初めて恋をした日に読む話

はじこい(ドラマ)6話ネタバレ感想!一夜を過ごしたふたり。嫌いになりそうなくらい好きだ

更新日:

この記事では、ドラマ『初めて恋をした日に読む話はじこい)』第6の「あらすじ&ネタバレ&感想」を書いています。

第5話では、ふたりきりで一晩を過ごした順子と山下でした。
翌朝、家の前でふたりでいる順子と山下をみて、匡平は動揺し、逃げ出してしまうのです。

 

ドラマ「はじこい」第6話のネタバレ・あらすじと、ドラマを見た感想を紹介します。

今までの視聴率はこちらからチェック!はじこい視聴率調査!
スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第6話のあらすじは?

 

第6話のあらすじを掲載しました!


酔って順子の家になだれ込み、朝まで雑魚寝した順子と山下のふたりは、家から出てきたところを 匡平に目撃されてしまいます。

泥酔し、順子(深田恭子)山下(中村倫也)は一晩を過ごしてしまった。
一線は越えなかったが、翌朝、家の前で山下と2人でいるところを通学途中の匡平(横浜流星)に見られ順子は動揺する。
さらに、「匡平は順子のことが好きだ」と山下から聞かされパニックになり、仕事終わりの美和(安達祐実)に助けを求める。
話を聞いてもらううちに、匡平を東大に合格させることが何より大事だと再認識した順子は、匡平の気持ちは勉強のし過ぎでおかしくなっているだけだという結論を出す。
その頃匡平は、山下と顔を合わせる気分になれず学校をさぼりカフェで自習していた。
偶然雅志(永山絢斗)と遭遇した匡平は、嫌いになりそうなくらい順子が好きだと思いを吐露し、雅志を慌てさせる。

そんな中、美和の提案で順子たちの高校の同窓会を開くことになり、雅志が幹事を引き受けた。
順子以外の女子にはモテる雅志は、そんな自分を順子に見せるための姑息なアピールの場として気合を入れる。
だが、当の順子は行く気ゼロ。しかし、そこで彼氏を見つけられれば匡平の気の迷いもおさまるかもしれない、という美和の言葉に納得し、同窓会に行くことを決める。

一方で、匡平に勉強を教えていた順子は、数学の質問に即答することができず、自分の力不足を痛感していた。
順子は匡平のためを思い、ある決断をする・・・。

 

「TBS」公式サイトより

 

匡平の東大受験をなんとも成功させたい、順子。自分を思うことで、匡平が大事な時間をロスしていることに気が付いた 順子のとった行動とは?

しかも今回は、ライバル登場の情報も…

順子の恋愛模様はどうなるのでしょうか?!

 

以下、ネタバレです。

 

ゆりゆり大特集!

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第6話のネタバレ!順子と匡平。同じ方向を向きながらすれ違う、ふたりの気持ち…

 

くまこまさん(@_kubota_masataka_)がシェアした投稿

匡平の想いに気が付いた順子。
親友・美和に相談し、「じゃ、悩むことないじゃん。やること決まってくるじゃん。」とアドバイスを受けるのです。

順子が出した決断とは?

 

匡平。「好きで好きで、嫌いになりそうなくらい好きです。」

匡平は、山下と顔を合わせることを避け、高校をさぼりカフェへ。
匡平をみつけ、声をかける雅志

 

「八雲さんは、そんなに長い間 春見のことが好きで、嫌いになりそうになったことがないんですか?」と、匡平。
「嫌いになったの?」

「はい。好きで好きで、嫌いになりそうなくらい好きです。」
「それって、順子と何かあったってことだよね」と動揺する、雅志。

 

「私でいいの?」「春見がいいの」恋をはげみに…

 

#初めて恋をした日に読む話 #横浜流星 #ゆりゆり #無敵ピンク #はるみ

くまこまさん(@_kubota_masataka_)がシェアした投稿 –

塾で、講師とのけじめがなかったことを謝る順子。
そんな順子に、「ガタガタ、うるせえんだよ!早く勉強教えろよ!」と、匡平。

「私でいいの?」と順子。
「春見がいいの」と、匡平。

ゆりゆりの受験を、私が邪魔するわけにはいかない。と決断した順子は、
匡平に、適正年齢の女子との健全な恋をして、受験に向かうように勧めます。

 

勝負に出た雅志。20年越しの片思いを…決める!

東大を卒業し、エリートとして商社に勤務をする雅志。
美和の提案で、高校の同窓会を開くことになり、幹事を引き受けます。

順子以外の女子にはもてもての雅志は、自分の価値を順子にアピールするためにと、気合を入れてます。

 

「東大さえ受かってくれれば!」「東大さえ受かれば」同じ方向を向きながらすれ違う、ふたりの気持ち…

 

ゆりゆりこさん(@yokohamayuriyuri)がシェアした投稿

勝負の夏休み。

「あいつ早く受験 終わってくんねぇかな」と、ぼやく雅志。
「東大さえ受かれば、来年は…」と、匡平を励ます順子。
「うん。わかっている」と、熱く順子を見つめ返す匡平。

 

順子への気持ちを証明するかのように、着実に学力を伸ばす匡平。
一方で、教える自分の力の限界を感じ始めた順子

 

雅志v.s.山下。「俺はオマエの気持ちが知りたいんだ」

 

@michan_5513がシェアした投稿

 

同窓会が終わり、バーに気まずく飲む雅志と山下

山下は挑むように、順子への気持ちと 順子の部屋に泊まったことを告げます。
雅志は、怒りに駆られ、山下に殴り掛かかります。

 

匡平v.s.山下。「盗られるつもりなぇから。引っ込んでろ!おれンだ」

 

雅志に殴られケガをしたままの顔で、授業をする山下に、生徒たちの間では「浮気」「不倫」「離婚」などと憶測が飛びます。

山下を呼び止める匡平。「あのさ、結婚してなかったっけ?」

離婚し、順子のことは本気だと告げる山下。

宣戦布告する匡平。

 

「20年なにもしねえ八雲さんにも、十何年ぶりにふらっと出てきたヤツにも、盗られるつもりなぇから。引っ込んでろ!おれンだ」

 

「順、お前 なに考えているんだよ…」
「お前、山下のこと、好きなのか?」

 

一番大切なことは?順子が決めた決断とは…

着実に学力をつけ、東大が視野に入ってきた匡平

順子は匡平に、「現役にこだわるのか?あくまでも理Ⅲを狙って、浪人も覚悟するのか?」東大を目指すにあたって一番大切なものは?と問います。

「2年も3年も待てない。早く合格して、春見に話したいことがある」と、順子をみつめる匡平。

「歳とか、先生とか肩書とかそんなん関係なくて、春見に会いたかった」と、順子をみつめる匡平。
「私は、先生として会えてよかったよ。ゆりゆりを東大に合格させることができるから」

 

 

一方、匡平を認めていなかった父親・由利 菖次郎。
「お前にとって一番大切なものはなんだ?お前がもし本気なら、東大に確実に入学させることができる、優秀な家庭教師を用意することができる」と、匡平に向き合うようになるのです。

自分にとって一番大切なことは、順子と東大に合格することだと、匡平は菖次郎の申し入れをはねのけます。

 

そして、自分の力不足に焦りを感じる順子は、匡平を東大専門塾に入塾させることを掛けあるのです…

 

はじこいアゲイン!そんな方はこちらをチェック!

【「はじこい」の動画無料視聴<4つの方法>徹底比較!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第6話みんなの感想は?

 

今回は、順子がゆりゆりの気持ちに気が付きつつも、匡平のために下した決断が、切なかったですね。
次回から、ふたりは別々の道を歩むのでしょうか?

匡平の「引っ込んでろ!おれンだ」に息が止まりそうになりました。

 

このドラマ好きです。素直に観れます。
ゆりゆりが、真っ直ぐで強く、カッコイイ。応援したくなるし、まっすぐな目に心臓が痛くなる。
仕事もできるし賢くて雅志推し!でも、難しそう…。山下はちらりとエロを入れてくる。
「引っ込んでろ!」「春見がいいの」もすてきだけど、「春見が年上なのも~春見と普通に会いたかった」というユリユリに萌えました。

 

スポンサードリンク

ドラマ「はじこい」第6話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

今回は、話題の『初めて恋をした日に読む話』第6話のネタバレあらすじとドラマを見た感想を紹介しました。

順子が下した決断に、匡平はどんな態度をとるのでしょうか?このままふたりは別の道を歩んでいくことになるのでしょうか?

このドラマは、視聴熱ランキングが高いことでも話題となっています。
匡平の「引っ込んでろ!おれンだ」の、あのセリフがSNSで話題になりそうですね。

話題の『初めて恋をした日に読む話』第6話のネタバレあらすじとドラマを見た感想を紹介しました。

 

スポンサードリンク

-初めて恋をした日に読む話

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.