緊急取調室

緊急取調室3ネタバレ2話とキントリドラマの感想!有希子vs女流棋士!王手をかけるのは・・・?

投稿日:2019年4月18日 更新日:

この記事ではドラマ「緊急取調室(キントリ)3」第2話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けします。

女流棋士同士の戦い、キントリチームは王手をかけることができるのでしょうか

では早速、ドラマ「キントリ3」第2話ネタバレ・あらすじ・感想を見ていきましょう!

 

キントリ1~3が全部タダ?!お得な動画配信情報はこちらでチェック!

「キントリ1~3」のお得な視聴方法調査!

 

スポンサードリンク

ドラマ「キントリ3」第2話のあらすじ&ゲストキャストは?

今回は流行っている将棋の世界から、「女王VSアイドル棋士」勝負の行方は?

今回も波乱の展開になりそうな予感が伝わってきますね!

将棋部出身の玉ちゃんの活躍が見られそうな気がします。

 

ドラマ「キントリ3」第2話のあらすじ

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)ベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。

 ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!

 真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。

 これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

 

 

「緊急取調室」公式サイトより

棋士が相手、きっと何手も先を読むのが得意な人たちなので、取り調べは難航しそうですね。

そして二元同時取り調べ!一体どのようにして行われるのか、ペアリングも気になりますね。

どのようにカメラを回すのかも・・・第2話も非常に面白そうです!

 

ドラマ「キントリ3」第2話のゲストキャストは?

第2話は女流棋士の戦いです、ゲストはこの素敵なお2人!

  • 松井珠理奈
    20歳の新進女流棋士・橘日名子役。女性初のプロ候補として期待される棋士。
  • 紺野まひる
    ベテラン女流棋士・宗形あずさ役。
「キントリ」1~3の歴代キャストをまとめてみたら、圧巻だったので覗いてみて!

 

スポンサードリンク

ドラマ「キントリ3」第2話のネタバレ!究極の心理戦、ここにあり!

緊張感走る女流棋士戦、対戦するのは破竹勢いで連勝を重ねる女流3段20歳の「橘日名子」とそれを受けて立つ女流6段39歳「宗方あずさ」です。

その中継を熱心に見ている玉垣と菱本、玉ちゃんは日名子、菱さんはあずさを応援しているようでした。

日名子はあずさが12年前に打ち立てた21連勝の記録を破ろうとしているところでした。女性初のプロ棋士が生まれるかもしれない歴史的な一戦、注目が集まっているようです。

梶山は将棋は究極の心理戦、取り調べにも役に立つかもと話します。

有希子は全く将棋に興味がないようでした。

 

怪死!?

女流棋士戦の解説にはスポンサーの大庭も来ていましたが、体調不良で退席、部屋に戻りお茶を飲むと苦しみ出し倒れてしまいます。

棋士戦中でしたが大庭の死がわかり警察沙汰に、中継は終了、後日に延期になりました。

現場にやって来るのはモツナベコンビ、相変わらず監物は遺体が苦手なようです・・・。

将棋の駒等を片付けてもいいかと問うあずさでしたが、現場を保存すると監物、女流棋士2人から話を聞くことになります。

そこであずさは「私見ました、彼女が橘日名子3段が犯人です。」と監物に言うのでした。

 

みなさん、出番です。

取調室には橘日名子が到着、梶山はいつものように「みなさん、出番です」と取り調べを開始します。

大庭の死因はマタゴダケによる中毒死、しかしマタゴダケは通常は幻覚と発汗が続くのみで死に至った症例はほとんどありませんでした。

しかし大庭は体型維持のため常に下剤を服用し、それが原因で脱す症状、そしてマタゴダケの毒性が顕著に現れたようです。

日名子は下剤を飲む習慣を知っていたのか?と有希子は疑いますが、玉垣は彼女が入れたとでも言うんですか!?と反論します、さらにそこに入って来るのは磐城です。

「いやいやいやいやいや、いや」日名子は対局の生中継中だったと慎重にやるように話します。

玉垣がメイン、有希子がサブで入ります。

初取り調べで緊張している様子の玉垣、しかし日名子は全く動じてません。

「私のことを疑っているんですよね?」と日名子、玉垣は動揺してしまいます。

すると日名子は自分から先手を打って来ました。

対局の前夜に大庭の部屋に行ったと言うのです。

会食後に部屋に訪れると、誰かに見られている気がしたと言うのです、それがあずさだったと。

大庭の部屋では対局に使用する駒の説明を受け、日名子が勝てば名前を冠にしたトーナメントを立ち上げると言われたそうです。

さらに大庭はあずさは引退したほうがいいと話したそうです。

あずさの妹が大病でお金がいると大庭に借金を申し入れて来たと。

また日名子はあずさが対局前から冷静さを欠いていたと、いつも冷静なのにおかしいと思ってようでした。

一方あずさは借金の申し入れのことを否定、確かに難しい病気を抱えた妹がいるのですが、対局料がもらえるイベントを回してとお願いしたそうです。

そこであずさが語るのは、日名子が大庭の部屋に入ったこと、22時過ぎに部屋を出て思いつめた表情をしていたということです。

元々大庭と日名子の関係を疑っていたあずさは悪手を打った日名子を訝しんでいたようでした。

しかし「対局中にあんな顔を見せていたのですから考え過ぎだったのかも」と話します、それは退席した時に廊下の花の香りをかいでいた写真でした。

 

玉ちゃんvs菱やん

対局中に席を立った日名子、その時に廊下で触っていた蘭の花から死因になったマタゴタケの粉末が発見されました。

日名子で決まりか?と話しますが「簡単に当たりなんて言わないでください!」と反論するのは玉垣でした。

将来有望の女流棋士が主催者を殺す動機がないと言う玉垣に対して「ムキになるんじゃねぇよ」と菱本、さらにヒートアップし「ムキになんてなってません!!!あなたが予断を持っているから指摘したまでです!」と玉垣が声を荒らげます。

これに怒った菱本、「じじいは帰って寝る!」と怒って帰ってしまいます。

さて、有希子と小石川、そしてモツナベコンビは対局場所に来て蘭がどこにあったのか確認します。

出来過ぎだと感じる有希子と小石川・・・当日使った駒はまだあるかと有希子、駒にもついているのではないかと話します。

すぐに科捜研に連絡、早速調べます。

有希子はあずさの席に座り廊下を見るとそこから蘭の花があった場所が見えるのでした。

一方帰ってしまったと思われた菱本はある場所に来ていました。

 

日名子vsあずさ

ひなこに家にやってくるのはあずさでした。

対局のことを褒め合う2人でしたが、何の用かと日名子は切り出します。

自分に嫉妬しているのではないかと日名子は話します、3段になってからは目も合わせないとあずさ。

アイドル棋士として活動する日名子に釘をさしますが、効率的にお金を稼いでるだけだと日名子は反論、ずっと勝っていると。

事件について知っていることがあれば教えあって善後策を練ろうとあずさは話しますが、何も知らない、さらにはあずさを疑う発言をします。

あずさもまだ日名子を疑い、2人は対極関係にいました。

 

面白くなってきたじゃない・・・???

「駒からマタゴダケが出たら橘日名子の手に付着していた可能性が高くなります。」

梶山の言葉に落ち込む玉垣、しかしそこに現れるのは菱本でした。

駒から出ても日名子とは限らない、他の誰かが日名子を陥れるために・・・とあずさが入れた可能性を示唆したのでした。

あずさのファンじゃないのかと言う有希子に対し、「贔屓の引き倒しはファンの風上にもおけねぇよ」と返します。

菱本が持って来た写真には蔵王連峰、あずさの実家は宮城出身なのです。菱本は宮城まで出向いたようでした。

妹が大病でお金がいるのも事実、さらに先日お見舞いに帰省していたようです。

そしてもう一つわかったのは、マタゴダケは裏山で当たり前のように取れると言うことです。

日名子を犯人にするために蘭にマタゴダケをつけた!?あずさは日名子の写真を見せるなど警察をミスリードしたのでしょうか。

そしてそれは将棋の駒、「玉将」を見ればわかると言うのでした。

基本的に上のものが「王将」を、下のものが「玉将」を使う・・・そしてそれは対局中絶対に相手が触れない駒です。

「面白くなってきたじゃない」と梶山、将棋の全くわからない有希子は「なんなのよ!」と憤慨するのでした。

 

二元取調べ、開始!詰めの時間です、早指しで!

日名子、あずさ両名が到着、2人は監物・渡辺それぞれに連れられて1階のエレベーター前で鉢合わせします。

そして取調べ開始前、いつものように手を合わせるキントリメンバー、「うぇーい」と手を下げいよいよ大詰めです!

日名子を取り調べるのは有希子と菱本、あずさを取り調べるのは小石川と玉垣です。

モニター室では梶山が、隣同士に並べた日名子とあずさの顔を映し出したモニターはまるで対局のシーンのようでした。

そこに入室してくるのは磐城、なんと磐城も直接見守ると言うのです、色々と話す磐城に梶山は「黙っていただけますか?真剣勝負なんです」と一喝。

取り調べはまず駒を検査したことに言及、しかしまだ結果は明かせません。

互い違いに一歩も譲らず均衡、2人は将棋の差し方すら真逆なのです。

しかし2人は意外と似ていると話すのは小石川、その時菱本はインカムから情報を得て何かを書いたメモを有希子に手渡します。

それを見てそのメモを返します。そして出て行く菱本、有希子は駒のことを話します。

「宗形さんが話し始めたので隠しておく必要がなくなりました」

菱本が来たのはもちろんあずさの部屋、メモを玉垣に手渡しますが、そのメモには何も書かれていませんでした。

「橘さんが話し始めたのであなたにも事実を話します」

これはエレベーター前で鉢合わせさせたのと同様戦略です。

そしてどちらの部屋でも話されるのは駒の件、結果はどちらにもついていませんでした。

つまり、日名子の手にはついていなかった?あずさにも?

菱本は率直にあずさに「毒を仕込んだのはあなたですか?」と聞きます。

「まさか、マタゴダケなんて手に入りません。」即座に否定するあずさ、しかし毒物がマタゴダケとは一言も言っていません、この発言は完全に墓穴です。

あずさの故郷では「マタゴを食べたら曲がりんす、ダメだと。」子供達に教えているのでした。

一方日名子、これで疑いが晴れたと話しますが、有希子は「毒物を入れた疑いに限っては・・・ね」と話します。

駒には毒物は見つかりませんでしたが、下剤の成分が見つかったのでした。

「私は橘3段が高校生の頃から対局を見ていました。」と切り出す玉垣、憧れだったと話します。

「逃げはあなたの勝負ではありません」と橘をまっすぐ見やって話します。

その言葉に、「相手を揺さぶる奇襲ね。参りました。」そう頭を下げるのでした。

日名子もあずさも大庭が死ぬとは微塵も思っていなかったようです。

そうでなければ警察に見破られるような手を打つはずがないのです。

あずさは大庭に八百長しろと言われました。20歳のアイドル棋士が連勝を重ねた方が話題になるからです。

その代わり借金に応じると・・・

あずさはどんな時も冷静に、真剣に将棋を指してきました、しかし解説に大庭がいると心が乱されると思い、対局の朝に大庭の部屋に行きました。

そこで八百長に応じるふりをし、借金の念書を書かせ、その間にマタゴダケを入れたのです。

対局の間、体調が悪くなればいいと思っていたのです。こんなことで警察沙汰になると思っていなかったのです。

一方日名子は大庭に泣けと言われたのです。八百長なんて嫌だと言ったのに、対局の後に日名子の名を冠にしたトーナメントを創設すると発表するその時に大げさにおどろけ、泣くくらいがちょうどいいと大庭は日名子に言います。

以前から八百長を持ちかけられた時のためにと用意しておいた増量タイプの下剤を用意しておいたのです。

お腹を下すくらいで警察はこないと思っていたのです。

あの日、2人は大庭社長が体調不良で帰ればそれでいいと思っていたのでした。

日名子の入れた下剤で脱水症状を起こした大庭、そこにマタゴダケ・・・通常よりも毒性が顕著に現れてしまったのです。

2人は期せずして協力して殺してしまったのです。

小石川は対局の続きが見られず残念と話しますが、あずさはまだ対局は終わっていないと、一方日名子は私は悪手を指していませんと話すのでした。

 

勝負の行方・・・面白くなってきたじゃない

居酒屋しんじでは梶山以外の4人が来ていました、そこに持ってくるのは「つみれ」と「かつ」の串焼き、そう「罪に勝つ」です。

そう言いながら現れるのはモツナベコンビ。一緒に飲み始めますが、有希子は席を立ちます。

小石川は帰る有希子を見つめるのでした。

有希子は仕事場に戻ってきていました、そこに帰ってくるのは梶山。

上に絞られていたようです、「敵はキントリの首を総取替する言い訳にしたい」のです。

持ち時間は、あまり無いようです。

「面白くなってきたじゃない」と有希子。

 

そして書き込むのは「勝負の行方」。

 

キントリ1~3が全部タダ?!お得な動画配信情報はこちらでチェック!

「キントリ1~3」のお得な視聴方法調査!
スポンサードリンク

ドラマ「キントリ3」第2話みんなの感想は?

今回も緊張感あふれる取り調べでした!

初めて2部屋で同時に取調べを行ったのですが、エレベーター前で鉢合わせする瞬間や、対極にいる紺野まひるさんと松井珠理奈さんの演技にもドキドキでした。

個人的には回想シーンからのカメラ目線での自白という手法のカメラワークがお気に入りです!前回もそうでしたが、今までと違うやり方でしたね。

そして将棋がメインのお話ということで今回も善さんが出てくれましたね、お写真だけでもキントリのメンバーと思わせてくれる演出が素敵でした。

シーズン3の取り調べを受ける人は女性縛りなのでしょうか?次回も女性でしたね!

そしてキントリ崩壊という文字が。。。なんだか春さんを抜くシーンが多かったような気もします・・・。

とにかく次週が待ちきれないですね。

さて、SNSではどんな感想が寄せられているのか、見てみましょう。

真剣勝負がしたい!その思いが交錯してこういう結果に至ってしまったのですね

シーズン3のカメラワークが本当に好きです!

クレジットの名前も、計って入れてくれている感がありますね

将棋もそうですが、究極の戦略と心理戦、今回も取り調べも非常に見応えがありましたね。

そして松井珠理奈さんを絶賛する声多数でした!天海祐希さんを始め豪華な役者さんたちとともに出演できたのはいいことですね!

きっとこれから女優さんとしてもっともっと活躍していくのでは無いでしょうか。

紺野まひるさんと天海祐希さんの絡みも見たかったですね!

 

スポンサードリンク

ドラマ「キントリ3」第2話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

この記事ではドラマ「緊急取調室シーズン3」第2話のネタバレ・あらすじ・感想をお届けしました。

最後の最後まで目が離せない展開にドキドキしました!

次週からキントリに危機が訪れるようです・・・一体どうなっていくのでしょうか。

次週も楽しみです。

 

スポンサードリンク

-緊急取調室

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.