エンタメ

『Nintendo Labo』本日発売!Nintendo Switch新ソフト 体験型ダンボールオモチャで遊ぼう

更新日:

任天堂が、大人気ゲーム機「Nintendo Switch」とダンボールを組み合わせて遊ぶNintendo Switch用ソフト「Nintendo Labo」を4月20日に発売しました。

価格は「バラエティキット」が6,980円(税抜)、「ロボットキット」が7,980円(税抜)。

親子で一緒に遊べる、最新かつちょっと不思議な体験ゲームがいよいよ発売とあって、

ワクワク楽しみに待っていた人は多かったのでは?

 

スポンサードリンク

Nintendo Laboとは?

Joy
こんにちは!Joyです。

ゲームファンとしては待ち望んでいたゲームソフトの発売ですね!

まずは「Nintendo Labo」がどういったものかをおさらいしましょう。

 

 

「Nintendo Labo」のテーマは「あそびの発明」です。

専用のダンボールでピアノや釣竿、バイクのハンドルなどを作り、

それをNintendo Switchと組み合わせることでピアノ演奏ができたり、魚を釣れたり、レースができたりと、

ただコントローラーで操作するだけじゃない体験型のゲームなんです。

 

スポンサードリンク

Nintendo Labo 3つのコンセプト「つくる」「あそぶ」「わかる」

Nintendo Laboには「つくる」「あそぶ」「わかる」という3つのコンセプトがあります。

 

つくる について

 

 

「つくる」は専用のダンボールを実際に自分で組み立てることです。

説明書はソフトをNintendo Switchにセットすると見ることができ、

作り方は「すすむ」をタッチしない限りはその工程をわかるまで見ることができます。

画面に表示されている工程の図を回転したりズームしたりして組み立てられるので面白いですよ!

 

制作は1時間以上かかるものが多いので、かなりの大作が揃っているといっても良いでしょう。

ただ、ダンボールはミシン目が入っていて簡単に取り外せるようになっているのでハサミは不要です。

さらにすごいのが、ノリやテープなどを一切使わないことです。強度が必要な部分は二重のはめ込みをするようになっています。

 

あそぶ について

 

 

「あそぶ」は組み立てたダンボールとNintendo Switchを組み合わせて一つのゲームとして遊びます。

ただコントローラーで遊ぶだけでなく、釣りならリアルの釣りと同じようにダンボールでできた釣竿を動かしたり

ロボットキットではゴーグル、バックパック、ロボットハンド、シューズなどを装着して実際に全身を動かすのでとてもハマりそうです!

自分の好きな動きを画面上のロボットが同じように動いてくれるので、これまでのゲームとは全然違う臨場感を感じられるでしょう。

 

ロボットキットにはカロリー計算機能もあるので、ダイエットとしても活用できそうですね。

 

わかる について

 

 

「わかる」は、どのように音が鳴る仕組みなのか、どうやってロボットのパーツが繋がっているのかなど、

「つくる」の過程の中で実際の仕組みを理解していくことです。

 

仕組みを理解することで知識がついて、さらにあそびの幅が広がるように応用できます。

日常生活にも活かせそうですね。

 

スポンサードリンク

Nintendo Laboのソフト「Toy-Con」は2種類

ダンボールで作ったキットは正式には「Toy-Con」といいます。

現在発売しているのは、「バラエティキット」と「ロボットキット」の2種類。

 

バラエティキットでは、「リモコンカー」、「つり」、「おうち」、「バイク」、「ピアノ」の5作品です。

Toy-Con RC Car(リモコンカー):左右のコントローラーを組み立てたリモコンカーの中に差し込み、Nintendo Swtich本体のタッチスクリーン操作を使ってリモコンカーを操作します。

コントローラーのHD振動機能が車が走るときの振動を再現します。2つのリモコンカーを組み立てるための素材が同梱されています。

Toy-Con Fishing Rod(釣竿):Nintendo Switch本体を支えるクレードルにつながった、回転式リール付きの釣り竿を組み立てます。

Switch本体のスクリーン上で泳ぎまわっている魚に向かって釣竿を投げ入れ、リールを緩めて釣針を下ろし魚を捕まえます。

リールにはめ込まれたコントローラーから振動を感じたら、すぐに釣竿を引っ張り上げ、急いでリールを巻いて魚をキャッチしましょう!

Toy-Con House(おうち):組み立て用のさまざまな種類のブロックを家の横と底のスペースに差し込むことで、正面を向いているNintendo Switchのスクリーン上で、おうちを触ったり、ゲームをしたり、生き物にエサをやったりすることができます。

家の煙突部分に差し込む右コントローラーのIRモーションカメラで、それぞれのブロックの異なる形状を認識します。

Toy-Con Motorbike(バイク):左右のコントローラーを組み立てたバイクのハンドルバーに差し込み、Nintendo Switchのスクリーン上でバイクを運転します。

イグニッションボタンを押すことでエンジンがかかり、右ハンドルを回すとスロットルが作動します。体を傾けたり、ハンドルバーを左右に曲げることでバイクを操作していきます。

Toy-Con Piano(ピアノ): 美しく作られた13キーのピアノを組み立て、Nintendo Switch本体とコントローラーを差し込めば、それぞれ異なるキーを押すことでオリジナルの音楽を創作することができます。

新しいサウンドエフェクトやトーンを変えるために別途組み立てられたノブも差し込むことができます。

 

次にロボットキットでは様々な動きができる「ロボット」を作ることができます。

Toy-Con Robot(ロボット):ウェアラブルロボットスーツを作り、ロボットになりきって操作するために左右のコントローラーをバックパックとバイザーの専用スロットに差し込みます。

Nintendo Switch本体を専用ドックにセットするとテレビにロボットが表示されます。

ゲーム内の建物やUFOを破壊することができるロボットモードを含めたたくさんのゲーム体験ができるようになっています。

 さらにどちらのキットも「Toy-Conガレージ」なるものが付属しています。

これでできる「あそびの発明」では、「Nintendo Labo」に用意された「ノード」の組み合わせでオリジナルのあそびを作り出すことができるんです。

 

 

ノードは「入力」「中間」「出力」の三種類。

入力は、「ボタンを押したら」「ふったら」「スティックを倒したら」「本体の向きがどうなっているか」などがあります。

はじめの動作で「何をすると?」が入力です。

 

中間は、「何回カウントすると」「何分経つと」「AND」などがあります。

入力したものからどうなるか、ですね。

たとえば、「ボタンを押して10カウントすると」のようなものです。

「AND」は「本体が上向きでふったら」のように入力を組み合わせることです。

 

出力は、「振動させる」「画面を光らせる」「音を鳴らす」などがあります。

入力をすることで起きる「何」が出力です。

 

【例】

ボタンを押すと音が鳴る

「ボタンを押したら(入力)」「音を鳴らす(出力)」

本体を10回振ったら音が鳴る

「ふると(入力)」「10カウント(中間)」「音を鳴らす」

 

このノードは様々な組み合わせができることもあり、

Nintendo Laboは、無限大の可能性を持ったオモチャ箱といえるでしょう。

 

スポンサードリンク

Nintendo Labo付属品も同日発売

さらに、任天堂のパーツ販売ページでは、Toy-Conを構成する各種シートやヒモ、

ハトメ、輪ゴムなどの付属品セットの販売もしています。

価格は150円(税抜)からとなっています。

 

そして、このキットの見た目は本当にただのダンボールなので、

どうせなら自分らしいデコレーションをしたいという人向けに、

「デコるセット」と「マスキングテープ」も販売しています。

 

「デコるセット」は980円(税抜)。セット内容は下記です。

  • マスキングテープ(2種類)
  • ステンシルシート(2枚)
  • 任天堂キャラクターの目やバラエティに富んだシール(2種類)

 

「マスキングテープ」は5種類で各500円(税抜)。詳細は下記です。

  • Nintendo Labo(アイコン/ピクト)
  • Nintendo Labo(ステンシルロゴ/Toy-Con)
  • スーパーマリオ(カモフラージュ)
  • スーパーマリオ(キノコ/ハテナブロック)
  • スーパーマリオ(テレサ/キラー)

自分だけのキットを作成してみましょう!

 

ダンボールは子供にやさしい!制作のこだわり

ゲームというと小さい子供も扱うものです。

制作陣が気をつけたのは、もちろん安全性。

 

実はダンボールは、日本では再生紙を使用しているものが多いそうです。

再生紙を使うということは、違う言い方をすると、「いろんな物質が含まれている可能性がある」ということ。

さらに、Nintendo Laboは日本以外にも北米・欧州の3地域で生産しているため、各地域のダンボール規格に合格する安全性の高いものでなければなりません。

 

そのため、Nintendo Laboのダンボールは3地域の規格に合格した、安全性に優れたダンボールを使用しているのです。

こういった点も安心材料の一つですね。

 

Joyのヒトコト。

またすごいゲームソフトが出てきましたね!

ダンボールを使うというのが、ゲームの進化の過程からすると脱しているようにも感じますが、

ここにも遊びが含まれているのかもしれませんね。

奇抜なNintendo Labo、ぜひ楽しんでみてください!

 

Joy
以上、Joyでした!
スポンサードリンク

-エンタメ
-, , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.