いだてん

大河ドラマ「いだてん」キャスト星野源の出演いつから?英語スピーチ裏話!

投稿日:

この記事では大河ドラマ「いだてん」のキャスト星野源さんの役どころ等について書いています。

今までの大河のイメージをガラリと変えている大河ドラマ「いだてん」

星野源さんは大河ドラマ「いだてん」で、どのような役どころで出演するのでしょうか?

さっそく星野源さんの大河ドラマ「いだてん」の役どころ等について紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

大河ドラマ「いだてん」キャストの星野源の役どころとは?!

大河ドラマでは以前も「真田丸」で出演していた星野源さん。

今回も「いだてん」に出演します。

役どころは外交評論家でジャーナリストの平沢和重の役

阿部サダヲさんにはカンペも見ず、英語のセリフを難なくこなして頼りがいがある!というようなことを言われています。

この平沢和重は実在の人物です。

1909年香川県生まれで、東大を卒業した後は外交官として活躍しました。

その時に1940年東京オリンピック開催に向けて尽力していた喜納治五郎と出逢い、交友を深めます。

そして、一緒に日本へ帰国する船内で肺炎にかかってしまった喜納治五郎を看取った人物でもあります。

その後、オリンピック招致にむけて最終スピーチを行う予定だった北原英雄がケガのため欠席し、代わりにスピーチを行うこととなります。

そのスピーチは持ち時間を1時間のところ15分のスピーチでまとめあげ、IOC委員の心をつかみます。

こうして1960年東京オリンピック招致に成功するのです。

さて、星野源さん。

いだてん第一回ではこの演説のシーンで英語のスピーチを披露していました!

こののちは後半からが出番になってくるそうです。

脚本を書いている宮藤官九郎さんはお茶の間の奥様方を悩殺するステキなキャラクターとして登場させたいというような話をしていました。楽しみですね。

 

スポンサードリンク

ドラマ「いだてん」キャスト星野源はミュージシャンだし劇団員でもあった!!

星野源さん。

ミュージシャン、俳優業では大河からお笑いまでなんでもこなしちゃいますよね。

なんとエッセイやコラムも執筆してオールナイトニッポンのパーソナリティまでやっているマルチな才能を発揮している星野源さん。

そんな星野源さんを紹介したいと思います。

メモ

  • 生年月日 1981年1月28日生まれ
  • 出身 埼玉県
  • 血液 AB型
  • 好きなもの ラジオとゲームが大好き 

星野源さんの大まかな紹介でした!

実は星野源さん、デビューはインディーズで高校の同級生と「SAKEROCK」というバンドでデビューしています。

その後、2003年に劇団大人計画の舞台に参加して、これをきっかけに大人計画に所属しています。

その後は雑誌で細野忠臣さんと連載をしたり、映像制作などで受賞したり、やっぱりマルチに活躍していました。

その後、細野忠臣さんのすすめもあって、ソロデビューしています。

2012年にはくも膜下出血でお休みしていた時期もあった星野源さん。

その後、回復して、映画や声優、音楽活動などを行い、現在にいたっています。

最近では未来のミライでお父さん役で声優をしていました。

 

スポンサードリンク

まとめ~ドラマ「いだてん」キャストの星野源に注目しよう~

いだてんでは大人計画の俳優さんたちが大活躍

主宰の松尾スズキさんはじめ、脚本は宮藤官九郎さん、阿部サダヲさんに荒川良々さん。近藤公園さん。

そして星野源さん。

出演者発表会見では阿部サダヲさんにコメントを貰ったとき、星野源さんは緊張の面持ちで、高校時代から阿部さんの舞台を見てきた話をしていました。

そんな阿部サダヲさんと後半の「いだてん」の重要人物として位置づけられている役柄の星野源さん

どんな演技を見せてくれるか、今から楽しみですね!

スポンサードリンク

-いだてん

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.