グランメゾン東京

グランメゾン東京のロケ地撮影場所は浦安/代官山/合羽橋!キムタク遭遇者の声も!

更新日:

この記事では、ドラマ「グランメゾン東京」のロケ地について調査します。

10月からの日曜劇場に登場する「グランメゾン東京」、クランクインした撮影場所はパリのレストラン!

日本国内では、東京近郊でのロケが多いようです。

浦安、豊洲、合羽橋、などが撮影場所になっています。

では早速、ドラマ「グランメゾン東京」パリのロケ地や浦安、豊洲、合羽橋、など撮影場所を見ていきましょう!

代官山でのロケの情報も入ってきたので追記しました!

 

スポンサードリンク

ドラマ「グランメゾン東京」のロケ地&撮影場所のレストランはパリ!?

10月からの日曜劇場に登場する木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」

パリでレストランを開き二つ星シェフだった木村拓哉さんが演じる型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹 (おばな・なつき)。

自分の慢心で店を失っていまいます。ショフとして人として生き直していくため奮闘するドラマなのだそう。

そう、パリでレストランを開いているシェフが主人公なのです。

クランクインした撮影場所は、フランスはパリです。

その場所というのが、世界的に有名な超高級三つ星レストラン 「ランブロワジー」なのです。

ドラマの撮影で使われたのは世界初、ゴージャスな店内がドラマに登場するようです。

 

ドラマ「グランメゾン東京」のロケ地レストラン「ランブロワジー」とは?

パリで最も有名なレストラン「ランブロワジー」。

世界最高峰の味を誇り、パリで最も予約が取れないレストランなのだとか。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

One of @parisjetaime most romantic restaurant #valentine #clefsdorparis #conciergecastille

Stéphanemouttetさん(@stephanemouttet)がシェアした投稿 –

ミシュランガイドの星はご存知ですよね。

覆面調査員たちによって、秘密裏に評価されて、星をとるとミシュランガイドに掲載されます。
最高の評価の三ツ星をとることは大変な名誉とされています。

でもとても大変なことでも有名ですよね。

パリの中でも、ミシュランに三つ星の評価を受ける店はわずか9店舗なのだとか。

レストラン「ランブロワジー」はその三つ星を20年以上獲得し続ける驚異のレストランなのです。

今回の撮影もミシュランガイドの全面協力があったそうですよ。

フランス語の綴りは L’Ambroisie(ランブロワジー)

ランブロワジーは菊科ぶた草属の植物・漢方薬の一種なのだそう。

語源は、ギリシャ神話に登場する神々の食べ物“アンブロシア”

アンブロシアは「不死」を意味していて、ギリシア神話に登場する神々の食べ物とされて、口にしたものは人間であっても、不死が与えられたのだそうです。

なんだかロマンチックな名前です。

木村拓哉さん演じる尾花がパリに自分の店を持ち二つ星を獲得していた頃のシーンが撮影されたよう。
どんなシーンか映像が楽しみですね。

 

「ランブロワジー」には日本人シェフも

「ランブロワジー」 のオーナーシェフはベルナール・パコー氏。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lui c’est #bernardpacaud le plus discret des #3etoilesmichelin

Gilles Pudlowskiさん(@gillespudlo)がシェアした投稿 –

20年間3つ星を獲得し続けている伝説の凄腕シェフです。

 

そんなレストランの最高峰とも言える「ランブロワジー」には日本人のシェフも活躍しています。

吉冨力良さんは「ランブロワジー」 で花形である肉の部門シェフを務める日本人男性。

弱冠23歳で単身フランスに渡り、現在は世界最高峰の三つ星レストランで腕を磨く吉冨力良さん。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Réveillon à domicile

Chikara Yoshitomiさん(@chikara_yoshitomi)がシェアした投稿 –

熊本県出身の吉冨さん、

小さい頃から家の手伝いをして誰かに喜んでもらえるのが嬉しかったですし、両親が共働きだったのもあり、料理も子どもの頃から作っていて、ずっと料理人になりたいという思いはありました。

とインタビューで答えていらっしゃいます。

フランス料理に取り組んだものの一度はあきらめかけたのだそう。最後にフランスを見て、料理人を諦めようと渡仏。パリの美しさに感動して、もう一度やってみようと思ったそうです。

苦難の連続の末、修行を積んで「ランブロワジー」に入店。

パテ・アンクルート世界大会に挑戦し、2017年に2回目の挑戦でなんと優勝!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Pâté en croûte 2017

Chikara Yoshitomiさん(@chikara_yoshitomi)がシェアした投稿 –

肉などの具材をパイ生地で包んだパテ・アンクルートは、日本のおにぎりのような存在だそう。

そんなフランス人の心の味の世界大会で優勝するとは、素晴らしいことですね。

木村拓哉さんも、吉冨力良さんのの生き様や料理に対する姿勢に感銘を受けて、料理の演技に関して手ほどきを受けたそうですから、ドラマでのお料理シーンも見所になりそうですね。

 

スポンサードリンク

ドラマ「グランメゾン東京」ロケ地情報/新浦安

ドラマ「グランメゾン東京」では、エキストラ募集がたくさん行われています。

その中で目立つのが新浦安のホテルシーン。

ホテルで働く平古祥平役 の玉森裕太 さんは一流ホテルの最年少料理長という設定です。

どうやらそのシーンが新浦安にあるホテルで撮影されたよう。

ロケ地になった新浦安のホテルとは、「浦安ブライトンホテル東京ベイ」ではないかと思われます。

「浦安ブライトンホテル東京ベイ」には、1階にレストラン「カシュカシュ」があり、ネオ・ビストロ・ビュッフェが楽しめるよう。

平古祥平(玉森裕太さん)は、ビュッフェのシェフの設定ですから、この レストラン「カシュカシュ」で撮影されたのではないでしょうか。

レストラン「カシュカシュ」は、伝統のローストビーフがオススメだそう。

低温調理でじっくり仕上げ、肉の旨みと油の甘みを最大限に引き出した自信の一品。

ドラマの公式ツイッターでもローストビーフを格闘しているという玉森さんの情報が上がっています。

とにかく美味しそうです。

日曜の夜にこれを見るんですねえ。

お腹を空かせてドラマを見るのは危険です。

 

スポンサードリンク

ドラマ「グランメゾン東京」ロケ地情報/豊洲

築地市場から移転して新たに東京の台所活躍している豊洲市場。

この10月で1周年を迎えます。

ここ豊洲市場でもロケが行われたようです。

このロケ、当の豊洲市場関係者も知らなかったそう。

何しろ木村拓哉さんが突然現れて、みんなびっくりしたようです。

それはそうですよね!

いつもの職場にキムタク出現って!

誰だって、興奮してしまいます。

一時混乱するものの、皆さん市場関係者のエキストラ役として共演することになったようです。

本物の市場関係者による本物の市場の雰囲気の中の撮影になったようで、楽しみなシーンですね。

活気のある本物の市場の雰囲気がドラマの中で見られます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「グランメゾン東京」ロケ地情報/合羽橋

ドラマ「グランメゾン東京」の公式ツイッターには、合羽橋での一コマもリポートされていました。

キャプテン(=木村拓哉さん)の晴れ男ぶりが発揮され、雨が降っていた撮影準備も、木村拓哉さんの登場で晴れたのだとか。

こういうところはやっぱりスターだなーと思ってしまいますね。

合羽橋といえば東京の道具街。台所用品や店舗用品がなら家庭用業務用を問わず、すべて揃う場所ですね。

現在は海外からの観光客にも大人気のスポット。

パリの店を追われたキムタクが、東京で3つ星ホテルを目指すわけですから、新しい店のための準備に合羽橋を訪れた、というシーンなのでしょうか?

合羽橋道具街のどのお店かまではわかりませんでしたが、独特の賑わいのある合羽橋には、木村拓哉さんが似合うような気がしてきます。

それにしても、いろいろなところでロケをされているようで、

東京都渋谷区や横浜市の高級レストラン、日本橋の道、東京江東区のコンビニなど、エキストラ募集がされています。

千葉市中央区でフードフェスのシーンがあったりと、やっぱり食べ物に関するシーンが多いのです。

日曜の夜に、美味しいシーンをたくさん見たら、お腹がすくんだろうなあ、という心配まで出てきますよね。

 

追記!ドラマ「グランメゾン東京」ロケ地情報/代官山

ドラマ「グランメゾン東京」のロケ地について追加情報です。

エキストラ募集が行われていた、渋谷区の高級レストランがわかりました。

「メゾン ポール・ボキューズ」

ポール・ボキューズ(Paul Bocuse)氏がオーナーのフランスリヨンの名店「ポール・ボキューズ」の伝統を引き継ぐグランメゾンです。

「ポール・ボキューズ」はフランスで50年以上3つ星を取り続ける、まさに世界的な名店です。

代官山の「メゾン ポール・ボキューズ」は、その日本支店とも呼べるところ。

ディナーコースは9,000円から!

メニューには、ポール・ボキューズ氏の得意とした伝説の「トリュフスープ」も!

アール・ヌーヴォー調のバーラウンジや、落ち着いたメインダイニングで食事を楽しめるそう!

まさに高級フレンチですね。

東京都渋谷区猿楽町の代官山フォーラム の地下1Fにある「メゾン ポール・ボキューズ」

エキストラ募集の他に、近隣の方の木村拓哉さんや鈴木京香さんの目撃情報もあり、間違いないでしょう。

それにしてもフランスロケから撮影が始まり、

パリで最も有名なレストラン「ランブロワジー」での撮影が実現したり、

品川のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフが料理監修をつとめたり、

日本の名だたるレストランの協力があるなど、

すごい布陣ですよね。

こういった撮影協力の布陣が実現したのは、ミシュランガイドの全面協力があるからなのだそう。

お料理だけでなく、フレンチの華やかな雰囲気も楽しめそうですね。

 

グランメゾン東京のロケ地レストランはパリ?!撮影場所裏情報! まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」の撮影場所としてロケ地になったパリのレストランを見てきました。

浦安、豊洲、合羽橋、などが撮影場所になっていて、キムタク遭遇もできるかもしれませんね!

ドラマの放送と重ね合わせながら、ぜひチェックしてみてください♪

放送を見逃した人も無料で見れるので大丈夫^^)

また順次追加していきますね~!

 

スポンサードリンク

-グランメゾン東京

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.