家政夫ミタゾノ3

家政夫のミタゾノ3第1話ネタバレあらすじ感想!丼業界のドンの命を狙った犯人は?

投稿日:2019年4月15日 更新日:

今回は「家政夫のミタゾノ3」第1話のネタバレあらすじ・感想をまとめました。

過去2シーズンにわたって放送され、人気を博したドラマ!

主演の松岡昌宏さんが”家政夫”として依頼主の家庭に入り込み、その家庭に隠された秘密を暴くというドラマです。

早速、「家政夫のミタゾノ3」第1話のネタバレあらすじ・感想を紹介します。

 

スポンサードリンク

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話のあらすじ&ゲストキャストは?

 

1年ぶりに復活する「家政夫のミタゾノ3」!

第1話はどのような内容なのでしょうか?

まずはあらすじの紹介です。

 

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話のあらすじ

とあるアラブの国で石油を採掘する一族に仕えていた三田園薫(松岡昌宏)は、『むすび家政婦紹介所』の所長・結頼子(余貴美子)からの「すぐ戻ってきて!」という電話で日本に呼び戻される。

脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていた『むすび家政婦紹介所』だったが、晴れて営業を再開。

それを機に、頼子の甥・村田光(伊野尾慧)と、新人家政婦の恩田萌(川栄李奈)という新しいメンバーを迎え、三田園は光の“教育係”として呼ばれたのだった。

さっそく三田園たちが派遣されたのは、個人資産800億円とも言われる丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也)の家。

丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』の成功で一躍トップに上り詰めた飲食業界のドン・丹波は、家政婦の採用にも「モデルのような高身長で、若くて美しい顔の女性」と厳しい条件を設けており、なかなかそれをクリアできる人材がいなかったところ、「三田園なら」と白羽の矢が立ったのだ。

しかしやってきた三田園たちを追い返そうとし、あろうことかライフルまで向けて威嚇する丹波。

だがそのライフルの中に割り箸が入っていたことを即座に見破った三田園は、その鋭い観察眼を認められ、“家政婦兼ボディーガード”として正式に雇われることになる。

「何者かに命を狙われている」と打ち明けられたその矢先、西洋甲冑の斧が倒れてきたり、床が滑りやすくなっていたり、と、三田園たちは相次いで丹波が命の危機にさらされる瞬間を目の当たりに。

丹波には歳の離れた若き美人妻・ユリア(太田莉菜)がおり、彼女の存在を快く思っていない妹の悦代(大島さと子)をはじめとした人間たちがチラホラ。

いつものように“覗き見ゴコロ”をくすぐられた三田園は、光が制止するのも聞かず、丹波の命を狙っている人間の正体を暴こうと行動を開始する。

すると、思いもよらぬ真実が次々と明らかになっていき…?

 

「家政夫のミタゾノ3」公式サイトより

 

「家政夫のミタゾノ3」では、伊野尾慧さんが所長の甥の村田光役、川栄李奈さんが新人家政婦の恩田萌役で登場します。

伊野尾慧さんは主演の松岡昌宏さんと同じジャニーズ事務所に所属し、Hey!Say!JUMP!のメンバーとして活躍中です。

また、川栄李奈さんは元AKBのメンバーで、演技力に注目が集まる若手女優さんです。

二人が主演の松岡昌宏さんとどのようにドラマを盛り上げていくのかが楽しみですね!

 

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話のゲストキャストは?

 

第1話のゲストは大和田伸也さん、太田莉菜さんです。

お二人の役どころを紹介します。

 

大和田伸也さん(丹波幸之助役)

 

俳優はもちろん、声優やナレーターもこなす幅広い活躍を見せる大和田伸也さん。

第1話では、「丼専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』のトップで、資産800億円を持つ飲食業界のドン」という役を演じます。

大金持ちという役が似合いそうですね!

 

太田莉菜さん(ユリヤ役)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

・ RBS 2019 Spring / Summer Collection 2nd Delivery 2019.4.5 Release! @rbs_beams_official #beams #raybeams #rbs_raybeams #ビームス #レイビームス #アールビーエス #太田莉菜 https://www.beams.co.jp/rbs/

BEAMSさん(@beams_official)がシェアした投稿 –

 

第1話のもう一人のゲストは、人気モデルの太田莉菜さんです。

太田莉菜さんは「丹波幸之助の歳の離れた美人妻」という役を演じます。

美人の太田莉菜さんにはピッタリの役どころですね!

 

スポンサードリンク

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話のネタバレ!丼業界のドンの命を狙った犯人は?

 

以下、「家政夫のミタゾノ」第1話のネタバレです。

先に紹介した「あらすじ」の続きとなります。

 

丼業界のドンの命を狙った犯人は?

丼業界のドン・丹波幸之助(大和田伸也)のボディガードとして雇われたミタゾノ(松岡昌宏)。

ミタゾノと新人家政夫の村田光(伊野尾慧)は寝室を掃除する。

そこでミタゾノは妻・ユリア(太田莉菜)のバッグを覗き見る。

するとそこには海外で男と映っている写真が何枚も…….。

そして、夜中にミタゾノは丹波の命を狙う犯人を捜し始めた。

妻のユリア、妹の悦代(大島さと子)をはじめ、どの人物にも動機はある。

しかし決定打がない。

翌日、丹波が目を覚ますと、大事にしていた愛犬のロボット「ラブ」が壊れていた。

また、丹波には大事にしているどんぶりがある。

それは、先代から受け継がれたどんぶり。

このどんぶりは、信長が愛用した幻のどんぶりで、不老不死の器と言われているらしい。

どうやらミタゾノには真実が分かったようだ。

 

事実は思わぬ方向に!

ラブの中に隠していたカメラの撮影動画により、実は、妻のユリアをはじめ、6人全員がグルだと分かった。

そして、6人全員で丹波のもとに向かった。

それを阻止しようとした光が転んでしまい、丹波が大切にしていた丼を壊してしまう。

だが、話は思わぬ方向に急展開する。

なんと、6人全員が丹波に「健康診断に行ってほしい」と願い、力づくでも健康診断に連れていこうとしていたのだ。

さらに不老不死の幻の丼「せいどん」は、ただの100円ショップの茶碗だったのだ。

そして、ミタゾノは全員の前で、丹波が先代の替え玉であることをばらしてしまう。

30年前、売れない劇団員をやっていた25歳の中島みのる(大和田伸也)に、丹波が声をかけてきた。

本物の丹波は当時、余命宣告を受けていた。

自分が死んだら丹波フーズが潰されることを心配した丹波は、「自分の替え玉となって丹波フーズを運営してほしい」と中島にお願いした。

本物の丹波は既に死亡。

そして、替え玉の中島みのるは55歳であった。

実は、斧が倒れたこと、油が床にまかれていたこと、ロボット犬が壊れていたことなどの一連のトラブルの犯人はミタゾノだった。

 

ユリアの正体!

「遺産なんていらない」と言っていた妻のユリア。

実は、ユリアはアラブの石油王の娘でお金には全然困っておらず、本当にお金はいらなかったのだ。

そして、写真に写っていた男たちは、父親の仕事を手伝っていた人たちだった。

ユリアまでいなくなり、崩れ落ちる丹波。

光は、丹波と同じ境遇だったからこそ惹かれたのだと言った。

そして、ミタゾノは男の声で「お金に目がくらんでいたのはお前だけなんだよ」と言い放った。

だが、ユリアは丹波の元に戻ってきた。

そして、「替え玉でもあなたのことが好きなの」と言った。

 

スポンサードリンク

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話みんなの感想は?

 

4月19日(金)よりスタートした「家政夫のミタゾノ3」。

このシリーズでは、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さん、女優の川栄李奈さんを迎え、スタートしました。

しかし、第1話を見たネットユーザーからは、伊野尾慧さんの演技が「大根すぎない?」と批判が集まっているようです。

 

普通の役ができない役者っているんですね
あの演技は下手かもしれんけど。。

 

特に批判が集まったのが、ミタゾノが家事の豆知識を説明しているシーン!

そのとき、「伊野尾さんは静止している」という設定ですが、グラグラと動いているのがテレビ越しに分かりました。

これには以下の投稿がありました。

 

伊野尾の静止の演技がワザとなのか下手くそなのか…あっこは笑った

 

伊野尾慧の演技が今後も視聴者の批判を買わなかければいいのですが…

ちょっと心配です。

 

スポンサードリンク

ドラマ「家政夫のミタゾノ3」第1話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

 

今回は「家政夫のミタゾノ3」第1話のネタバレあらすじ・感想をまとめました。

伊野尾慧さん、川栄李奈さんを迎えてストーリーが展開されるこのシリーズ。

伊野尾慧さんの演技が大根の点に不安を感じました。

果たして、第2話はどのような内容なのでしょうか?

引き続き、放映後にネタバレを紹介していきます。

スポンサードリンク

-家政夫ミタゾノ3

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.