いだてん

いだてんNHK大河ドラマ4話あらすじ感想ネタバレ!弥彦の車に小便をした犯人が判明!?

投稿日:2019年2月1日 更新日:

この記事ではNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」第4話を見逃してしまった方のために、「あらすじ・ネタバレ・感想」をまとめています。

いだてん4話、もうご覧になりましたか?

今回も、前回に引き続き、金栗四三の物語でしたが、1話の舞台裏を見ている気持ちになりました。

1話に張り巡らされた伏線を見事に回収していたため、「このシーンはここにつながっていたのか!」という場面や、「このくだりがあって1話のこの場面なのか!」と納得してしまう場面が多かったのではないでしょうか。

まだ見ていない、見逃した方のために、早速「いだてん」4話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を紹介していきましょう!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「いだてん」第4話のあらすじは?

赤ゲットを羽織った四三がだるまさんに見えます。

予告だけ見ると何が何だかという感じですね…

ここで、まだ4話を見ていない人のために、簡単にあらすじを紹介していきたいと思います

 

高師のマラソン大会で3位となった四三(中村勘九郎)。表彰式で憧れの嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられてさらに発奮し、むちゃな練習を敢行する。そのころの嘉納は日本初のオリンピック予選開催を前に山積する難題に頭を抱えていた。頼みの綱の三島弥彦(生田斗真)も当てにならない。志ん生(ビートたけし)は嘉納の苦労を弟子の五りん(神木隆之介)に語るうちに酒を飲んでしまう。ほろ酔いで高座に上がった志ん生が語る噺(はなし)とは──。

NHK大河「いだてん」公式サイトより

今回も、語り部はのちの古今亭志ん生(ビートたけし)こと美濃部孝蔵(森山未來)でしたが、今回は美濃部孝蔵の「語り」がメインでした

いよいよ金栗四三とマラソンの出会いの物語が紹介されます。

そして今回、1話で三島弥彦(生田斗真)の車に小便をした犯人が判明します!!一体誰だったのでしょうか!?

 

以下ネタバレです。

 

NHK大河ドラマ「いだてん」第4話のネタバレ!小便小僧は韋駄天だった!?1話の舞台裏、全部見れます!

さて、4話のネタバレをしていきたいと思います。

東京高等師範学校ので6里(24キロ)の長距離走に出場した金栗四三(中村勘九郎)は、開始前、猛烈な尿意に襲われます。

一方そのころ、嘉納治五郎は、オリンピック出場を「謹んでお受けした」ことについて、永井道明(杉本哲太)から言及されていました。

そんな中、三島弥彦(生田斗真)が今まさに走り出す準備をしている学生の前を高級車で横切っていきます。

彼は、嘉納に100メートルの出場選手の候補として誘いを受けたのです。

 

尿意に耐えきれない四三が向かった先

四三はついに我慢ができなくなり、近くで用を足すことにします。

車の横であわてて用をたす四三

そこにスタートの合図の雷管がなります。

一斉に走り出すのを横目に、小便が止まらず慌てる四三。

そんな四三に、「こら!何をやってるんだ!ささっと行け!」と、上から喝が飛びます。様子を見ようと窓を開けた永井でした。

 

腹っぺらしが大塚の街を駆け抜ける!

先にスタートを切った学生たちは、坂道を駆け下り、大塚の街を駆け抜けていきます。

中には草履が脱げてしまうもの、坂を転げ落ちて行くものもいます。

ちょうどそのころ、清さん(峯田和伸)が足袋をもって播磨屋にやってきました。

播磨屋の店主である黒坂幸作(ピエール瀧)は、店の前を走り抜ける四三達を「高師の腹っぺらし」と呼びます。

清さんはそんな黒坂に「時代はオリンピックだよ~」となだめます。

そんな中、播磨屋の子供を含む町の子供たちに追いかけられながら導かれた裸足に草履で最下位スタートの四三

昔を思い出しながらなんだか楽しそう。

結果は3位になりました!!

表彰式で嘉納治五郎に声をかけてもらいます。

「君は予科か」

「はい」

優しいまなざしでほほ笑んだ治五郎。

 

まだスポーツに理解のなかった日本で

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スポーツを愛し、スポーツに愛され、ただ純粋にスポーツを楽しむために活動する元気の権化、天狗倶楽部👺T!N!G! T!N!G! インパクト大の振り付けは、ダンスカンパニー・コンドルズの近藤良平さんと、振付師の木下菜津子さんによるものです❗ 📺本日 いだてん 第1回「#夜明け前」再放送 [総合]後1:05 #第1回は壮大なプロローグ #いだてん #天狗倶楽部 #三島弥彦 #生田斗真 #吉岡信敬 #満島真之介 #中沢臨川 #近藤公園 #押川春浪 #武井壮 #近藤良平 #木下菜津子

大河ドラマ「いだてん」さん(@nhk_idaten)がシェアした投稿 –

早速、実家に手紙を書いて報告をした四三は、故郷を走り抜けます。そんな中、自転車節を歌う四三の思い人、春野スヤ(綾瀬はるか)が、四三を呼んでいます。

段々と、その声の主が変わってきます。

実は、スヤが呼んでいると思っていた声は、寮母が呼んでいる声でした。

四三は、寮母から手紙を手渡されます。故郷の母からの宛名でしたが、兄の代筆でした。

「四三は思い違いをしている。学生の本分を忘れ、かけっこに夢中になっているとは。無理せず歩く程度にしなさい」

褒めてほしかったのに、まだまだ身体が弱い子供だと思っている故郷の家族に悲しくなった四三。

「もう手紙は書かんばーい!」

 

研究熱心な四三、勝利の3原則

四三は勝つために、3つの方法を考えます。

  • 排便ばする

これは慌ててしまったためです。

  • わらじは好かん

途中でひもが切れてしまうため走りには不向きです。しかし、裸足は砂利道が地獄です。

  • スタミナをつける

2位の選手を抜かせなかったのは、スタミナが足りなかったからと仮定しました。

柔道部の徳さんは、日本一強い強い柔道の選手です。朝練前から人の倍の練習をしています。なので、人の倍食べます。これを四三は道理だと結論付けるのです

本科に入ったら徒歩部(現在の陸上部)に入ると決意します。

そんな四三を見て、自分は迷える子羊だと言う美川秀信(勝地涼)は、寮内でちょっとした騒動をきっかけに劣等生の烙印を押されてしまいます。

 

播磨屋との出会い

四三は徒歩部に入った後も、ずっと走るのに適した履物を探していました

当時、まだスポーツは浸透していなかった日本では、お金持ちといわれる弥彦でさえも運動靴は野球のスパイクを代用していました

ふと、待ちゆく人の足元に目をやると、人力車の車夫が履く足袋が目に留まります

ふと播磨屋の前で立ち止まった四三は足袋を購入します。

この播磨屋と四三はこの先長い付き合いになりますが…

ともあれ、靴の問題も解決し、勝つための3つの課題をクリアしていく四三は、ついにオリンピック予選会の話を目にします。

10里という未知の距離を走りきるため、四三はさらに強い体を作るために、当時圧倒的に支持されていた「水抜き・脂抜き法」を探し出します。

汗をかき、水分を身体から排出し、お味噌汁も具だけを食べる徹底ぶり。

本当に大丈夫!?

一方、同じころ、弥彦はスポーツの嫌いな弥太郎(小澤征悦)から、「オリンピックに出場しないよな?」と釘を刺されます。

さらに融資をしないことも…

母である和香子(白石加代子)からも釘を刺されてしまい、兄と母の手前、オリンピックを断念することになった弥彦

ちょうど、大森平蔵(竹野内豊)指揮のもと、羽田のオリンピック予選会場に400Mトラックを作っていた天狗たち。嘉納は弥彦に「君のためのトラックだ」と話します。

飄々とした態度で「出ませんよ」と答える弥彦。

ついでに「びた一文出さない!」という弥太郎からの伝言も伝えます。

青天の霹靂だった嘉納。

私財をなげうって借金までして作ったトラックを背に、ついに嘉納は倒れてしまいます。

病院で、嘉納は夢で見た韋駄天の話をします。

足はカモシカ、顔は象、優勝カップを持っていました。

「韋駄天はいないのでは」

弱気になった嘉納はぽつりとつぶやきます。

 

水抜き・脂抜きを極めた四三の行きついた先で学んだこと

四三の水抜き・脂抜き生活8日目。遂に体に変化が訪れます。

身体に限界が来てしまい、倒れてしまいます。

寮に運び込まれた四三は水を飲みます。

一口飲むと止まらず、徳さんの大盛りかき氷にも手を付ける始末。

それからは、四三は自然に従うことを学びます

 

古今亭志ん生の語る芝浜の行方

時代は流れて1960年。

裸足で走るアベベのマラソンを見ている志ん生(ビートたけし)は、禁止されているお酒を飲もうとしている。そこへ、五りん(神木隆之介)と待ち合わせをしているガールフレンドの知恵(川栄李奈)が現れます。

知恵は五りんの母があの播磨屋で働いていたことを志ん生に明かしました。

しばらくして、五りんが帰ってきて、お酒はダメだと言うと、「芝浜」の稽古をするといいます。

天秤棒一本で行商をしている魚屋の勝は、腕はいいものの酒好きで、仕事でも飲みすぎて失敗が続き、さっぱりうだつが上がらない、裏長屋の貧乏暮らし。その日も女房に朝早く叩き起こされ、嫌々ながら芝の魚市場に仕入れに向かう。しかし時間が早過ぎたため市場はまだ開いていない。誰もいない美しい夜明けの浜辺で顔を洗い、煙管を吹かしているうち、足元の海中に沈んだ革の財布を見つける。拾って開けると、中には目をむくような大金。有頂天になって自宅に飛んで帰り、さっそく飲み仲間を集めて大酒を呑む。

翌日、二日酔いで起き出した勝に女房、こんなに呑んで支払いをどうする気かとおかんむり。勝は拾った財布の金のことを訴えるが、女房は、そんなものは知らない、お前さんが金欲しさのあまりに酔ったまぎれの夢に見たんだろと言う。焦った勝は家中を引っ繰り返して財布を探すが、どこにも無い。彼は愕然として、ついに財布の件を夢と諦める。つくづく身の上を考えなおした勝は、これじゃいけねえと一念発起、断酒して死にもの狂いに働きはじめる。

懸命に働いた末、三年後には表通りにいっぱしの店を構えることが出来、生活も安定し、身代も増えた。そしてその年の大晦日の晩のことである。勝は妻に対して献身をねぎらい、頭を下げる。すると女房は、三年前の財布の件について告白をはじめ、真相を勝に話した。

あの日、勝から拾った大金を見せられた妻は困惑した。十両盗めば首が飛ぶといわれた当時、横領が露見すれば死刑だ。長屋の大家と相談した結果、大家は財布を拾得物として役所に届け、妻は勝の泥酔に乗じて「財布なぞ最初から拾ってない」と言いくるめる事にした。時が経っても落とし主が現れなかったため、役所から拾い主の勝に財布の金が下げ渡されたのであった。

事実を知り、例の財布を見せられた勝はしかし妻を責めることはなく、道を踏み外しそうになった自分を真人間へと立直らせてくれた妻の機転に強く感謝する。妻は懸命に頑張ってきた夫をねぎらい、久し振りに酒でもと勧める。はじめは拒んだ勝だったが、やがておずおずと杯を手にする。「うん、そうだな、じゃあ、呑むとするか」といったんは杯を口元に運ぶが、ふいに杯を置く。「よそう。また夢になるといけねえ」

ウィキペディアより引用

大分呑んでしまった志ん生はへべれけのまま寄席へ現れます。

話し始めた演目は「芝浜」と思いきや、明治44年11月の羽田での出来事でした。

 

ついに来た予選会!四三達、徒歩部は?

明治44年11月。羽田には体調が回復した嘉納が現れました。

三島率いる天狗たちが頑張ってくれたおかげで、立派な競技場が嘉納の前に広がります。

しかし、空は生憎の鉛色。

「天狗の力で晴らして見せようぞ!」と弥彦。

嘉納の目にも希望の影がちらつきます。

そんな競技場のことなど知らず、四三達徒歩部はというと…

なんと迷子になってしまいました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「いだてん」第4話みんなの感想は?

いだてん4話のネタバレを紹介していきました。

まだ、スポーツのスの字も殆ど浸透していない日本で、オリンピックを目指すなんて言われても、まったく想像がつきませんよね。

人間新しいことへの挑戦は、たいてい批判がつきものです。

さて、今回は、物語の終わりに流れるいだてん紀行について触れたいと思います

この○○紀行というのは、大河ドラマの終わりに毎回流れ、物語のゆかりの地を紹介していくのですが、今回のいだてんはオリンピックがテーマになるので、スポーツのゆかりの人等も紹介しています

1話は嘉納治五郎がメインの物語だったため、柔道の元オリンピック選手である、井上康生が出演しました。

2話、3話は通常通り物語ゆかりの地を紹介していましたが、今回の4話は、脂抜き法から、青山学院大学陸上部顧問の原監督が出演しました

金栗四三は日本の箱根駅伝の父でもあります。

「楽しんで勝つ」で青山学院は箱根駅伝の常連校へとのし上がってきました。そんな原監督の「今日の常識は明日の非常識になる」というフレーズは日常でも大切なことではないでしょうか。

 

遂に、1話につながった!!
小便小僧は四三だったんですね!!!
玉名市に金栗足袋を限りなく再現した足袋があるらしい!
弁髪の留学生がさりげなく登場するのいいよね。説明とか入るとややこしくなるし
当時、四三のスポーツは遊び、美川の文学は不良だったのか

 

個人的には、話が1話につながっていったのが感動的でした

また、楽しくスポーツをしていた弥彦も弥彦なりにいろいろなしがらみがあり、果たして如何にしてオリンピック選手になるのかにも今後は注目したいですね。

対照的な弥彦と四三が次回からどのようにかかわっていくのか、期待してしまいます!!

 

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「いだてん」第4話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」、第4話の「あらすじ・ネタバレ・感想」についてお話ししてきました。

1話でたくさんの登場人物が出てきてしまい、胃もたれ気味だったのですが、まさかこの胃もたれが4話で脂抜きされるとは思いませんでした。

さて、次回からとうとう物語が動き出します

スポーツへの理解は得られるのか。

そろそろ四三と孝蔵と出会うのか。

気になることがいっぱいですね。

いだてん4話の再放送は土曜日13時5分からNHK総合で放映されます。

そして、気になる第5話は日曜日20時からNHK総合で放送されます。

第5話も放送終了後、なるべく早めにネタバレ記事を公開しますので、是非こちらの記事もチェックしてくださいね!

スポンサードリンク

-いだてん

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.