HEAVEN?~ご苦楽レストラン~

ドラマヘブン?の原作漫画のネタバレから最終回結末をずばり予想!

投稿日:2019年5月13日 更新日:

この記事では、ドラマヘブン?の最終回ネタバレラストを原作結末から予想しています。

石原さとみさんがレストランのオーナー役となる、ドラマヘブン?の放送が決まりました。

レストランはどんなお店で、ドラマのストーリーや登場人物はどうなっているのかが気になりますよね。

そこで今回は、ドラマヘブン?の最終回ネタバレラストを原作の結末から予想します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

【ネタバレ注意】原作最終回やドラマのラスト(結末)が気になるヘブン?について

まずは、ヘブン?についてご紹介します。

 

ドラマヘブン?の原作について

ドラマヘブン?の原作は、ビックコミックスピリッツで連載された、漫画Heaven?が原作となります。

連載期間は1999年〜2003年と少し前になりますが、独特な世界観を持つ漫画的で、多くのファンが連載終了を惜しみました。

単行本は全6巻が販売されていますので、ドラマの前に予習をしておきたい方は、購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

作者は佐々木倫子さんで、他にもおたんこナースや動物のお医者さんなどのヒット作があります。

Heaven?は、フレンチレストランを舞台に、個性の強いキャラクターが描かれています。

 

 

連載終了から15年以上経過しますが、今回のドラマ化によって再脚光を浴びています。

 

ドラマヘブン?について

ドラマヘブン?は、Heaven?〜ご苦楽レストラン〜というタイトルで、2017年7月よりTBS系で放送されます。

毎週火曜日の22:00〜22:57に放送されるということで、続々と詳細も発表されています。

すでに主要キャストも発表されていますが、レストランのオーナー役を石原さとみさんが、根暗なウェイター役を福士蒼汰さんが演じます。

志尊淳さんが演じる太一役もかなり注目されていますね♪

 

 

ロワン・ディシー(この世の果て)という名のフレンチレストランを舞台に、風変わりなオーナーと個性的な従業員の間で繰り広げられる、至極のフレンチレストランコメディーとなっています。

コメディ要素がある作品では、石原さとみさんの演技力がより光る印象なので、非常に楽しみです。

ドラマヘブン?は究極の喜劇というコンセプトを持ち、極上の笑いとともに、人生を生きぬくヒントも込められているということです。

 

【ネタバレ注意】ヘブン?原作のあらすじやラスト(結末)について

続いて、ヘブン?原作のあらすじやラスト(結末)について、ご紹介します。

 

【ネタバレ注意】ヘブン?原作のあらすじ

フレンチレストラン従業員の伊賀観は、ある日ふとした事件をきっかけに、レストランの開業準備中の黒須仮名子と出会います。

黒須は従業員を探しているところで、伊賀は店舗のコンセプトに惹かれて、転職することを決めます。

伊賀は店を訪れますが、地図に書いてあったその場所は、どうみても墓地でした。

騙されたのかと不安になる伊賀でしたが、墓地から見える牡丹畑の遥か向こうに、ようやく建物を見つけます。

そこには伊賀と同じく、黒須にスカウトされた6人の従業員候補がいました。

最悪の立地にオープンはなんと4日後、そして経験のない従業員たち。

またオーナーの黒須も癖のある人物で、数多くの課題を抱えながら、フレンチレストラン「ロワン・ディシー」はオープンします。

 

【ネタバレ注意】ヘブン?原作の登場人物

ヘブン?原作の登場人物は下記になります。

 

  • 伊賀観:原作の主人公でロワン・ディシーのシェフドラン。営業スマイルができない上に、融通も利かないが、理不尽な客への毅然とした態度を買われスカウトされた。
  • 黒須仮名子:ロワン・ディシーのオーナー。美人だが、他の追随を許さぬほど利己的でワンマンな性格。
  • 山懸重臣:元銀行役員だが、定年退職してレストランのソムリエに。
  • 川合太一:レストランのコミドランだが、飲食に関連する店での勤務経験は一切ない。
  • 小澤:ロワン・ディシーのシェフ。三つ星レストランに勤めていたこともある一流シェフだが運がなく、在籍する店は次々につぶれてしまう。
  • 鱸:ロワン・ディシーの近くにある石材店の店主で常連客。

 

レストラン「ロワン・ディシー」を舞台に、オーナー・従業員・店を訪れる客が、様々な騒動を巻き起こします。

 

【ネタバレ注意】ヘブン?のラスト(結末)は?

原作漫画のヘブン?では、連載初回と最終回に、老紳士となった伊賀が登場します。

つまりヘブン?のストーリーは、昔を懐かしむ伊賀の回想だったのです。

若き日々を懐かしそうに振り返る伊賀でしたが、現在はバリ島でレストラン「ロワン・ディシー」を営業しています。

 

 

つまり、ロワン・ディシーの物語は、数十年に渡って続いていたのです。

そこへ、黒須が伊賀の元へ、立派なサービスマンになったか確認しにきた、と言って訪れる描写で物語は終わります。

40年間の出来事は描かれていませんが、伊賀が自分の居場所を見つけることができ、幸せに過ごしていることがうかがえる結末となりました。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【ネタバレ注意】ヘブン?原作から予想するドラマの最終回やラストシーンは?

ドラマヘブン?の、公式ホームページに掲載されたあらすじは、下記になります。

 

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目で融通が利かず、営業スマイルもできない堅物のせいで、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、在籍した店が次々に潰れる不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行役員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか? かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

引用:https://www.tbs.co.jp/Heaven_tbs/

 

基本的なストーリーやキャストは原作と変わりないため、冒頭と最終回に老紳士となった伊賀が登場するシーンは、反映されるのではないかと考えます。

40年後の、石原さとみさんと福士蒼汰さんが、どんな雰囲気で登場するのか気になりますね。

原作漫画では、近くに和菓子店が開業するのをきっかけに、伊賀の故郷である長崎にロワン・ディシーを移転するも、様々なきっかけで移転を繰り返すという流れでしたが、ドラマではどういうきっかけで移転に繋がるのでしょうか。

また、原作では数々の名場面がありましたが、どのシーンがドラマに反映されるかも注目ですね。

 

 

基本的な構成は、原作と変わらないと予想しますが、それぞれのキャラクターがどんな雰囲気で演じられるのかが、見どころです。

ドラマを見逃した方は、ヘブンを無料視聴できる方法があるのでぜひチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサードリンク

ドラマヘブン?の最終回ネタバレラストを原作結末から予想!まとめ

今回は、ドラマヘブン?の最終回ネタバレラストを原作の結末から予想しました。

原作のファンが多い作品なので、期待値も非常に高くなっています。

癖の強いキャラクターをどんな雰囲気で演じてくれるのか、キャスト陣の奮闘ぶりにも注目です!

 

スポンサードリンク

-HEAVEN?~ご苦楽レストラン~
-, , , , , , ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.