箱根駅伝

箱根駅伝東海大学2019年のメンバーは?今年の結果を独断で予想!

更新日:

この記事では、東海大学の2019年のチームやメンバーの紹介と、独断で結果を予想します。

間近に開幕が迫ってきた2019年の箱根駅伝ですが、今年の結果や各チームの状況も気になります。

東海大学は、どんな走りが予想されているのでしょうか。

そこで、今回は東海大学の2019年のチームやメンバーの紹介と、独断で結果を予想します。

 

箱根駅伝を見逃した方、もう一度見たい方はこちらから無料視聴の方法を紹介しています。
→<箱根駅伝2019を無料で見る方法!>

スポンサードリンク

箱根駅伝東海大学2019年メンバーの展望は?

まずは2019年の箱根駅伝に挑む、東海大学メンバーの展望をチェックします。

青山学院大学を追う形での、優勝候補と目されている東海大学ですが、非常にスピードのある選手が多いことが特徴です。

今年の東海大学は昨年と比べると、主力選手の調子が夏場から上がってきませんでした。

その影響で出雲駅伝でも失速し3位という結果に終わっています。

しかし、秋以降に徐々に復調の兆しを見せ、距離が伸びた全日本大学駅伝で、昨年と同じ2位となりました。

内容は昨年よりも良い結果が見られ、選手も箱根への準備が着々と仕上がっている印象です。

 

箱根駅伝過去5年の東海大学メンバーの結果は?

箱根駅伝に出場した東海大学の過去5年間の成績は、下記になります。

 

開催年

往路

復路

総合成績

2014年

9位

18位

13位

2015年

7位

8位

6位

2016年

8位

6位

5位

2017年

15位

4位

10位

2018年

9位

4位

5位

 

 

スポンサードリンク

箱根駅伝東海大学2019年メンバーと監督のチーム状況

箱根駅伝2019に挑む東海大学についてのチーム状況をご紹介します。

今年の箱根駅伝には「黄金世代」と呼ばれる3年生から10人がエントリーされています。

この3年生がしっかり活躍することが優勝への必須条件と言えるでしょう。

選手たちは秋に入って、ロードでの練習を中心にしているとのことです。

さらに、非公開の練習方法で自信を深めたようで、悲願の箱根優勝へ前進します。

 

スポンサードリンク

箱根駅伝東海大学2019年のエントリーメンバー

2019年箱根駅伝のエントリーメンバーは下記になります。 

 

選手名 

学年 

10000m公認 

ハーフマラソン公認 

昨年の箱根駅伝結果

東優汰

4年

記録なし 

1時間03分19秒

出走なし

湊谷春紀

4年

28分41秒77

1時間02分52秒

区間5位(9区)

湯澤 舜

4年

29分13秒44 

1時間03分12秒

出走なし

鬼塚翔太

3年

28分17秒52 

1時間02分03秒

区間3位(3区)

郡司陽大

3年

29分05秒28

1時間03分23秒

出走なし

河野遥伎

3年

29分31秒50

1時間04分48秒

出走なし

小松陽平

3年

28分35秒63

1時間03分07秒

出走なし

阪口竜平

3年

記録なし

1時間02分32秒

区間7位(2区)

 關颯人

3年

28分23秒37

1時間03分12秒

出走なし

 館澤亨次

3年

記録なし

1時間03分14秒

区間2位(8区)

 中島怜利

3年

29分15秒38

1時間02分28秒

区間2位(6区)

西川雄一朗

2年

記録なし

1時間02分42秒

出走なし

松尾淳之介

3年

28分50秒94

1時間02分17秒

区間12位(5区)

鈴木雄太

2年

29分21秒82

1時間03分31秒

出走なし

 西田壮志

2年

28分58秒74

1時間03分36秒

出走なし

 本間敬大

1年

記録なし

1時間03分52秒

出走なし

 

区間エントリーは?

最新情報の区間エントリーはこちらです。

スポンサードリンク

箱根駅伝東海大学2019年の注目メンバー

箱根駅伝東海大学のエントリーメンバーの中から、特に注目な選手をご紹介します。

 

 鬼塚 翔太(3年)

黄金世代の中心選手の一人とされる鬼塚選手は、1年生時に東海大学のハーフマラソン記録を更新しています。

箱根駅伝では、1年次に区間2位・2年次に区間3位と安定した強さを持っています。

さらに経験が加わった今年は、スピードランナーが集う1区での区間1位が目標です。

 

箱根駅伝東海大学2019年メンバーも信頼する監督とは?

東海大学両角速監督

両角(もろづみ)監督は、自身も箱根駅伝を4年連続で走った経験を持ちます。

現役引退後は、長野県の佐久長聖高校の陸上部監督に就任し、全国屈指の実力校として育て上げました。

その実績が買われ、2011年から母校東海大学の監督に就任しています。

昨年には、出雲駅伝にて10年ぶり4度目の優勝を果たすなど、強化が着実に身を結んでいます。

今年の箱根でも、自身の経験を活かした采配を披露してくれることでしょう。

 

箱根駅伝東海大学2019年の結果を予想

第95回箱根駅伝での東海大学は、非常にポテンシャルが高く優勝してもおかしくはありません。

個々の力では優勝の最有力候補である青山学院大学にやや劣りますが、各区間で実力の拮抗している選手をぶつけることで、精神的なダメージやプレッシャーを与え続けることができれば、勝機は見出せます。

特に黄金世代と言われる3年生たちが、高いポテンシャルを箱根の舞台で披露してくれたら、優勝はすぐ目の前にあると言って良いでしょう。

 

箱根駅伝東海大学2019年まとめ

引用:箱根駅伝公式HP

今回は、箱根駅伝東海大学の2019年のメンバーやチームの予想順位をご紹介しました。

優勝するには、絶対王者の青山学院大学にどこまで粘れるかがポイントでしょう。

黄金世代の3年生を中心に、彼らは箱根の主役になれるのでしょうか。

 

箱根駅伝を見逃した方、もう一度見たい方こちらから無料視聴の方法を紹介しています。
→<箱根駅伝2019を無料で見る方法!>

スポンサードリンク

-箱根駅伝

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.