パーフェクトワールド

パーフェクトワールド4話ネタバレあらすじ感想!好きだから行き違う想いの行方

更新日:

この記事ではドラマ「パーフェクトワールド」第4話ネタバレあらすじ、感想について書いています。

ようやくお互いの気持ちが通じ合い、かたくなな樹の心もやわらいで付き合いだした二人。

しかし、樹とつぐみの前には様々な壁が待ちかまえていました

二人はいったいどうなってしまうのでしょうか?!さっそくドラマ「パーフェクトワールド」の第4話のネタバレあらすじ、感想を紹介したいと思います!

 

「パーフェクトワールド」の再放送や見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話あらすじ

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話あらすじ

樹(松坂桃李)と葵(中村ゆり)の間に、自分が入り込む余地はないことを悟り始めた、つぐみ(山本美月)。

それでも、恋人として樹と過ごす時間はなにより幸せで、つぐみは次第に、自分が葵に代わって樹を支えたいと思うようになる。

一方で、つぐみが献身的に樹を想えば想うほど、洋貴(瀬戸康史)の一途な想いも膨れ上がり、つぐみを思わず抱きしめてしまう。

洋貴はついに「俺はつぐみが好きだ」と樹に宣戦布告をする。

樹の生活をもっとサポートしたいと考えたつぐみは、毎日仕事帰りに樹の家へ。

「毎日来てくれなくてもいいんだよ」と気遣いを見せる樹に対し、「会いたいから来てるの」と答えるつぐみだったが、冷蔵庫に葵が作った惣菜を見つけてしまい、思わず嫉妬してしまう。

さらにつぐみは樹に内緒で介護の勉強を始めていた。

連日深夜まで猛勉強する姉を見たしおり(岡崎紗絵)は尽くしすぎだと、あきれ気味。

見かねた洋貴も介護セミナーを終えたつぐみを食事に誘うが、お互いを意識する2人の間には、気まずい空気が流れ…。

一方、感覚がないはずの足に激痛が走り、眠れずにいた樹は、次第に増す痛みに我慢ができなくなり、助けを求めるため、ある人物に電話をかけて…。

「パーフェクトワールド」公式サイトより

 

あせて読みたい「パーフェクトワールド」の人気記事!

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話ネタバレ!行き違いと交錯するそれぞれの想い

 パーフェクトワールド公式サイトより

 

介護を学びはじめるつぐみそして樹のおもい

葵が樹のヘルパーとして介護をすることに複雑なおもいを抱くつぐみ

葵に障碍者と付き合う覚悟を問われ、つぐみも樹の力になりたい、樹を理解したい、と介護の勉強をはじめることを決心します。

そして、仕事の後に介護を学べるスクールへ通学。

その後は樹のアパートへ行き、なんとか樹の力になろうと必死です。

しかし疲れは溜まるばかり。

体調を徐々に崩し始めていますが、つぐみは一生懸命すぎてそれに気づくことができません。

そんな中、樹は幻肢痛という感覚がないはずの足に激痛が走る症状に悩まされはじめます

しかし、つぐみには心配をかけまいと黙っている樹。

幻肢痛はますますひどくなり、仕事のプレゼン中にも痛みだします。

足の感覚がないことを自覚して痛みをなくそうとコンパスを足に刺し、痛みを逃がします。

そんな樹を心配した所長の渡辺はつぐみと会った際に、幻肢痛のことを尋ねます。

なにも知らないつぐみは樹にどんなことも教えてほしいと強く伝えます。

そして幻肢痛の治療を行っている病院を探し、樹の力になります。

樹は何も出来ていないという想いばかりのつぐみに「川奈の存在にどれほど救われているか」と話します。

 

つぐみと長沢そして洋貴~交錯するおもい~

そんな中、洋貴から食事に誘われたつぐみ。

洋貴はつぐみへのおもいを絶つことは出来ません。

しかし、つぐみに「自分は彼に幸せにしてもらおうなんて思っていない。私が彼を幸せにしたい。」と強い意志を聞かされます。

そんな言葉を聞かされ、引くしかない洋貴。

二人は幼なじみとして和解します。

ただ、ひどく疲れがたまり体調を崩しはじめているつぐみを心配します。

そんな中、ヘルパーの長沢にバッタリあったつぐみ。

「樹が一生抱える孤独でもがき苦しむから自分はずっと支えていきたい、恋愛感情だけで幸せになるなんてことはない」と強い口調で長沢はつぐみに言い放ちます。

そして幻肢痛で夜中に呼び出されたことを話し、樹のマンションに空きが出来たなら引っ越そうと考えている、このポジションを譲る気持ちはない、とつぐみに話します。

つぐみは樹の障がいや孤独や苦しみを葵ほどは理解していないことを自覚しているので、ただ圧倒されます。

そして、自信がない分、また余計に頑張らなくてはと勉強と樹の身の回りの世話、自分の仕事と休む間もない毎日が続くのです。

 

晴人と樹のことばを聴いたつぐみは~障がいを抱えるということ~

一方、樹と同じ事務所にいる義足の晴人は最近、どこか落ち着かない様子

車いすバスケの仲間と食事中に邪魔だ、とからかう健常者とケンカをしたり、アルバイトで恋人役を演じてくれたしおりから障がい者と付き合うのは実際には無理、と話を聞かされたことが忘れられません。

仕事中には歩道の階段で足を踏み外してしまい、義足をつけられない状態になるほどのケガをしてしまった晴人。

そんな中、つぐみが書類を届けに樹のつとめる設計事務所へ行くと、所長の渡辺と晴人が言い合いになっています。

建築士の勉強をしようとしない晴人に障がいを理由にいろいろ逃げるな、という渡辺。

しかし晴人は障がいを受け入れろとか乗り越えろとかそんなのは無理だ、みんな平気じゃないけど平気なフリして生きているだけなんだって!と言い放ちます。

そんな晴人に樹はその通りだな、と言います

障がいをもったことで学べたことは沢山ある、でも障がい者で良かったなんて思ったことは一度もない。

なんで自分だけがこんな目に、できることなら障がいなんてない人生だったらよかったのにと思う、と話します。

そして健常者へのコンプレックスは一生捨てられない、でも、俺たちにしか出来ないことを、何か一つでも誰かの役に立ってるって思えることがあれば、毎日を腐らずに生きていけるのでは、それぐらいの努力はすべきなんじゃないか、と話します。

つぐみは長沢の孤独でつらくて一生この先ももがき苦しむのが障がいを背負った人の運命だから、という言葉を思い出します。

そして、晴人の苦し気な言葉、樹の言葉を思い出し、自分は何も分かっていなかったとつぐみは樹につぶやきます

とその時、つぐみはまた立ち眩みのような状態となり、通行人とぶつかり駅のホームから線路に落ちてしまいます。

必死に手を伸ばす樹

しかし、手は届かないのです

 

パーフェクトワールドのネタバレ一覧♪

  • 1話→樹とつぐみの出会いと再会は?
  • 2話→つぐみの想いは届く?樹とつぐみのその後
  • 3話→立ちはだかるいくつもの壁
  • 4話→好きだから行き違う想いの行方
  • 5話→樹とつぐみの前に立ちはだかる壁
  • 6話→別れの向こう側にあるものとは
  • 7話→仕事をとおしての出会いと再会
  • 8話→被災から二人が見つけたもの
  • 9話→二人がおもいを貫くとき

 

「パーフェクトワールド」の見逃し配信はこちらをチェック!

【パーフェクトワールドの見逃し視聴<4つの方法>お得な視聴方法を伝授!】

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話みんなの感想は?

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話。

ドラマもいよいよ色々進行しはじめ、晴人のおもいや葛藤も平行して描かれていたので様々な感想が寄せられています。

つぐみと葵の張り合いになっている気がする!
ハッピーエンドになってほしい。…

とにかく晴人役の松村北斗さんの演技がすごくいい、という評価の声が多かったです!

そして、つぐみVS長沢へのコメントも多くきかれ、ドラマにどんどん引き込まれていることわかりました。

たくさんの意見や感想が寄せられている第4話でした。

 

スポンサードリンク

ドラマ「パーフェクトワールド」第4話ネタバレあらすじ感想・まとめ!

どこか自信を持てないつぐみと樹

そんな二人が必死に相手に出来ることを考え、そう行動するのだけど、それが空回りばかりで切ない第4話でした。

なんとか空回りに終わってほしくないです。

でも、つぐみは体調を完全に崩して駅の線路に落ちてしまい、今後の展開がどうなるの?!

と非常に気なる内容でした。

来週が待ち遠しいです!

スポンサードリンク

-パーフェクトワールド

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.