初めて恋をした日に読む話

はじこい(ドラマ)7話ネタバレ&感想!ゆりゆり、私は君のもの。でも君は私のものじゃない

更新日:

この記事では、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話の「あらすじ&ネタバレ&感想」を書いています。

第6話では、とうとう匡平(横浜流星)の気持ちに気が付いた順子(深田恭子)
一方で、雅志(永山絢斗)・山下(中村倫也)・匡平の3人の、順子をめぐる激しいバトルも展開されました。

着実に学力を伸ばす匡平と反比例するように、自分の指導力に不安を感じた順子は、匡平を東大専門塾へ通わせることを決断します。

順子は、匡平の手を放してしまうのでしょうか?

話題のドラマ「はじこい」第7話の、「あらすじ&ネタバレ&感想」を紹介します。

 

はじこいロスだぁぁぁ!そんな方はこちらをチェック!

【「はじこい」の動画無料視聴<4つの方法>徹底比較!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第7話のあらすじは?

 

匡平が東大に合格するためには、一番大切なことはなにか?

順子が出した答えは、自分が不得意とする理系科目を 東大受験専門塾『花恵会』で強化することでした。

 

第7話のあらすじを掲載しました!

 

順子(深田恭子)匡平(横浜流星)をなんとしてでも東大に合格させるため、理数科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることに。花恵会の講師の中で一番人気の百田明奈(高梨臨)が匡平を担当することになり、一緒に見学をしに来たエンドー(永田崇人)たちは魅力的な百田にデレデレ。初めは順子以外から勉強を教わる事を嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。
一方で、順子は自分から匡平を花恵会に薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金…と自分にはないものを全て持っている百田と比べ落ち込む。それを美和(安達祐実)から「嫉妬なんじゃない?講師としても。女としても」と言われるが即座に否定。そして、百田の指導を受けた匡平が、自分の頼りなさに気づかないようにと教材作りに燃える順子だった。

そんなある日。匡平と百田が2人で歩いているのを見かけたゴリさん(皆川猿時)は、ある事を思い出し雅志(永山絢斗)に電話をかける。

同じ頃、順子に告白をした山下(中村倫也)の元に、ある人物が訪れ…。

「TBS」公式サイトより

 

花恵会では、美貌と実力で最も人気がある 講師・百田明奈(高梨臨)が匡平の担当になることになります。

実は彼女は、順子や雅志にとっては因縁のある人物で…

 

以下、ネタバレです!

はじこいの結末については、こちらの記事で大特集中です!

「はじこい」の結末、順子は誰と結ばれる?!ネタバレありの大予想を公開中!

 

ゆりゆり大特集!

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第7話のネタバレ!「いつか忘れられても構わない。それまで由利くんは私の生徒」

 

REIKOさん(@reikoyc)がシェアした投稿

 

「どんな手を使っても合格させてみせる」

 

順子は、直接匡平の父親と塾に掛け合い、匡平を理数教科3科目だけ東大受験専門塾『花恵会』に通わせることにします。

 

匡平の担当となったのは、花恵会の中でも一番人気の美人講師・百田朋奈(高梨臨)でした。

百田は、世界トップレベルの大学である NCL(ユニバーシティカレッジロンドン)卒業の肩書を持っていました。

 

「ふざけんな!俺は春見と!」反発する匡平。でも美人講師・百田に…

 

百田は、過去3年間の東大合格実績8割という驚異の実績と実力の持ち主。

初めは、順子以外から勉強を教えてもらうことを嫌がっていた匡平でしたが、実際に百田の授業を受けて、教える腕は確かだと認めます。

 

「嫉妬でしょ。講師としても女としても」

百田は、生徒たちのアイドルのような存在として実績を上げていました。
27歳と若く、学歴、実績、お金もある百田に比べ、自分は「何も叶わない」と、順子は親友・美和(安達祐実)にぼやきます。

「それって嫉妬でしょ。講師としても女としても。ゆり兵、盗られるんじゃないかなって」と、美和。

「何言ってんの!そういうのじゃなくて、私も頑張ろうってはなし!」と、否定する順子。

 

一方、順子の従兄弟・雅志も順子に積極的に出ようと決めながら、順子となかなか かみ合いません。

美和は雅志に、「嫉妬は恋の始まりだから、ピンチかもよ」とはなし、面白がります。

 

やべぇ優等生だった、順子。7秒見つめて女子を恋に落としていた、雅志。

 

ころころさん(@corocoromacha)がシェアした投稿

 

「相手の幸せを願っていても、恋はかなわない。恋は欲望」と、雅志をたきつける、美和。

雅志は、順子に想いを寄せるきっかけになった出来事を、美和に話します。

 

高校一年のときの雅志は、7秒見つめるとすべての女子が恋に落ちるほどモテる男子でした。

あるとき、学校で一番人気のある女子から告白されるも、興味を持てず振ってしまいます

校内でも、順子と仲が良かった雅志。
順子は逆恨みから、教科書を破かれたり、カバンをプールに捨てられたりといった嫌がらせを受けるようになります。

 

見えないところで一人、順子が泣いているのではないかと思った雅志は、振った相手に「順子が嫌がらせをされているみたいなんだけど、何か知らないか?」と詰め寄ります。

「私が振られたと思って、みんなが勝手にやっている」と涙する女子。
「私はいじめられてなんかないから!」と現れる順子。

「だけど、勉強道具だけには触らないで。受験の邪魔さえしなければ、ハブろうが殴りにこようが好きにすれば」
そういって笑顔を見せた順子に、雅志は恋に落ちたのです。

 

そのころ、山下のところには、別れた妻が現れます。

「ねぇ、もう一度やり直せない?」
「ごめん」
好きな人できた?
うなずく、山下。

 

 

深夜、山下は順子の部屋に突然現れ、想いを語ります。

 

「また負けた…」モモちゃん先生の真実。

 

匡さん(@yurikyohei0203)がシェアした投稿

 

百田先生に特別扱いを受ける匡平は、塾でノートを破られる嫌がらせを受けます。

何してもいいけど、つぎ勉強の邪魔したら、容赦しねぇから」と、嫌がらせの相手にタンカを切る、匡平。

 

百田は、匡平に『山王ゼミナール』をやめて『花恵会』に移るように誘います。
「俺、あいつ抜きの受験 考えられないんで」と、匡平は 百田の手を振り払います。

「また負けた…」とつぶやく、百田。

 

百田の過去と今。元同級生・短大卒・バツ2・順子をいじめた過去

百田が、元同級生の牧瀬朋奈だったことに気が付いた雅志。
牧瀬は、雅志に告白して振られた腹いせに、順子に嫌がらせをしていた相手でした。

 

百田は、実際には33歳・学歴を詐称・バツ2・職歴もなかったことをネットにさらされ、『花恵会』をクビになります

「先生、先生、と みんなに必要とされてうれしかったの…必要とされたかった…」「ゆりくんを、私に預けてくれない?東大受験のノウハウなら、春見さんに負けない」と、順子に掛け合う、百田。

「必要とされなくなるのが先生で、私たちは通過点なの」と、話す順子。それを見つめる、匡平。

 

「生徒の希望する進路に引っ張って、最後に手を放して見送るのが仕事」「いつか、忘れられても構わない。それまで、由利くんは私の生徒」「あなたの寂しさを埋めるために、あげるわけにはいかない」

そして順子は、匡平を東大に合格させるために、百田にこれからも協力してくれるように頼みます。

 

匡平。「先生がいくら手ぇ放しても」「じゃぁな…」

 

ゆりゆりこさん(@yokohamayuriyuri)がシェアした投稿

 

『花恵会』からの帰り道。並んで歩く、順子と匡平。

「さっき、あげないって言ってくれたの、すげぇうれしかった」と、匡平。
「先生がいくら手ぇ放しても、俺、何回でもつかみに行くんで」
匡平は、順子を強く抱きしめます。

「じゃぁな…」と、順子をひとりおいて去っていく匡平。

 

百田に匡平を渡したくないと思った気持ちを、嫉妬だと気が付いた順子は、その場で悲鳴を上げるのでした。

 

はじこいアゲイン!そんな方はこちらをチェック!

【「はじこい」の動画無料視聴<4つの方法>徹底比較!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第7話みんなの感想は?

 

ころころさん(@corocoromacha)がシェアした投稿

 

あの最後のハグはキャー!って。タメでも見つけるからって…!! キャー!!
一週間が長くて長くて…ハマりにハマっています。3月に終わってしまったら、どうしたらいいんだろう
やっと1週間待ったのに、また1週間待たなきゃ~ゆりゆりと流星くんがぴったり~
ユリユリがまっすぐで切なくて、かっこいい!

 

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第7話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

この記事では、ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話の「あらすじ&ネタバレ&感想」を書きました。

 

前回の第6話放送後の予告では、匡平が順子に「じゃぁな」なんて意味深に抱き寄せるシーンが流れていました。別れを予感して一週間、気が気ではありませんでしたね。

実際には、ドラマ「はじこい」第7話では、匡平と順子の結びつきが、さらに強くなったようでした。
原作漫画ではまだ登場していなかった、山下の元妻も登場しましたね。

 

ところで、第7話で、雅志・順子・百田の母校の名前が、「都立小松竹高等学校」と出ていました。そして、ゆりゆりたちマイヤン達が通う高校が、南高校。
高校名を聞いて、ちょっとうれしくなってしまう高校生も東京には、きっといるはずです。私も、どきっとしました!

 

次回、ドラマ「はじこい」第8話 予告では、匡平が「受験をやめる!」と涙を浮かべていました
来週の火曜日夜10:00まで、また長い一週間になりそうです。

 

 

注目!「はじこい」のネタ帳

 

スポンサードリンク

-初めて恋をした日に読む話

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.