いだてん

いだてんNHK大河ドラマ5話あらすじ感想ネタバレ!羽田の奇跡!世界記録編ついに完結!!

更新日:

この記事ではNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第5話を見逃してしまった方のために、「あらすじ・ネタバレ・感想」をまとめています。

いだてん5話、もうご覧になりましたか?

遂に「羽田の悲劇」ならぬ「羽田の奇跡」ともいえる、世界記録編が完結しました。

身体の弱かった坊ちゃん、金栗四三(中村勘九郎)が雨ニモマケズ誰も経験したことのない距離を走り、ついに丈夫な強い身体を持った世界記録保持者になりました。

まだだれも経験したことがない距離を走る出走者へ向けた永井(杉本哲太)の激励は少しジーンときた人も多かったのではないでしょうか。

まだ見ていない、見逃した方のために、早速「いだてん」5話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を紹介していきましょう!

 

スポンサードリンク

ドラマ「いだてん」第5話のあらすじは?

最初の永井の「生きて帰ってきてくれたまえ」は、まさに今、その場にいる誰も想像できないことが始まろうとしているんだなと思いますね。

そして、隈取の金栗四三再び!!

一体どんな内容になっているのでしょうか。

ここで、まだ5話を見ていない人のために、簡単にあらすじを紹介していきたいと思います。

高座に上がったほろ酔いの志ん生(ビートたけし)は、古典落語「芝浜」を語ると思いきや突然オリンピックの噺(はなし)を始める。時は明治44年、オリンピックへの参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。一方、金栗四三(中村勘九郎)は、10里およそ40キロメートルという未体験の長さのマラソンに挑む。ライバルたちとの激しいデットヒートの先に、憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!

NHK大河「いだてん」公式サイトより

前回に引き続き、酔っ払って高座に上がった古今亭志ん生の「芝浜」から物語は始まります。

誰も経験したことがない前人未到の10里を走る金栗四三。

そして、前回オリンピック出場を家族から大反対された弥彦が、遂に動き出します。

弥彦のオリンピック参加の行方は?四三が世界記録をたたき出した10里の道とはどれほど過酷だったのでしょうか?

以下ネタバレです。

 

スポンサードリンク

ドラマ「いだてん」第5話のネタバレ!世界の20分先を走る男爆誕!遂に物語は1話を超える!?

さて、5話のネタバレをしていきたいと思います。

前回芝浜の稽古をしながらお酒を飲んでしまった志ん生は、その後の高座で芝浜のさわりを語り始めます。

めずらしい」と美津子(小泉今日子)から言われた、芝浜の行方、それは明治44年11月の羽田でした。

前回大会に出場しないで裏方に徹すると宣言した弥彦は、出場選手をの奮闘を見ているうちに闘争心に火が付き始めます。

ふと治五郎の言葉を思い返した弥彦は、遂にあることを決意します。

 

痛快男子十傑!三島天狗の決意

「ちょっと待ったー」

その声の主は弥彦でした。

弥彦は、大会出場を決意して、飛び入りで参加をするのです。

「いっちょやりますかぁ?」

弥彦の出場に湧き上がる観客の女性たち。

「スポーツの覇王」と呼ばれる弥彦はその後、各種競技で金メダルを獲得していきます。

そんな弥彦を観客席で見つめる永井は「実は弥彦は、最初から出るつもりだったのでは」と疑います。

弥彦はスパイクをはいていたのです。

 

遂に始まった10里の旅、実況は孝蔵がお送りします

そんな中、ついに四三の出場するマラソンがスタートしました。

車夫の清さん(峯田和伸)も出場します!

雨が降り、日差しが照り付けるなか、次々にでる脱落者たち。車夫で足に自信があった清さんも足袋を投げ捨て、歩き出してしまいます。

四三はというと、最下位スタートから徐々に順位を上げていき、遂に3位に浮上しました

2位の白井選手は途中からフラフラになり、そこからは韋駄天候補の小樽水産の佐々木との一騎打ち

佐々木は途中で空腹に耐えきれず、通りがかりの商店でパンをひとかけら食べてしまいます。

「お金は後日払う」と商店の女性を説得し逃げるように走り出す佐々木と、それを追いかける四三。そして、佐々木を追いかける町の人。

四三は佐々木を追いかけ続けます。

途中、佐々木は立ち止まり、四三をにらみつけ、再び走り出しました

そんなこんなで、走り続けた10里。現在、脱落者は13人。

会場では、羽田の悲劇になるのではないかと、治五郎が責任を問われます。

そして、運命の時がやってきました。

ゴール直後、嘉納治五郎先生にやっと抱っこしてもらった四三。

雨にも負けず、風にも負けず、暑さにも負けず、世界記録を20分も更新し、ゴールした四三。

水を飲むのかという問いに、いらないと答えます。

「世界記録が夢になってしまうから」

 

志ん生、運命の出会い

 

羽田で世界記録が出るか出ないかという頃、志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)は、清さんの代わりをお願いされた車夫の仕事もさぼって昼寝をしています。

ちょっといいかい?と聞く客を次々と断る孝蔵。

その時、運命の出会いをします。

なんと、憧れの橘家円喬(松尾スズキ)だったのです

「人形町までやっておくれ」

孝蔵は、円喬の稽古をBGMに人形町まで駆け抜けます。

無事、人形町に送り届けると、孝蔵は「弟子にしてください」と土下座して頼み込むのです。

少し考える円喬でしたが、明日も人形町まで頼まれます。

それを機会に、孝蔵は酒もかけ事もやめ、弟子に専念しようと決意します

清さんや、花魁の小梅(橋本愛)に冷やかされながらも浅草で師匠を待ち続ける孝蔵。

あまりにも冷やかされるので、孝蔵は来るか来ないかで賭けをはじめてしまいます。

賭け事はやめたんじゃないのかい?

声の主は円喬でした。

 

世界を超えた四三、その後

四三、前人未到の10里走破&世界記録更新のその日、会場では本当に世界記録は間違いではないのかと審議がされます。

13人の棄権、5人の走破。そして世界記録を20分も更新。

無理だと思っていただけに本当に正確な記録になるかなど不安が広がってしまうのは無理がありません。

しかし距離も正確に計測されている、治五郎もずっとストップウォッチで計っていたと主張します。

「いかにも疑わしいわ!」

そう唱えたのは、まだ珍しかった「女流記者」本庄(山本美月)でした。

大雨で滑りやすい道に加え、3位になった白井は夢遊病のような状態、佐々木はコース上にない水瓶で水を飲んでいたなど、四三は本当に正規のルートを走っているのかという疑問を投げかけます。

「何より今は優勝した金栗君と、完走した5人を讃えようではないか!」

本庄の投げかけた疑問に余計不安な空気が立ち込める中、口火を切ったのは弥彦でした。

「金栗四三選手、世界記録(ワールドレコード)を破る!」

この号外は東京中にわたりました。

その日の町は、お祭り騒ぎ。移動のための車には町の人たちが詰め寄る始末。

寄宿舎でも祝勝会を開いてもらえます。

普段おとなしく治五郎に付き従う徒歩部の顧問、可児徳(古舘寛治)もご機嫌でお酒を浴びます。

その光景を外から眺める猫を抱いた男性がいます。

四三と共に上京した美川秀信(勝地涼)です

美川に気が付くと、四三は駆け寄ります。

すっかり時の人となってしまった四三に、美川はお祝いの言葉をかけます。

どこかぎこちない美川と、呼び戻される四三。

そんな後ろ姿を美川は見送ります。

 

勝つために

羽田の競技場では、天狗たちと治五郎が祝杯を挙げています。

たいまつを持って走ったり、楽しそうな治五郎。

そんな勝利ムードの中、四三は眠れずに、故郷へ手紙を書きます。

しかし、前回の兄からの返信を思い出し、すぐに手紙を書くのをやめてしまいます。

そして、1冊のノートを作りました。

「勝つために」

勝ったのに?

次回も勝つために今回の勝利について自分なりに分析をしていきます。

1 排便ヨシ

今回は、道に迷ってしまったため、あまり食事がとれていませんでした。

それが功を奏し、適度な空腹状態によって快活に走ることが出来たと分析をします。

さらに、もし、これが空腹すぎたら、佐々木君のようになってしまったのではとも推測。

2 服装バヨシ

服装も、長そでだったことがよかったと分析します。

雨による寒さに適していたのだと。

3 問題は足袋

しかし、足袋が距離に耐えられず、壊れてしまったことは課題になっています。

この足袋の改良が今後の課題になるのではと分析しました。

 

早速四三は播磨屋へ向かいます。

播磨屋の店主、黒坂幸作(ピエール瀧)は、播磨屋の足袋で世界記録を出した四三を温かく迎えます。

そんな黒坂に、四三は足袋の問題点をぶつけます。

最初は我慢しながら聞いていた黒坂ですが、遂に我慢の限界にきてしまい、四三を追い返します

 

世界を見つめた四三の写真

世界を見つめる感じでという記者の要望に応えたポーズで写真を撮ってもらう四三。

四三の写真と世界記録について触れた新聞は、翌朝、日本中に配られます。

三島家では、女中のシマ(杉咲花)が誇らしげに弥太郎(小澤征悦)と和香子(島崎加代子)の席に新聞を置きます。

この記事には弥彦の活躍についても触れていたのです。

シマは四三の写真のある面を表にして机に置いたのですが、弥太郎は見向きもせず、その裏面の経済面に目を通します。

和香子に至っては四三の写真の真上にコーヒーのカップを置く始末。

これにはシマも思わず「ヒィイッ」と叫んでしまいます。

「この家はおかしい」

弥太郎の成果について何も言わない親子についての気持ちを弥太郎にぶつけるシマ。

そんなシマをなだめる弥彦。

「いずれ、女子のスポーツも盛んになる」

そうシマに話す弥彦。

 

熊本の春野スヤ(綾瀬はるか)のもとにもその新聞は届けられます。

嬉しそうにその写真を切り取ってもいいかと父に聞くスヤ。

いいよとは言われたものの、もうすぐ見合いをするということを改めて言われてしまい、複雑な表情で四三の写真を見つめます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「いだてん」第5話みんなの感想は?

5話のネタバレを紹介していきました。

とうとう、1話から時間が動き始めましたね。

当時、なかなかの無名だった四三の世界記録更新はだれも予想をしていなかったのではないでしょうか。

普段そっけなく、「高師の腹っぺらし」と四三達を呼ぶ播磨屋の店主のにこにこと四三を迎え入れたシーンは、個人的に人間味があってとてもいいシーンだと思いました。

まだまだスポーツは男性のものという時代に「女性がスポーツで活躍するかも」という話をする弥彦は、なかなか先見の明がありますよね。

流石は名家の出というところでしょうか。

 

四三が幼少期に夏目漱石に抱っこしてもらっている可能性があることを美川君が知ったらと思うと
美川君の抱っこしている猫、デカ!!
いだてん展で、四三のボロボロになった足袋が展示されてるよ!!
NHKは反響や評判の高さをTwitterなどを通じて統計をとっているようだから、どんどんハッシュタグ付けて番組の感想を書こう!!
佐々木君が競技中にパンを食べたことも、三島君が飛び入り参加で優勝したことも事実なの…!?

 

美川君の抱っこしていた猫が大きいという話題が多かったです。

実は、今回の話に出てきた羽田予選会での様々なコマは、記録にも残っている事実なのです。

大河ドラマは史実に基づいて構成されたドラマですので、「嘘のような事実」がたびたび紹介されます

今回は、監督の作風とベストマッチしすぎるため、コミカルな演出だとみていた人も多かったのではないのでしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#いだてん きんときくん😸VS勝地メルくん😾 #猫 #嫉妬

勝地涼さん(@ryo.katsuji.official)がシェアした投稿 –

 

スポンサードリンク

ドラマ「いだてん」第5話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

ドラマ「いだてん」、第5話の「あらすじ・ネタバレ・感想」についてお話ししてきました。
遂に、物語も1話を突破しました。

1話の中に詰め込まれた内容を5話かけて完結させる演出は、とても素晴らしく、四三の生い立ちや、走りに対する試行錯誤などをじっくりと見ることが出来たため、感情移入してしまう場面も多かったのではないのでしょうか。

さて、次回から、物語はストックホルムへと走り出します。

ここまで、多額の借金を重ねている治五郎ですが、オリンピックまでの渡航費や運営費はどうしていくのでしょうか。

オリンピック出場をするか、親子の縁を切るか迫られている弥彦はいかにしてオリンピックに出ることを決意するのか。

天狗倶楽部の今後は?

美川君の悲しげな顔の真意は?

気になることがいっぱいですね。

6話の再放送は土曜日13時5分からNHK総合で放映されます。

そして、気になる第6話は日曜日20時からNHK総合で放送されます。

第6話も放送終了後、なるべく早めにネタバレ記事を公開しますので、是非こちらの記事もチェックしてくださいね!

スポンサードリンク

-いだてん

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.