凪のお暇

ドラマ凪のお暇の原作漫画ネタバレ情報!最終回結末はどんな展開か予想!

投稿日:

この記事では、ドラマ凪のお暇の最終回結末を原作漫画ネタバレから予想しています。

人生をリセットしたいと考えている人々の、心を代弁したような話題作の凪のお暇。

2019年7月より、ドラマ化が決定しました!

そこで今回は、ドラマ凪のお暇の最終回結末を原作漫画のネタバレから予想します。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ注意】原作の結末やドラマの最終回が気になる凪のお暇について

まずは、凪のお暇についてご紹介します。

 

凪のお暇原作は漫画

ドラマ凪のお暇の原作は、秋田書店の発行するEleganceイブで連載中の漫画です。

2016年から連載が始まり、大人の女性を中心に人気を博しています。

コミックスの累計部数は200万部を突破し、マンガ大賞を受賞するなど、注目度が高い作品です。

 

 

作者はコナリミサトさんで、凪のお暇と並行して、黄昏てマイルーム・浮遊教室のあと、などの作品を連載中です。

凪のお暇では、節約が趣味の28歳OLの主人公が、全ての人間関係を断ち切り新しい生活を始める様子が描かれています。

 

https://twitter.com/miorin3310/status/1133330603955200000

 

今回のドラマ化は、原作ファンにとっては、まさに待望の瞬間だったと言えるでしょう。

 

ドラマ凪のお暇について

ドラマ凪のお暇は、2019年7月よりTBS系の金曜ドラマ枠で放送されます。

放送時間は22:00〜22:54と、1週間の疲れをリフレッシュしてくれる時間帯ですね。

主人公のOL役には、独特な雰囲気を持つ実力派女優の黒木華さんが抜擢されています。

 

 

ドラマや映画・舞台など幅広く活躍中です!

他のキャストも随時発表されるとのことで、今から楽しみですね。

主人公のOLは、関わっていた全ての人たちと連絡を絶ち、コンプレックスだった天然パーマもそのままに、自分が幸せになるため人生の再生を図ろうとします。

ふわりとした雰囲気ですが、凛とした強い何かを持っている黒木さんは、どのような演技をするのでしょうか。

黒木さんが演じる人生リセットに、どんなエッセンスが加わるのか注目です。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ注意】凪のお暇原作のあらすじ・登場人物について

続いて、凪のお暇原作のあらすじや最終回の結末について、ご紹介します。

 

【ネタバレ注意】凪のお暇原作のあらすじ

唯一の趣味は節約。

28歳OLの主人公、大島凪はこれまで窮屈な人生を歩んできました。

常に空気を読み、周囲に合わせて目立たず謙虚に振る舞います。

特徴的なくせ毛は、時間をかけてストレートに整えるなど、女子力の高い自分を演じていました。

そんなある日、同僚たちの凪に対する陰口を知り、さらにみんなに隠れて交際している慎二には、体目当てで近づかれたことを知り、過呼吸で倒れてしまいます。

その出来事をきっかけに、凪は会社を辞め、都心から郊外のアパートへ引っ越します。

全ての人間関係を断ち切った凪は、ゼロから新しい生活を始めようと、しています。

 

【ネタバレ注意】凪のお暇原作の登場人物

凪のお暇原作の、主要な登場人物は、下記になります。

 

  • 大島凪:原作の主人公。空気を読み続けたストレスで過呼吸を発症し退職。ノンストレスな生活に喜びを見出し、無職期間をお暇と称して満喫することを決める。
  • 我聞慎二:凪が勤めていた会社のエース社員で、他部署からも愛される会社中の人気者。密かに凪と付き合っている。
  • 安良城 ゴン:凪の住むアパートの住民。クラブのオーガナイザーをしている。
  • うらら:凪の住むアパートの住民。小学5年生で大人にはすごくクール。
  • うららの母:凪と年が近いこともあり、良き相談相手。
  • おばあさん:凪の真上の部屋に暮らしている老女。貧しげな様子から近隣住民に、おつり漁りババアと呼ばれている。
  • 坂本龍子:凪がハローワークで知り合った女性。以後悩みを相談しあえる友人に。
  • 凪の母:体裁を気にする上に娘を思い通りに操ろうとする毒親。

 

退職後に引っ越したアパートで、一癖も二癖もある住人の助けを受けながら、凪がたくましく自分らしく生きていこうと奮闘する様子が、描かれています。

 

【ネタバレ注意】凪のお暇最終回の結末は?

原作漫画の凪の暇は、現在連載中のため、最終回の展開はまだ読めません。

オリジナルストーリーとなることが予想されますが、ここではドラマ凪の暇の最終回が、どんな結末を迎えるのか予想します。

 

スポンサードリンク

【ネタバレ注意】凪のお暇原作から予想するドラマの最終回や結末は?

ドラマ凪の暇の、公式ホームページに掲載されたあらすじは、下記になります。

 

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の大島凪(黒木華)は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み「わかる!」と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、「良い意味で」のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな「なんだかなぁ〜」な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに「わたしの人生、これでいいのだろうか…」と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNSをやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。そして都心郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットのストーリーが始まる。

引用:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/

 

あらすじやキャストを見ると、原作との大きな違いはないようです。

基本的なストーリーの展開は、漫画のエピソードを引用して、ドラマでも反映されると考えます。

凪の人間関係では、彼氏の慎二のこともありますが、やはり一番解決したいのは、母親との関係でしょう。

 

 

凪の現状や人格構成に大きな影響を与えたのは、間違いなく凪の母だと言えます。

将来のことや、今後の母娘の関係性など、この辺が最終回ではピックアップされるのではないかと予想します。

凪の暇は、頑張る女性を応援するストーリーだと思うので、ハッピーエンドな結末であることを祈らずにはいられません。

個人的な願望ですが、母が今の凪を受け入れ、凪が幸せな気持ちになれる結末であって欲しいなと感じます。

 

スポンサードリンク

ドラマ凪のお暇の最終回ネタバレを原作結末から予想!まとめ

今回は、ドラマ凪のお暇の最終回ネタバレラストを原作の結末から予想しました。

ストレスの多い現代社会で、人々の心を代弁したようなドラマになるのではないでしょうか。

金曜日の夏の夜、ドラマ凪の暇で楽しく過ごしましょう!

 

スポンサードリンク

-凪のお暇

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.