親バカ青春白書

親バカ青春白書第6話ネタバレあらすじ感想!ムロツヨシが監督?!突然のキスって?

更新日:


この記事では親バカ青春白書第6話ネタバレあらすじ感想!ムロツヨシが監督?!突然のキスって?について紹介しています。

ようやく交際にいたったさくらと畠

その二人に常につきまとい二人にさせないさくらの父親ガタロー。

そんなガタローとさくらの同級生美咲との関係が微妙…。

そんな気になる展開が起きている親バカ青春白書

親バカ青春白書第6話ではそれぞれの恋に展開がはじまるのか?!

さっそく親バカ青春白書第6話ネタバレあらすじ感想を紹介します!

 

スポンサードリンク

親バカ青春白書第6話のあらすじは?

親バカ青春白書第6話あらすじ

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎おざき(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。

5ヶ月後―。大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。

そんな中、相変わらず美咲みさき(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子ひろこ(今田美桜)が訪ねてくる。事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼み……。さらに留年危機の迫った根来ねごろ(戸塚純貴)が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んでくる。流れに乗ったさくらがなぜかハタケまで呼び出し、小比賀家での冬休み青春シェアハウスがスタート!

胸に芽生えた予想外の恋、いつしか生まれた意外な友情、錯綜する人間関係……小比賀を舞台に、めくるめく青春群像劇が繰り広げられる!

親バカ青春白書公式サイトより

スポンサードリンク

親バカ青春白書第6話ネタバレ!

ガタローとさくらの自宅に居候がはじまった美咲。

なんだか美咲とガタローはいいカンジです。

それを見ていて、なんだかしっくりこないさくら。

そんなガタローとさくらの自宅に寛子も登場!

今週の「親バカ青春白書第6話」のネタバレはじめます!

成人式だよ!全員集合!のガタローとさくらの自宅

ガタローは担当編集者に会い、作家活動に支障をきたしていたことを謝罪。

さくらが大好きすぎて、大学も受験したことを話ます。

そんな親バカぶりをネタにして小説を書き上げるという企画がよいのでは?提案され、話にのります。

さくらはようやく両想いになれた畠と楽しくデートをしますが、常にガタローが監視

仲を割ってはいる親バカぶりを発揮します。

そんななか、寛子が彼氏に殴られて、さくらの家にやってきます。

この顔では成人式には出られないし、ガタローとさくらの家にいさせてほしいと話します。

そして、ネゴロがなんとか留年を食い止めたが、交換条件でレポート課題が7つも出たので助けてほしい、とやってきます

そして最後にはさくらが呼んだ畠が家にやってきて居候をすることに。

みんなでシェアハウスをしているかの様相になってきます。

 

みんなですき焼きパーティ!メンバーそれぞれの想いが明らかに…

みんなでシェアハウスのような生活を楽しむ中、すき焼きをすることに!

みんなで美味しく頂いたのち、誰が洗い物をするかでジャンケンすることになります。

結局、負けたのはガタローと寛子。

二人で洗い物をしているときに、寛子はいじめられてきたことをガタローに告白

そして地元には帰りたくないこと、みんなと一緒にいたいことを話ます

またガタローはDV彼氏について話をする中、寛子にきっと寛子を好きになる男は山のようにいるが好かれて付き合うのではなく寛子が好きで好きでたまらない相手と付き合うのがいい、と話します。

そんな寛子の気持ちを受け止め、東京で過ごしたらいいというガタロー。

一方、レポートに取り組むネゴロはひそかに美咲に想いを寄せていることをさくらに話します

口は悪いが面倒見がいいところなど、美咲のことが好きなのだと話すネゴロでした。

さくらは美咲と父のこともあり全面的に応援する、とノリノリに。

そんなことも知らない美咲と畠はガタローの作品を語り合い、どれがいいと話し合って盛り上がります。

そして美咲は作品を通じてガタローの妻の話をきき、「ガタローはまた誰かと恋した方がいいと思う。いい作品が作れる。」と話だし、畠もさくらから目がそれて絶対いい、と盛り上がります。

すると美咲が自分が立候補しようかな、と言い出し、畠は大笑いします。

そんな中、ガタローの親バカぶりを描く小説の企画が通ることになります。

 

編集者が来た!みんなで接待だ!

編集者の尾崎がくるとしって、みんなで精一杯接待しよう!と必死にお酌をしておつまみを運ぶ5人。

尾崎は自分にこんなことをしても仕方ないと話し、企画が大事だ、何か親バカぶりを象徴するエピソードはないか、と話します。

寛子はあやしいパーティーに助けに来てくれたことを話し、ネゴロはYouTubeで行き詰っている時に助けてもらったことを話ます。

美咲は元カレの迷惑行為から助けてくれたことを話しました。

話に聞き入っていた尾崎はエピソードを聞いて、これはイケる!編集長を説得できる!と言い、みんなも大喜びでした。

そんな中、畠とさくらはますますお互いの好きの気持ちは深くなっていきます。

そしてネゴロも想いを決して美咲に告白するのです。

 

成人式パーティー!なんと美咲がガタローにキス?!

そんな中、ガタローが楽しみにしていたさくらの成人式に。

しかしさくらは風邪をひいて発熱

ガタローが妻の幸子に振袖を着せてあげられなかった過去を後悔していることを知っていたので、どうしても振袖を着なくてはと考えています。

そんな思いを察したガタローは、もう振袖姿も着付けの練習で見れているから大丈夫、とさくらをなだめます。

ようやくさくらも回復し、ガタローの企画も通ってみんなで成人式パーティーをすることに。

初めてのお酒で酔っぱらう5人。

畠は邪魔ばかりするガタローに文句を言い、そんな中ずっとキスなんてしていないと話すガタローにキスをしてしまう美咲!

一同、いっぺんに酔いが覚めてしまうのです!!

スポンサードリンク

親バカ青春白書第6話の感想は?

今週も親バカ青春白書の感想がたくさん届いていました!

本当に毎回、毎回、初々しくて可愛いシーン満載ですよね!

そんな二人の仲に割ってはいるガタローが、また面白いのです。

だけど、いつになったら畠とさくらは初キスがかなうのでしょうか?!

美咲ちゃん、回を重ねるごとにいいキャラクターが映えていますよね!

さっぱりしていて、でもすごく細やかなところもあって。

ガタローへの恋心。

どうなっていくのでしょうか?

本当に笑いあり、感動ありで見ごたえあるドラマだった親バカ青春白書。

いよいよ来週が最終回なんて寂しすぎます!

第二弾もやってほしい!と今から希望しちゃうのは私だけでしょうか?!

ほんとうに幸子ママことガッキーの可愛さは、もう他に勝るものはなし、という感じでした!

今回のエンドロールは存分にガッキーを楽しめました。

幸子ママとの回想シーンを見るたびに、この思い出に美咲はどう対抗してゆくんだ!がんばれ美咲!と応援してしまいます。

本当にガタローは絶対、毎回名言を言ってますよね!

来週で最終回なんて本当にさみしすぎる!という声がたくさんです!

本当に来週で最終回なんて残念ですよね!

なんだか親バカロスになりそう、と思ってしまいます。

そしてラストはいったいどうなってしまうのか楽しみです!

 

スポンサードリンク

親バカ青春白書第6話ネタバレあらすじ感想まとめ

以上、親バカ青春白書第6話ネタバレあらすじ感想を紹介しました。

あっという間に最終回を迎えた気持ちがする「親バカ青春白書」。

でも最終回では第7話なんですよね。

突然の美咲のガタローへのキスに一同、フリーズしていましたが、美咲に対してガタローはどんな結論を出すのでしょうか?!

そしてガタローは相変わらず畠とさくらの恋の邪魔をはかるのでしょうか?!

最終回もすごくすごく楽しみですね!

スポンサードリンク

-親バカ青春白書
-, , , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2020 All Rights Reserved.