大奥最終章

大奥最終章ネタバレあらすじ感想!平成の大ヒットシリーズ遂に完結!

更新日:

この記事ではフジテレビ開局60周年記念ドラマ「大奥最終章」を見逃してしまった方のために、「あらすじ・ネタバレ・感想」をまとめています。

各局が魅力的な開局記念ドラマや、スペシャルドラマを放送する中、ついに、フジテレビも記念ドラマを放送することとなりました!!

気になるドラマは、なんと、あの人気シリーズ「大奥」の最終章!!

まだ見ていない、見逃した方のために、早速「大奥最終章」の「あらすじ・ネタバレ・感想」を紹介していきましょう!

 

スポンサードリンク

フジテレビ開局60周年特別企画「大奥最終章」のあらすじは?

大人気シリーズ「大奥」は2003年から連続ドラマとしてシリーズ化。

舞台や映画など様々なコンテンツで発表のたびに話題になった人気作です。

そんな平成を代表するドラマ「大奥」の本当に最後の物語と銘打った平成最後の「大奥」。

一体最終章はどんなお話だったのでしょうか。

ここで、まだ話を見ていない人のために、簡単にあらすじを紹介していきたいと思います。

 

ドラマ「大奥最終章」のあらすじ

久免は、紀州藩の下級武士の娘。吉宗は公家出身の病弱な正室・理子とは死別、その後、彼の生母・浄円院付きの女中であった久免を側室に迎えると、素朴で優しい人柄の彼女を深く愛しました。吉宗には、お須磨、お古牟(こん)、お梅という亡くなった3人の側室との間に、それぞれ長福丸(ながとみまる)、小次郎、小五郎という子供がいました。久免は、“なさぬ仲”の3人の子供たちをまるで自分の子供のように愛し、吉宗、浄円院とともにいつまでも仲むつまじい暮らしが続くものだと考えていました。しかし、吉宗を第8代将軍に推挙するという江戸城からの命が、平凡ながらも幸せな久免の生活を一変させます。慣れ親しんだ紀州藩邸での暮らしを捨て江戸城・大奥に移ることに一抹の不安を感じていた久免でしたが、吉宗の高い能力を紀州藩主で終わらせるのはもったいないと彼の背中を押します。決断をしてからは、江戸城の絢爛(けんらん)豪華なふすま絵や家具調度品が楽しみと無邪気に考えていた久免。しかし、天英院と月光院がさまざまな局面で覇権争いを繰り広げ、1,000人もの美しく着飾った女たちが吉宗を誘惑しようとしのぎを削る大奥は、久免の甘い考えを打ち砕くには余りある存在でした。果たして久免は、権謀術数が渦巻く大奥から、吉宗や3人の子供たちを守り抜くことができるのでしょうか!?

「大奥最終章」公式サイトより

今回の大奥の舞台は、徳川吉宗の時代。

吉宗と言えば、暴れん坊将軍が有名ですよね。

完結編と銘打たれた今回の大奥にふさわしい題材。ストーリーが気になります!!

以下、ネタバレです。

 

スポンサードリンク

ドラマ「大奥最終章」のネタバレ!

情報が入り次第、追記致します!

 

スポンサードリンク

ドラマ「大奥最終章」みんなの感想は?

情報が入り次第、追記致します!

coming soon!

 

スポンサードリンク

ドラマ「大奥最終章」のネタバレあらすじ感想・まとめ!

情報が入り次第、追記致します!

 

スポンサードリンク

-大奥最終章

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.