インハンド

インハンドキャスト相関図!ドラマのゲストキャスト出演者も全網羅!

投稿日:

この記事では、ドラマ「インハンド」のキャスト相関図を、ゲストキャストまでしっかりご紹介しますよ。

いよいよ、紐倉の過去が明かされ、ストーリも本題に入ったドラマ「インハンド」。
ここらで登場人物とともに、ストーリー展開を整理したいと思います。

それでは、ドラマ「インハンド」、ゲスト出演者も含めたキャスト相関図のおさらいでーす!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「インハンド」キャスト相関図

こちらは、公式ホームページのキャスト相関図。

それでは早速、キャストについてご紹介していきますね。

 

レギュラーキャスト

主要人物3人

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

・紐倉哲(山下智久)
主人公の天才科学者。アメリカ勤務時代に関わった事件が原因で、現在は右手がロボットハンド。

・高家春馬(濱田岳)
紐倉の助手。救命救急の専門医だったが、第1話の事件をきっかけに病院をクビになり、紐倉のもとに舞い込んだ。

・牧野巴(菜々緒)
内閣官房サイエンス・メディカル対策室に外務省から出向中のエリート官僚。早く外務省に戻りたいので、仕事に対して前のめりな一面が。

 

牧野が所属する「内閣官房サイエンス・メディカル対策室」のメンバー

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

・網野肇(光石研)
「内閣官房サイエンス・メディカル対策室」の室長。警察庁から出向中で、そのうち本庁に戻れると考えている。大きな問題を起こさず平穏無事に過ごしたいと考えているため、牧野と対立することが多い。

・御子柴隼人(藤森慎吾)
上司や強者になびく分かりやすい風見鶏キャラ。年下の牧野からいいように使われ、なんだかんだで事件調査に協力させられていく。

そのほか、「内閣官房サイエンス・メディカル対策室」の一員。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

・熊谷美緒(高橋春織)
・城田幸雄(酒井貴浩)

官僚メンバー

・山崎裕(田口トモロヲ)
内閣官房の副長官補。

・大谷透(松尾貴史)
内閣官房の危機管理監。

・瀬川幹夫(利重剛)
厚生労働省の医政局長。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

新たに登場した、紐倉の過去に関わる主要人物

・入谷廻(松下優也)
紐倉のCDC(アメリカ疫病予防管理センター)勤務時代の助手であり、友人。5年前にフィリピンのある島で住人を襲ったエボラウイルスについて一人で調査を進めていた。実はエボラウイルスの発症は、生物兵器として改造されたエボラウイルスを運搬していた際に米軍機が墜落したことが原因だったため、その事実を隠蔽しようとするアメリカ陸軍に命を狙われ、自殺する。

 

・福山和成(時任三郎)
紐倉のCDC時代の上司。過去の事件について、牧野と高家に真相を明かした。入谷の遺品を、紐倉に届けさせる 。

 

・鍋島智樹(山中崇)
第4話で紐倉が調査した、製薬会社セクメトジャパンの研究員。かつて入谷が勤務していた会社で、ともにタッグを組んで研究をすすめていた。入谷が紐倉をCDCに引き抜き、事件をきっかけに自殺に至ったため、紐倉を憎んでいた。

・陣内志保(菜葉菜)
紐倉の義手のメンテナンスを担当する義肢装具士。幻視痛に苦しむ紐倉に睡眠薬を処方したりと、紐倉をサポートしている。

 

スポンサードリンク

ゲストキャスト

第1話

・江里口新(風間杜夫)
10年前、食害事件でシャーガス病になった娘を自殺で亡くしていた人物。事件に関わった人物に復讐するために 、シャーガス病でバイオテロを起こした犯人。

・倉井雄一(相島一之)
厚生労働所の事務次官。10年前に、事件をもみ消したトップの人物。

・黒野秀之(正名僕蔵)
事件が起きた台田総合病院の院長。シャーガス病の患者が死亡した事実を隠蔽しようとする。10年前の事件も倉井に圧力をかけられ隠蔽していた。

 

第2話

・金井渉(込江大牙)
ハートランドウイルスの最初の感染者。実は、感染源でありながらも発症しない“スーパースプレッダー”だったことが発覚。母親や父親を感染によって失ってしまう。事実を知り、悲しみに打ちひしがれるが、紐倉の言葉によって救われる。

 

第3話

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

・瀬見まき子(観月ありさ)
表向きはアンチエイジング治療を行う医師だが、実際は貧困国から違法で輸入した若者の血液を輸血していた。

・瀬見みき子(松本若菜)
まき子の妹で助手も務めていたが、ウェルナー病で若くしながら老いて変わり果てた姿で病死した。まき子 が老いに対して異常な恐怖心を持った原因でもある。

 

第4話

・源田恵奈(吉川愛)
幼なじみの3人を、治験アルバイトに誘ったことが原因で、“人を自殺させる病原体”により舞を自殺で失ってしまう。

・緒田貴成(岐洲匠)
恵奈の幼なじみのメンバーで、治験アルバイトの被害者。“人を自殺させる病原体”の正体に気づき、原因を調べる途中で倒れてしまうが、無事一命はとりとめる。

・水原舞(益田恵梨菜)
恵奈の幼なじみのメンバーで、治験アルバイトの被害者。2度、自殺しかけるが、何とか止められ助かる。

・菊池香織(河合優美)
恵奈の幼なじみのメンバーの一人で、“人を自殺させる病原体”により自殺で命を失ってしまう、最初の被害者。

・源田創子(紫吹淳)
恵奈の母で、外務事務次官。彼女の元へ届いた、「“人を自殺させる病原体”をバラまく」という脅迫状が、今回の事件の発端だった。

 

第5話

・キャラウェイ(ドン・ジョンソン)
アメリカ陸軍指揮官。エボラウイルスの事件について実権を握り、秘密を知った入谷を処分する指令を下す。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「インハンド」のキャスト相関図!&ゲストキャストまとめ

以上、ドラマ「インハンド」のキャスト相関図を、ゲスト出演者も含めて、どさーっとご紹介しました!

ついに紐倉の過去が明かされ、今後の展開も目が離せないドラマ「インハンド」。

今後、どのような未知の病気や事件が迫るのか!?

そして、入谷の想いを知った紐倉が、過去にどう立ち向かっていくのか!?

これからも楽しみに見守っていきましょ~。

スポンサードリンク

-インハンド

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.