パーフェクトワールド

パーフェクトワールド7話ネタバレあらすじ感想!仕事をとおしての出会いと再会

投稿日:2019年6月8日 更新日:

この記事ではドラマ「パーフェクトワールド」第7話のネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

お互い思いはあるものの、思えばお思うほどお互いを苦しめる結果となり、どうすることもできず別れを選んだ樹とつぐみ

それぞれの生活がはじまり、仕事に力を注ぎます。

そんな中、つぐみが偶然出会った難病を抱える妻、楓と必死に夢をかなえようとする高木圭吾夫妻に出会います。

さっそく第7話のネタバレ、あらすじ、感想を紹介したいと思います。

 

「パーフェクトワールド」の再放送や見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話あらすじ

 

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話あらすじ

松本に戻って3カ月、つぐみ(山本美月)はインテリアコーディネーターとして働きながら、実家で穏やかに暮らし、父・元久(松重豊)も少しずつ元気を取り戻していた。

そんなある日、洋貴(瀬戸康史)はつぐみを東京でのデートに誘い、ついにプロポーズ!

つぐみも洋貴の想いを受け入れ、結婚を前向きに考えようとするが、そんな2人の会話を、偶然通りかかった樹(松坂桃李)が見ていた。

そんなある日、つぐみは、東京の樹の元へ。

久々に会った樹とつぐみの間には、気まずい空気が流れるが、つぐみは、松本で出会ったシェフの高木圭吾(山中崇)と車いすで生活する妻・楓(紺野まひる)のために、なんとか樹の力を貸してほしいと、頼み込む。

実は圭吾は、完全バリアフリーの家を建てようと考えていて、樹に相談するものの、断られていたのだ。

一方、楓はマイホームを持つことが夢だったものの、病気で先にこの世を去る自分のために、夫が私財を投げうって家を建てようとしていることを、素直に喜べずにいた。

それどころか、自分では圭吾を幸せにできないと苦しんでいて、その姿につぐみは樹の言葉を思い出していたのだった。

つぐみから高木夫妻の想いを聞いた樹は、2人に会いに行くと約束。

それを聞いてつぐみはホッとするものの、洋貴には「樹と会った」と言えず、心が痛む。

しかし実は、洋貴は樹からの連絡で、2人の再会を知っていた。

つぐみと樹の切っても切れない関係に焦りを感じた洋貴は、「結婚のこと、考えてくれた?」とつぐみにプロポーズの返事を急かしてしまう。それに対し、つぐみは…?

ドラマ「パーフェクトワールド」公式サイトより

 

あせて読みたい「パーフェクトワールド」の人気記事!

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話ネタバレ!仕事を通しての出会いと再会

高木夫妻との出会いから樹と再び巡り合うことになったつぐみ。

第7話のネタバレをさっそく紹介したいと思います。

 

高木夫妻との出会いが引き寄せたつぐみと樹の再会

進行性麻痺の病いをもつ妻がいる高木圭吾。

妻とのマイホームを建てるため樹の元に相談にいったことがあると知ったつぐみ。

しかし、妻は自分が亡き後もローンを払い続けることなどを考え、二人の夢であったマイホームを建てることに反対しています。

けれど、つぐみは改めて樹のもとを訪れ、なんとかできないかと相談にいくのです。

樹になぜ仕事を断ったのかを尋ねると、奥さんの気持ちがよくわかるからだったとつぐみに話します。

しかし、つぐみは楓が自分の存在が圭吾の負担になる、つらい思いをさせるだけだという思いが一番圭吾を苦しめている、そして圭吾はそうではないということを伝えることを諦めずに続けていると話すのです。

話をしながら樹もつぐみも自分たちと似た境遇にある二人。

自分たち別れも同時に思い出させられるのでした。

そんななか、洋貴はつぐみにプロポーズします。

そして、つぐみもプロポーズに同意するのです。

つぐみの両親への挨拶も行い、両親も大喜び。

年内に式を挙げようという話まで進んでゆくのです。

いっぽうその陰ではひそかに洋貴に思いを寄せていたしおりが胸を痛め、そのしおりを晴人が支えていたのです。

 

洋貴のおもい、長沢のおもい、交錯する心

洋貴とつぐみはデート中に高木に会い、お礼の挨拶をされます。

樹に仕事の相談に行ったことを伏せていたことが洋貴にばれてしまいます。

しかし、洋貴は事前に樹から報告を受けていて知っていました。

その上で、あらためて焦って急ぎ過ぎていたと洋貴はつぐみに謝り、自分だけがつぐみの心にいっぱいになるまで待つと言います。

そして仕事もきちんとした方がよいからと理解してくれます。

つぐみもそんな洋貴のおもいに応えていきたいと気持ちを新たにしようとします。

そしていよいよ高木と楓のもとに樹がきます。

樹は楓になぜ、断ってくれなかったのかと責められ、反対の意見はかわりません。

しかし樹は二人の夢を実現させた家のモデル図を持参してきます。

楓亡き後はレストランとして自宅を使えるものでした。

高木夫妻はとても喜びマイホームを建てる決心がつくのでした。

ようやく仕事がうまくいった矢先、長沢がつぐみを尋ねにきます。

そして、つぐみに今までのことを突然あやまり、樹と付き合うことになったからと、だからどうかお願い、と頭を下げ続けます。

今の関係を壊されたくない長沢だったのです。

つぐみはこの話を聞いてから、樹がもう一度見たいと話していた絵を粗大ごみ出し、気持ちの整理をさらにいそぎます。

しかし、のちにこのことが樹の知るところになり、長沢は自分の情けなさに泣き崩れてしまいます。

そんな長沢の肩をやさしくさするしかできない樹でした。

 

突然の地震、樹の命の行方は

いよいよつぐみと洋貴の結婚への準備も本格的となり、高木夫妻のマイホームの地鎮祭も行われることになりました。

そんな折、突然の大地震が川奈家を襲います。

そして、同じように建築中の資材や材木がたくさん置いてある家の中にいる樹にも地震は襲い掛かります。

そして、資材や木材が無情にも樹の上に次々と襲いかかってくるのです。

 

パーフェクトワールドのネタバレ一覧♪

  • 1話→樹とつぐみの出会いと再会は?
  • 2話→つぐみの想いは届く?樹とつぐみのその後
  • 3話→立ちはだかるいくつもの壁
  • 4話→好きだから行き違う想いの行方
  • 5話→樹とつぐみの前に立ちはだかる壁
  • 6話→別れの向こう側にあるものとは
  • 7話→仕事をとおしての出会いと再会
  • 8話→被災から二人が見つけたもの
  • 9話→二人がおもいを貫くとき

 

「パーフェクトワールド」の見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話みんなの感想は?

ここ数回のドラマへの声。

実は晴人としおりへの声がとても多いのです。

樹やつぐみ、洋貴や長沢の見えないところで、動いているいろんな気持ちを繊細に演じている二人ですよね。

松村北斗さんの演技は特に人気が高い!です。

長沢さんへの厳しいコメント、とっても多いのですが一方で切ない女心でもあり、今回の泣き崩れるシーンは印象的でした。

原作漫画の長沢さんはまたひと味違うので漫画も要チェックです!

思いにフタをして必死に平静をよそおいあってる二人が悲しい
地震。なんだか二人にはいろいろ起こりすぎて。ハッピーエンドになるのかな。
原作で大事にしたいところを大切にドラマにされててうれしい

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第7話ネタバレあらすじ感想・まとめ

以上、ドラマ「パーフェクトワールド」第7話ネタバレあらすじ感想を紹介しました。

いよいよドラマ「パーフェクトワールド」も終盤です。

木材や資材の下敷きになってしまった樹

いったいどうなってしまうのでしょうか。

そして、樹とつぐみはこのまま別々の道を歩くことになるのでしょうか

ますます見逃せません!

 

スポンサードリンク

-パーフェクトワールド

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.