エンタメ

ハンターハンターはなぜ休載を繰り返す?連載再開はいつ?

更新日:


HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)が2018年に休載して、とうとう休載期間が2年になってしまいました。

なぜこんなに休載ばっかり?!とやきもきしてるファンも多いのでは?

冨樫義博先生って何かの病気?連載再開はいつになるのか?

「休載のなぜ」に迫ります。

 

スポンサードリンク

ハンターハンターの休載から早2年

HUNTER×HANTER 35巻

HUNTER×HANTER 35巻

2018年11月にハンターハンターの休載が発表されて、早2年の月日が流れました。

 

漫画好きな人にとって、休載ほど辛いものはありませんよね。

ハンターハンターでは「暗黒大陸編」が展開されていますが、暗黒大陸編は特にストーリーが複雑ですし、良いところで止まってしまっているので続きが気になりますよね。

先生がご存命の間に、ちゃんと完結するんだろうか・・・ということも気になってしまいます。

 

スポンサードリンク

ハンターハンターの休載はもはや名物

1998年に連載が始まったハンターハンター。

なんと22年目に突入なんですね!

なんだか感慨深い・・・

けれど、休載期間も結構長いんです。

ハンターハンター 休載の歴史

1998年 連載スタート

<以下、休載期間>

2006年2月~2007年10月 (1年8か月)

2007年12月~2008年2月 (3ヶ月)

2008年5月~2008年9月 (6ヶ月)

2008年12月~2009年12月 (1年)

2010年6月~2011年8月 (1年1ヶ月)

2012年3月~2014年5月 (2年3ヶ月)

2014年9月~2016年4月 (1年8か月)

2016年7月~2017年6月 (11ヶ月)

2017年9月~2018年1月 (4ヶ月)

2018年4月~2018年9月 (5ヶ月)

2018年12月~・・・   いつまで???

 

20年のうち休載期間を見てみると、

単純計算で・・・約12年休載しております!!

ただ、一つ一つのストーリーが、普通の人間では思いつけないくらい緻密で面白いので、連載再開するごとに我々をとても楽しませてくれています。

だからこそ読者もついていくのでしょうし、打ち切りにならないのだと思います。

そして何より、そんなに休載してまでもちゃんと再開しようとする先生のメンタルに私たちファンは本当に感謝しています。

最長2年3ヶ月も休載して、その後再開する時は相当プレッシャーもあるに違いありません。

スポンサードリンク

なぜ休載?ハンターハンター作者の休載理由とは

12年も休載期間があるハンターハンター。

一体何が原因なんでしょうか?

以前休載が発表された少年ジャンプの巻末ではこんなコメントが出ていました。

「また休載ですみません。なるべく早いタイミングで戻って来れるよう頑張ります」

特に理由は語られていません。

2014年の長期休載の際はどうだったかというと、編集部からこのようなコメントが出ていました。

「富樫義博先生の容体が想定以上に思わしくなく、治療に専念すべくしばらくの間お休みさせていただきます。なるべく早い再開を目指し治療と準備を進めております」

想定以上に容体が悪いって、、、一体何が原因なんでしょう?!

休載理由①腰痛?

ハンターハンター作者の富樫義博先生は、激しい腰痛持ちということでファンの間では知られているようです。

1966年生まれということなので、御年54歳。

1986年、20歳の頃から活動をしている人気漫画家さんなので、30年以上もの間、ずっとデスクワークをしてきたことになります。

漫画家さんは、座りっぱなしで腰を悪くされることも多いそうなので、悪化させると治療にも時間がかかるのでしょう。

②精神的な病気?

ハンターハンターは結構ぐろい描写があることで有名です。

主人公の精神的な葛藤なんかも緻密に描かれているし、

作者が精神的に入り込んでしまっているということも考えられなくもありません。

 

ハンターハンターにおける富樫義博先生の連載はもって半年。だいたい3ヶ月で休載に入ってます。

精神的な負担もあって、連載が長く続かないというのはあるかもしれません。

 

現に、漫画家さんって精神的に追い詰められてしまうケースがよくあるみたいです。

〆切だったり、売上だったり・・・色々と負担は大きいんでしょうね。

③アシスタント不足?

完璧主義者なのも、休載が多い理由の一つではないかと言われています。

アシスタントを雇ってもすぐにやめさせてしまうこともあるそう。

一人で仕事をすすめているので、なかなか書き溜めることができずに休載を繰り返してしまうという見方もあるようです。

 

スポンサードリンク

実は重大な病気が原因?!あらたな疑惑が浮上

ハンターハンター休載の理由を探っていたところ、気になる情報を見つけました。

それは、2015年8月、ある芸人さんのツイッターによるもの。

そこには、

「富樫先生の母親と会った」

「病気でかなり痩せたけど少しずつ回復している」

という内容が書かれていたというんです!

 

「病気」というのが何を指すのかは分かりませんが、

かなり痩せたということから考えるとなかなか完治が難しい病気に悩まされているのかもしれません。

 

3ヶ月~半年の連載後に休載してしまう・・・というサイクルを考えても、病状があまり良いとは言えないでしょう。

 

休載時に、「10話分のネームは出来ており、体調が良くなれば復帰する」という旨のコメントを先生が残しておられるそうですが、

この流れを考えると2020年中の復帰は難しいのではないかと。

 

身体の無理はしないで欲しい・・・けれど、

読者としてはやっぱり続きを読みたいし、完結まで書き上げて欲しいですよね。

 

スポンサードリンク

まとめ

休載を繰り返すハンターハンター。

先生は一体どういう気持ちで休載して、その後復帰しているのかなぁと思っていました。

実際のところ、休載理由の詳細は公表されていません。

しかし、これだけ長い連載期間&休載期間があっても今なお書き続けられているところをみると、

何としても漫画を描きたい!という富樫先生の想いが詰まっているように感じます。

いろんな困難を乗り越えて、ぜひ最後まで読ませてもらいたいものです。

ハンターハンターの一読者として、再開を待ちたいと思います!

スポンサードリンク

-エンタメ
-, , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory|お出かけ情報・ドラマ・エンタメ系サイト , 2021 All Rights Reserved.