おっさんずラブ

おっさんずラブネタバレ2話&あらすじ感想!ドロ沼三角…四角関係!?

投稿日:

この記事では11月2日にスタートする「おっさんずラブin the sky」に先駆け、2018年放送「おっさんずラブ」のネタバレあらすじ感想を紹介しています。

今回は第2話武蔵から愛の告白をされさらに牧からの突然のキス!

春田はどうする!?武蔵の妻・蝶子はどう動く!?

物語が急激に動き出す「おっさんずラブ」第2話、見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

ドラマ「おっさんずラブ」第2話のあらすじ

では早速「おっさんずラブ」第2話のあらすじを見ていきましょう。

「春田さんが巨乳好きなのは知ってます…でも、巨根じゃダメですか?」
 バスルームで告白してきた同居中の後輩社員・牧凌太(林遣都)に、唇まで奪われた春田創一(田中圭)はすっかり気が動転。
ところが翌朝、牧は何事もなかったような顔で、春田に朝食を作り、サラッと出社する。
え? 昨日のは無かったことになってんの!?
――春田の混乱は加速する一方で…。

その矢先、春田が務める「天空不動産」に、小説家になった地元の後輩・棚橋一紀(渋谷謙人)と陽菜(吉谷彩子)夫婦が来店。
春田は張り切って2人の新居探しを担当する。ところが…物件を下見するたび夫婦の意見が衝突! 
春田はひたすら夫婦の板挟みとなり、物件探しは難航してしまう…。

 そして…よりによって同時期に、世を忍ぶ乙女心を秘めた敏腕部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と牧から愛を告白された春田は、プライベートも相変わらず難航…。
おっさんとイケメン男子の板挟み状態で、気持ちが乱れっぱなしの春田は思わず、上司の武川政宗(眞島秀和)に友達の話だと誤魔化しつつ、牧とのキスについて相談するのだが…!?

 そんな中、黒澤がランチミーティングという名目で、美味でかわいいキャラ弁を作り、春田をランチデートに誘ってきた! しかも、それを知った牧が呼ばれてもないのに、2人のランチタイムに参上。
愛しの春田を巡って、男同士の激しすぎるバトルが開幕し…! 

一方その頃、結婚30年目にしていきなり黒澤から離婚を切り出された妻・蝶子(大塚寧々)も、原因を激しく暗中模索。
不倫が原因に違いないと考えた蝶子は、不倫相手を特定すべく、突如「天空不動産」に乗り込んできて…!?

 

「おっさんずラブ」公式ページより引用

波乱の展開です…!

お客様だけでなく武蔵と牧の板挟みになってしまう春田。

さらに蝶子!武蔵の不倫相手を探しに来たんでしょうか?

一体どうなちゃうの?

 

スポンサードリンク

ドラマ「おっさんずラブ」第2話のネタバレ!

牧の突然の告白、そして衝撃のキスから一夜明け…

翌朝、何と牧は何事もなかったかのようにいつも通りに春田の朝食を作り、サッと出社してしまいます。

春田は昨日のは何だったんだと困惑してしまいます…

 

春田の後輩夫妻の物件探し…

その日、「陸嬢」で小説家デビューを果たした春田の後輩・棚橋とその妻・陽菜が天空不動産を訪れます。

春田が担当となり2人の物件探しを手伝うことになりました。

棚橋は小説家、陽菜はアスリート、お互い全く違う職業なので求める条件もそれぞれです。

1軒目と2軒目、1軒目は陽菜が求めるものに近く、2軒目は棚橋の求めるものに近かったのです。

そこから夫婦げんか勃発!春田は板挟みになってしまうのでした。

事務所に帰り武川に報告、すると武川は、

育ってきた環境の違う他人が、いきなり一緒に暮らすなんて無理があるんだよ。
興味ないな。俺には向いていない。清潔な空間が汚されるのも嫌だし。
っていうか、本当に愛し合っているなら、わざわざ結婚なんて形にこだわる必要ないだろ

とバッサリ。

さらには武蔵と牧の板挟みでプライベートも難航している春田は思わず武川にキスの話を相談します。

もちろん、友達の話とごまかしつつ・・・

すると武川はここでもきっちり答えてくれました。

「本気だな。2人の関係性にもよるとは思うけど、元々友達なんだろ?
本気だな。まぁ、そいつもカーっと盛り上がってキスしたものの、冷静になって考えると順番間違えたなって、
今頃後悔してるんじゃないか?」

一方牧は栗林に春田に書類を渡すよう頼まれ、デスクに向かいます。そしてパソコンを見ると驚いた顔、しかし春田が戻ってくるのですぐ席を離れます。

春田はパソコンの画面に

「明日、ランチミーティングするお」

という武蔵からのメッセージを見て困惑、しかし上司の誘いを断りきれず承諾します。

その返事を乙女武蔵がうっとりと見つめるのでした…。

その晩、居酒屋わんだほうにて、ちずの転職先を決まったようで、「私は仕事に生きる!」そして「イケメン執事を雇う」と宣言していました。

兄の鉄平は鯖のヨーグルト煮という奇怪な料理を提供…春田は出会ってはいけない2人だと鉄平に話します。

すると何やらメロディが降りて来たようで突然歌い出すのでした。

 

普段通りの牧…でも心の中は。

春田は武蔵に奥さんとのことをちゃんとするから待って欲しいと言われたことをちずに報告します。

ちずは武蔵が誠実だと感激しますが、春田は「俺が部長のものになってもいいのか!?」とちずに尋ねます。

一瞬動揺したちずに春田もドキドキ…しかしちずの「玉の輿だよ!?」発言にちずの手の形を見て「なんかヤダ!」と言うのでした。
(玉の輿発言に何かを連想…ご想像にお任せ!笑)

その時牧から連絡が入ります。

「牛乳買っておいてもらえませんか?」

そんな何事もない牧の様子にどうしたらいいのかわからずに、とりあえずビールをお代わりするのでした。

一方牧はまだ事務所にいました。メールの着信音にすぐさま反応、ですが相手は春田ではありません。

そこに忘れ物を取りに来る舞香、「そんな暗い顔して、恋の悩み!?」と牧に迫ります。

「好きになっちゃいけない人を好きになってしまっていうか…」

「不倫?だめ!絶対!」と舞香。

「最初から可能性のない恋ってあるじゃないですか?なのに止められない自分が嫌になるっていうか」

そこで何かに思い当たる舞香…そう、昼間の春田と武川の話です。

「牧君、好きになっちゃいけない人なんていないんじゃないかしら?押してうまくいかないなら引けばいいじゃない!」

と牧の背中を押す舞香でした。

帰宅するとテーブルには牛乳、春田はソファで寝ていました。

毛布をかけると起きる春田、風呂に入ると話します。

その時牧は春田を呼び止めます。

春田さん、冗談ですよ。昨日のあれ、冗談ですよ、本気だと思ったんですか?」

と牧は話します。

「いやあそこは『おいっ』って突っ込んでほしかったんですよ!」

そんな優しい嘘をつくのでした。

春田は、「わかりにくぅーーー!それはわかりにくいわ!」と安堵した声を出します。

男子校みたいなノリあるじゃないですか、と牧は続けます。

「マジで出てってもらおうと思ってた、男同士でキスなんてマジでねぇから!」と笑いながら風呂に行くのでした。

そんな姿を俯き加減で見つめる牧でした。

直後、春田のスマホが鳴ります。

武蔵からでした…「12時に本社の屋上で待つ 黒澤

一方黒澤家では就寝中…蝶子はこっそり起き出しスマホをチェック、証拠保全に努めていました。

顔認証をなんとかクリア、と思ったら直後に「はるか…はるか」と武蔵の寝言が聞こえるのでした。

蝶子は「好きなの?」と聞くと「うん」と寝言で答えます。

武蔵は本当は「はるたん」と言っていたのですが蝶子は「はるか」と勘違いするのでした。

 

ランチミーティング!あの時、お前が俺をシンデレラにしたんだ

翌日、運命の物件探し…

しかし!またも喧嘩が勃発!!!「結婚やめようか?」「うんやめよ、お前となんか一緒に暮らせないわ」そこで終了してしまいます。

春田は板挟みで困り果てます…。

さて、その頃天空不動産に現れるのは蝶子でした。

対応は栗林、「お部屋探しっすか?」という軽い不躾なノリに引き気味の蝶子、そこに武川が対応に出ると蝶子だと気づきます。

一方本社屋上には武蔵と春田の姿がありました。

屋上のベンチに横並び、取り出すのは武蔵特製のキャラ弁!春田の顔とともにはるたんと書いてありました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

武蔵の部屋【公式】(@musashis_room)がシェアした投稿

「唐揚げ好きだよね?」といそいそと取り分ける武蔵に自分で、と慌てる春田。

唐揚げを一口で頬張ると「美味しいーーー!!」と喜ぶ春田、それを見て武蔵も幸せそうな声をあげ、なぜかツーショットを撮るのでした。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

武蔵の部屋【公式】(@musashis_room)がシェアした投稿

直後仕事モードに転換!棚橋夫妻の物件探しの相談に乗ってくれるのでした。

そして思い出すのは春田の入社直後の10年前…

娘夫婦が勝手に家を売ろうとして祖父が激怒…その時も家族の板挟みになった春田。

祖父の元に通い続けた春田は、家を売りたくないのは亡くなった妻が大事にしていた気があったからだと分かります。

春田は、「新しい家に移植しましょう、お手伝いさせてください」と頭を下げました。

「家や土地っていうのはそこに住む人の人生そのものだ。俺たちの仕事はその人の人生を預かるってことなんだよな」

根気強く話を聞いてとそういうアドバイスを出すのでした。

・・・本社の下には屋上を睨みつける牧の姿がありました・・・

武蔵は10年前の話には続きがあると言います。

契約を終えて会社に戻るときになんとひったくりに!急いで追いかける春田と武蔵、犯人を取り押さえたときに武蔵(当時課長)は転倒し怪我をします。

そのあと!

しかし春田の記憶はここまでです笑

「あったじゃーーーーーん、決定的な瞬間があったじゃーーーーーーーーん」と武蔵。

そのあと、春田は湿布を買いに走り、武蔵に貼ります。

会社に帰ろうという武蔵に靴を履かせてあげる春田…!

この瞬間、武蔵に何か芽生えたのです。

「あのとき、お前が俺をシンデレラにしたんだ」

「嘘でしょオォ!?」と慌てる春田、武蔵は妻とは離婚の話をしたと超絶ポジティブですが…

そこに、

「春田さん!」

と声をかけるのは牧でした。

 

牧乱入、おっさん部長vsイケメン後輩!

さて、天空不動産では武川と舞香が蝶子に対応、そんな中、栗林が

「奥さん、超やばいっす、クッソ美人じゃないですか。アリよりのアリです」と意味不明な発言、蝶子は「宇宙人」とドン引きです笑

そんな栗林を舞香が「あっち行ってなさい!」と一蹴。

蝶子は話をしつつも「はるか」がいないかチェックします。

一方屋上では…

「黒澤部長、今は業務時間内です。公私混同やめてもらえませんか?」

「無礼を承知で言います。春田さんから手を引いてください。」

いきなり戦闘態勢の牧!

手作り弁当は重い、春田さんが嫌がってるのがわからないんですか?とさらに猛追をかけます。

そして春田は武蔵と牧の板挟み状態に。。。

「部長に、春田さんは守れません!」ときっぱりいう牧に武蔵も臨戦態勢です。

「俺は春田さんが好きです、たとえ部長が相手でも絶対に渡しません!」とガチモード。

春田は牧に「オイィ!」とツッコミを入れるも無視、「ツッコメって言ったじゃん!」と牧にいうも、「うるっさいな!」と怒られます。

「毎日飯作って春田さんの胃袋支えてんの俺です。俺たち今一緒に住んでますから!」

「俺はよぉ、はるたんと10年一緒に働いてんだよ!」

「だから!?大事なのは長さよりも深さだと思うんですけど!」

「今の、はるたん作ったのは、俺なんだよ。お前、はるたんのいいとこ10個言えんのか?」

「悪いところ10個言えますか?」

「えぇーーーっと、可愛すぎる、存在が罪…可愛すぎるー…」

「優柔不断朝不機嫌服脱ぎっぱなし好き嫌い多い靴揃えない皿洗いしないちょっとそれ一口頂戴って言う改札で引っかかる方向音痴うつぶせで寝る!何にもしらねぇな」

そして春田を置いてけぼりに取っ組み合いに発展!

「俺のために喧嘩するのやめてくださーーーーーーい」

ここで虚しくも昼休みの終わりを告げるチャイムがなります。

2人とも一瞬で仕事モードに戻ります。

営業所に戻り頭をかかえるもそこに1件の電話が入ります。

後輩からでした。家探しはやめる、一緒に暮らすなんて無理という話に、俺がちゃんと間に入ってやるからもう1軒だけ!と頼みます。

春田は家を前に踵を返しわんだほうへ、しかしわんだほうには先客・牧がいたのでした。

 

牧の気持ち、春田の動揺、ちずの怒り

距離を開けて座る春田、なんで険悪なの?とちずは驚きます。

春田は牧に上司相手に何したかわかってんの?と牧を怒ります。

冗談もいい加減にしろという春田に、「冗談な訳ないじゃないですか、物わかり悪いな」と牧。

「いや、好きなんですよ!俺は春田さんが本気で好きなんですよ!相手が部長だろうがなんだろうがそんなの関係ないじゃないですか!

まっすぐに春田に向けて放つ言葉。

しかしそれに対し春田は「俺はそんなつもりで一緒に住んでるんじゃない」と言います。

「そんなことわかってる!」と涙をこらえる牧に、

「俺たち会社の同僚なんじゃないの?一緒に住んだのも飯とか掃除とかも全部そういうつもりだったのかよ?」と牧の背中に言います。

裏切られた気分だという春田に、牧は鼻をすすりながらお会計お願いしますと涙をこらえわんだほうを後にしました。

そんな春田の頰をひっぱたくのはちずでした。

「最低!一緒に暮らそうって、あんたの方から言ったんじゃないの?
被害者面してるけどさ、好意に甘えてたのは、どっちよ?
相手を思いやれないあんたに、一緒に暮らす資格なんてないよ。」

ちずは春田に激怒。

意気消沈し帰宅すると、冷蔵庫には牧の作ったカレー、「帰り遅いんで夕飯カレー温めて食べてください」と言った牧を思い出します。

そのカレーの美味しさに後悔が押し寄せます。

「なんで走ってんだ?俺。確かに牧との生活は楽しかった。もし牧が女だったらあの告白は嬉しかったのだろうか?ただ牧が男だったからダメなのか?俺は、俺は…」

「俺はロリで巨乳が好きなんだよーーー!!!クソォーーー」と叫ぶのでした。

そして牧を見つけます。

「さっきはごめん」と謝る春田。

「春田さんって、何も見えてないですよね」と牧。

可能性がないなら優しくしないでください、ルームシェアなんてしなきゃよかった。」と出て行くことを告げます。

「何もかも違うのに一緒に暮らすなんて無理です」

「でもさ、俺には、お前が必要なんだよ。一緒にいて楽しいしさ、ダメなとこあったら直すからさ、友達として今まで通り一緒に暮らせないのかな?」と聞く春田に、

「ずるいですよ、春田さん。」

そう言って、春田のおでこにキスをするのでした。

「普通には戻れないです。」

牧を止めるも行ってしまいました。

 

2人が一緒に暮らしていくための2人にとって必要な条件

翌日、棚橋夫妻に物件を案内する春田、しかし連れてきたのは更地でした。

「ごめんなさい!」と頭をさげる春田。

2人のそれぞれ希望する物件は見つけられなかったのです。

しかし、

「もう一度、一から考え直してみない?
今まで見てきたのは、それぞれ自分が住みたい家だったと思うだよね。
でも、今度は、2人が一緒に暮らしていくための2人にとって必要な条件を教えてほしいなって」

そこで夫婦は子供ができたら、等々将来必要になってくる条件を出し合うのでした。

きっとこれから上手く行くそんな確信をしたような春田の笑顔でした。

その後、営業所に現れるのは蝶子!

「春田創一さんですよね?あなたにお聞きしたいことがあるの、ちょっとよろしいですか?」と真剣な眼差しです。

さぁ、どうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

ドラマ「おっさんずラブ」第2話みんなの感想は?

「おっさんずラブ」第2話、皆はどんな感想を書き込んでいるのか見ていきましょう。

初回放送から日にちが結構経っているので、何回も見た人の感想が多いのですが…

とにかく牧役の林遣都さんへの賛辞が多いのがこの回でした!

武蔵とのキャットファイトはすごく面白く見させてもらったし、あのセリフ回し凄い!と純粋に感じました。

そして後半の切ない恋心を吐露するシーンからのわんだほうでの一件、そしてでこチュー、泣けましたね牧の心情が本当によく描けていました。

そしてもう春田は牧のことが好きでしょ!と感じる視聴者が本当に多かったですね。

お前が必要だ!の発言や、ずーっと牧のことを探して走り回るシーンはもう恋人なんじゃないかと思うくらい笑

さてさて、3話では蝶子がどうかかわってくるのか、話とは何か!楽しみですね!

スポンサードリンク

ドラマ「おっさんずラブ」第2話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

この記事では「おっさんずラブ」第2話のネタバレ・あらすじ・感想を紹介しました。

武蔵と牧のキャットファイト、春田の悪いところ10個には笑いましたね!笑

蝶子も絡んで次回はどうなる?「君の名は…」のサブタイトルも面白いですが、内容も要注目ですね!

 

スポンサードリンク

-おっさんずラブ

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.