俺には後悔がある、後悔があるんだ」と話します。

 

パーフェクトワールドのネタバレ一覧♪

  • 1話→樹とつぐみの出会いと再会は?
  • 2話→つぐみの想いは届く?樹とつぐみのその後
  • 3話→立ちはだかるいくつもの壁
  • 4話→好きだから行き違う想いの行方
  • 5話→樹とつぐみの前に立ちはだかる壁
  • 6話→別れの向こう側にあるものとは
  • 7話→仕事をとおしての出会いと再会
  • 8話→被災から二人が見つけたもの
  • 9話→二人がおもいを貫くとき

 

「パーフェクトワールド」の見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話みんなの感想は?

高木夫妻がすごくいい!

 

様々な声が寄せられていた第8話でした。

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第8話ネタバレあらすじ感想・まとめ!

以上、ドラマ「パーフェクトワールド」第8話ネタバレ、あらすじ感想を紹介しました。

いよいよ物語もクライマックスに近づきつつあります。

被災したことで、たった一度の人生を生き、かけがえないものが何か、に気づいたつぐみと樹。

みずからの思いにも正直に生き始めました。

一方、つぐみの父や洋貴、長沢はどう関わってくるのでしょうか。

来週も見逃せません。

スポンサードリンク

-パーフェクトワールド

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.