Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ルパンの娘

ドラマ「ルパンの娘」原作ネタバレ!最終回結末の違いはある?

投稿日:2019年5月13日 更新日:

この記事では、ドラマルパンの娘の原作ネタバレや、ドラマでは結末の違いがあるか予想しています。

2019年7月から、ドラマルパンの娘の放送が決定しました。

原作が面白かったので実写化されることで、さらにルパンの娘ファンが増えることが予想されます。

そこで今回は、ドラマルパンの娘の原作ネタバレと、ドラマでは結末の違いがあるか予想します。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ注意】原作の最終回やドラマとの結末の違いが気になるルパンの娘について

まずは、ルパンの娘についてご紹介します。

 

ドラマルパンの娘の原作について

ルパンの娘の原作は、2015年8月に発表され、累計発行部数10万部を突破したロングセラー小説ルパンの娘です。

作者は横関大さんで、小説家や推理作家として活躍しています。

横関大さんは、再会という小説で第56回江戸川乱歩賞を受賞し、作家デビューしました。

その後コンスタントに作品を発表し、ルパンの娘は非常に思い入れの強い作品だということです。

 

 

泥棒一家の娘と警察一家の息子が、恋に落ちたらどうなるかを描いた小説は、誰かが映像化してくれるに違いないと、横関さんも感じていたようです。

ファンからも実写化を望む声が多かったので、喜びと期待が高まっています。

 

ドラマルパンの娘について

ドラマルパンの娘は、フジテレビ系列で2017年7月から放送されます。

毎週木曜日の22:00〜22:54に放送されるということで、続々と詳細も発表されています。

木曜劇場という冠がつく、この時間枠で放送されるドラマは、原作の魅力を活かしつつ、ドラマオリジナルの要素を加え作り出されることで、定評があります。

ルパンの娘にどんな違いが生み出されるのかも、気になるところです。

そしてキャストは、泥棒一家の娘役に深田恭子さんが、警察一家の息子役に瀬戸康史さんが、起用されます。

他のキャストは随時発表されると思いますが、この配役は素晴らしいですね!

映画ヤッターマンのドロンジョを演じて以来、10年ぶりとなる泥棒役を演じる深田恭子さんは、どういった女性像を演じてくれるのでしょうか。

NHKの連続テレビ小説の出演で、より幅広いファン層を獲得した瀬戸康史さんの、ピュアな刑事役も見どころですね。

 

 

ドラマルパンの娘は、恋愛模様・家族ドラマ・泥棒と警察の攻防戦など、ストーリーの見どころはふんだんにあり、アクションシーンやミュージカルの演出まであるとのことです。

奇想天外なラブコメディーが、今から楽しみで仕方ありません。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ注意】ドラマとの違いが気になるルパンの娘原作の結末について

続いて、ルパンの娘原作のあらすじや結末について、ご紹介します。

 

【ネタバレ注意】ルパンの娘原作のあらすじ

原作のルパンの娘では、泥棒一族Lの一族の娘と、家族全員が警察官という青年が、許されない恋愛に突き進んでいく物語です。

主人公の三雲華は、泥棒一家Lの一族の娘で、泥棒稼業を継ぐことを拒んで、図書館司書として働いています。

そして、警視庁捜査三課に所属する刑事の桜庭和馬は、代々警察官を輩出する家庭に育ったサラブレッドです。

2人は図書館で出会って恋に落ち、ある日和馬の実家に行くことになりました。

ところが華は、玄関に飾られていた桜庭家の家族写真を見て愕然とし、許されない恋をしていることに、気がつくのです。

結婚を考えていた和馬と、いずれ別れなければならないと、華は暗い気持ちを抱えます。

そんな中、華の祖父である巌が、何者かによって顔を潰され殺害されるという事件が発生します。

和馬は事件の捜査をはじめ、華も祖父の事件の真相を追うことを決意します。

 

【ネタバレ注意】ルパンの娘の結末は?

結論から言うと、原作のルパンの娘は、ハッピーエンドの結末を迎えています。

二人の結婚の行方と、祖父の殺害犯探しが絡み合い、どんどん物語は進んでいきます。

原作は大きく4章に分けられますが、これまでの流れが最終章で一気にひっくり返されます。

原作を読んだ方は、殺人事件や家族間でのやりとりなど、伏線となったトリックに騙された方が多いのではないでしょうか。

双方の家族の愛情はとても深く感じられ、人情味のある作品です。

最後のハッピーエンドのシーンでは、大どんでん返しが起こった印象ですが、こんな幸せな世の中になってほしいと感じずには入られませんでした。

 

 

内容が気になる方は、ぜひ原作をチェックしてください!

 

スポンサードリンク

原作ネタバレを踏まえてドラマルパンの娘の最終回や結末に違いはある?

ドラマルパンの娘の、公式ホームページに掲載されたイントロダクションは、下記になります。

 

『ルパンの娘』は、代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディー。泥棒一家“Lの一族”(Lは大泥棒・ルパンの頭文字)の娘で、家族の誰よりも盗みの才能を持つものの家業を継ぐことを拒み、普通に生きていくため図書館司書として働く主人公の三雲華(みくも・はな)を演じるのは、深田恭子さん。悪党しか狙わないことをモットーとしている“Lの一族”ですが、盗みの計画の先には、当然のごとく泥棒逮捕を仕事とする華の恋人・桜庭和馬(さくらば・かずま)がいつも関わっていて、彼は時に悪党たちに襲われるなど窮地に陥ってしまいます。主人公の華は、大好きな和馬を救うために葛藤しながらも、ついつい一家の泥棒の手助けをしてしまうという役どころとなります。

引用:https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/introduction/index.html

 

このイントロダクションを見るだけでは、なんとも予想がしづらいですが、演出やストーリーの進行には、原作と異なるエッセンスが加わることは間違いないでしょう。

おそらく最終回がハッピーエンドになることは間違いなさそうですが、異なるストーリーや新たなキャラクターなども、期待できそうです。

木曜劇場で放送されるドラマは、原作を大胆にアレンジした作品も過去にありましたので、注目したいです。

また映画「翔んで埼玉」で、脚本を担当した徳永友一さんと監督の武内英樹さんが、ルパンの娘でもコンビを組むということです。

この二人が組んで、ただ単純に原作をなぞるだけの演出をするわけがありません。

いい意味で癖の強い作品になりそうです。

 

 

今年の夏以降は、ルパンの娘にハマる人が急増しそうですね。

 

スポンサードリンク

ドラマルパンの娘原作ネタバレと最終回結末の違い!まとめ

今回は、ドラマルパンの娘の原作ネタバレと、ドラマでは結末の違いがあるか予想しました。

キャストも演出も期待感を高めてくれますが、原作との違いも気になるところです。

どんな違いを見せてくれるのか、その世界観が今から楽しみです!

 

スポンサードリンク

-ルパンの娘
-, , , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.