いだてん

いだてんロケ地巡り!橋?マラソン場所?熊本?撮影場所を徹底調査

投稿日:

この記事では大河ドラマ「いだてん」のロケ地や撮影情報などを書いています。

大河ドラマ「いだてん」はNHK総合で放映されている大河ドラマです。

「いだてん」はオリンピックをテーマに、初めて世界を超え、オリンピックに出場した男「金栗四三」と、初めて日本にオリンピックを招致りた男「田畑政治」の物語。

現在は金栗四三(中村勘九郎)が初めてオリンピックに出場するストーリーを放送中です。

大河ドラマは、毎回大掛かりなセットが組まれていたり、普段はなかなか入ることのできない場所でロケをしていたりと、大河ファンにとっては放送終了後のロケ地は特定が急がれます。

早速いだてんも、「これは撮影所のセットなのか」、「どこかでロケをして撮影されているのか」、「これはどこで撮影されているのだろう?」、と思いながら聖地の特定を急ぐファンが後を絶ちません。

ここで、ロケ地が気になるいだてんファンのために、さっそく大河ドラマ「いだてん」のロケ地について紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

大河ドラマ「いだてん」クランクインの場所はどこ!?主なロケ地は?

12月まで1年間の長い物語を繰り広げる、大河ドラマ「いだてん」の記念すべきクランクインの場所は熊本県と発表されました。

現在、公式発表があるロケ地は熊本県芦北町、玉名市、美里町、山鹿市、人吉市、茨城県つくばみらい市、笠間市、栃木県鹿沼市、京都府京都市、三重県桑名市、静岡県掛川市、島田市、浜松市、川根本町、千葉県・九十九里町など。

さらに、スウェーデンのストックホルムでも撮影を行うという情報も確認されています。

熊本県は、金栗四三の故郷。そして静岡県浜松市は後半の主人公、田畑政治の故郷です。

 

金栗四三の故郷ははどこで撮影したの?春野スヤ(綾瀬はるかが)自転車で駆けていく段々畑のロケ地は?

さて、大河ドラマ「いだてん」は、2話から金栗四三の生い立ちが描かれていきます。

のどかな風景が続く山の中の小さな村。この大自然はどこがロケ地だったのでしょうか。

早速、いくつかのポイントをもとに、ロケ地を巡っていきましょう。

 

金栗四三の生家は現存する!?

金栗四三が上京するまで過ごした生家のシーン。

大河ドラマではよく見るつくりのこの実家は、流石にセットではないかと思った視聴者も多かったのではないでしょうか?

実は、金栗四三の生家は現存していて、実際のロケもこの家で撮影されているようです。

現在、ドラマのスタートを記念してか、記念館として一般公開をしているようです。

 

四三とスヤの青春時代を駆け抜ける段々畑は実在する!?さらに再会した石橋は恋人の聖地に!

スヤが自転車節を歌いながら颯爽と自転車で登場した場所は、熊本の番所の棚田

日本の棚田100選にも選ばれる場所で、秋にはヒガンバナが棚田を彩る素敵な場所。

当初はカーブミラーもなく、道路も舗装がされていなかったため、ミラーを取り外し、道に砂利を敷き詰めたとか。

 

そして、四三がスヤと共に青春時代青春時代を過ごす段々畑は、熊本の果樹園のようです。

熊本市の西区の果樹園ではないかということですが、いたるところに同じような果樹園が広がるため、正確にどことは特定が難しいようです。

ドラマ2話ではこの段々畑を歌いながらかけていく四三とスヤの甘酸っぱい青春にこの道が出てきます。

 

さらに、再会した橋の名前は二俣橋。名前はさておき、恋人の聖地になっているようです。

橋を見下ろすと、アーチがハートの形になるのだとか!

このハートが見られるのは、10~2月の午前11時半~正午ごろの約30分だけ!!

そんな場所で再会するなんて素敵な演出ですね。

現在は工事のためか、足場が張り巡らされているようです。

 

華麗なる三島家の一族!華麗すぎる洋館は実在する!?

さて、物語には、もう一人の日本人初のオリンピック選手がいます。

その選手こそ、生田斗真演じる三島弥彦。

三島弥彦の家は、各界にも顔が利くうえに、小説にもなるほどの超華麗なる一族!!

そんな三島家の華麗さが一瞬でわかる豪邸は、実在する洋館を使い、撮影されたそうです。

とはいえ、三島邸で撮影というわけではなく、三重県桑名市にある六華苑という場所で撮影が行われました。

六華苑は桑名市の実業家である諸戸清六邸の総称で、国の重要文化財です。

入館には入園料のほか、細かい決まりがあるようですが、敷地内は和洋が混同しているとても面白い作りになっているようです。

 

物語が交差する浅草。十二階はCG!?明治の歓楽街は!?

さて、登場人物たちが交差する浅草。そして、何度もシンボルとして出てくる十二階のロケ地はどこなのでしょうか。

実は、十二階こと凌雲閣は、残念ながら関東大震災で半壊しその後解体されました。

実際には、浅草駅の近くに存在したようで、近年、土台が見つかり、話題になりました

では、あの浅草の街並みはセットなのでしょうか。

どうやら、茨城県つくばみらい市にあるNHKエンタープライズが運営する施設、「ワープステーション江戸」というところで撮影がされているようです。

時代劇などで使われる街並みが存在した、オープンロケ地で、この度、大正から昭和の街並みが残る近現代エリアが開設されたようです!!

この施設は入館料がかかりますが、だれでも入れるようですよ。

 

マラソン中に走り抜けた長い橋は実在した!

第5話で、ついに羽田予選会の全貌が明らかになりますが、その道中、川にかかる長い橋の風景がきれいだと話題になりました。

この橋は、羽田までの道のりに存在するのでしょうか?

それとも、セット??

はたまたCG??

ご安心ください!この橋は実際に架かっています!!

名前は、蓬莱橋といって、静岡県島田市にかかる橋なんだそうです。

 

静岡県浜松市の商工会議所は、早くも関連商品の開発を始めている!?

後半の物語の主人公、田畑政治(阿部サダヲ)の生まれ故郷静岡県浜松市では、「おんな城主・直虎」放送後、久しぶりの聖地ということで、早くも関連商品の開発を始めているようです。

物語では、まだまだたまーに顔をだす程度の田畑政治。

現時点では、浜松市での撮影の情報は上がってきていませんが、今後、何らかの形で浜松市の街並みが登場することが期待されます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

大河ドラマ「いだてん」ロケ地や撮影場所まとめ

大河ドラマ「いだてん」のロケ地や撮影場所について紹介しました。

現時点で、ドラマは7話まで放送がされましたが、様々な場所で撮影やロケがされていることがわかりました。

三島家は、若干やりすぎと思うくらいの豪邸でしたが、実際にロケが行われた六華苑はさらに和の屋敷まであるというのは驚きでした。

金栗四三の生家も築200年以上、当時のまま残っていることにも驚いた方は多かったのではないでしょうか。

実際私は、流石に幼少期の撮影はセットだろうなとおもっていました。

出演者が実際に演技をして、その場に立った空気を体験したい方は是非現場を訪ねてみてくださいね。

スポンサードリンク

-いだてん

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.