グランメゾン東京

グランメゾン東京の最終回結末予想!恋は?三ツ星は?勝手に暴露!

投稿日:

この記事では、ドラマ「グランメゾン東京」の結末を予想してみます!

木村拓哉さん主演のドラマ「グランメゾン東京」、10月20日から放送開始です。

最終回の結末を大胆予想してみました!

どんな結末で最終回はどうなるのでしょうか。早速見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

ドラマ「グランメゾン東京」の最終回結末に影響する重要な登場人物は?

TBS系列、日曜夜9時からの日曜劇場で始まる「グランメゾン東京」

登場人物はどんな方たちでしょう。

木村拓哉さん演じる尾花夏樹(おばな なつき)。

鈴木京香さん演じる早見倫子(はやみ りんこ)。

お二人ともフランス料理のシェフを演じます。

そして沢村一輝さん演じる京野陸太郎(きょうの りくたろう)。

尾花から、絶対に欠かすことが出来ないビジネスパートナーと言われる人物。

尾上菊之助さん演じるライバルのシェフ、丹後学(たんご まなぶ)

玉森裕太さん演じる若手シェフ、平古祥平(ひらこ しょうへい)

冨永愛さん演じる料理愛好家で、グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長、リンダ・真知子・リシャール

及川光博さん演じる人気WEB料理研究家、相沢瓶人(あいざわ かめひと)

芹田公一役は、なんと佐藤浩市さんの息子さんである寛一郎さんだったり・・・・

 

華やかで豪華です。

主人公は料理に人生をかけ、その天賦の才能でパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得するも、己の慢心から招いた重大事件によってその座を追われ、店も仲間もすべて失ってしまった男、尾花夏樹(木村拓哉さん)です。

どん底まで転落した尾花が演じる女性シェフ・早見倫子 (鈴木京香さん) と出会い、もう一度シェフとして生き直し、周囲と衝突しながらも世界最高の三つ星レストラン 「グランメゾン東京」 を作り上げようと奮闘する姿が描かれていくストーリーです。

いろいろな情報を集めてみると、

・成長しながら、失敗から立ち上がり、復活を目指す大人たちの挑戦ストーリー

・一人ではなく、みんなで作り上げることの重要さを知るストーリー

・大人のラブストーリー

という感じです。

この3つを柱に、どんな結末になるのか予想してみましょう。

 

スポンサードリンク

「グランメゾン東京」の最終回結末を独自で大胆予想!

↑で見えてきた

・成長しながら、失敗から立ち上がり、復活を目指す大人たちの挑戦ストーリー

・一人ではなく、みんなで作り上げることの重要さを知るストーリー

・大人のラブストーリー

この3つの視点を見つつ、最終回結末を勝手に予想していきます!

 

予想その1:主人公尾花夏樹 (木村拓哉)は復活できるのか

主人公尾花夏樹 (木村拓哉さん)は、パリの2つ星シェフでしたが、失態によって、店も仲間も全て失います。

早見倫子 (鈴木京香さん) との出会いで、もう一度再起を目指すことに。

早見倫子 (鈴木京香さん) は、絶対味覚があるのだそう。

その早見倫子 (鈴木京香さん) が、尾花夏樹 (木村拓哉さん)を信頼しながら、他の人との間に入って、誤解されがちな尾花を支えていくのでしょう。

早見倫子 (鈴木京香さん)と衝突しながらも、周りの人と協力しながら、レストランを作り上げていく尾花。

型破りな個性を存分に発揮しつつ、周囲に敬意を持つようになって、人間的にもう一段階成長していくはず。

ライバルの丹後学(尾上菊之助さん)には、非常に厳しいことを言われるものの、腕のいいシェフ同士、お互いの実力は認め合っているのでしょう。

ライバルとお互いを意識して刺激し合いながら、シェフとして見事に復活するでしょう。

 

予想その2:「グランメゾン東京」は3つ星になれるのか

尾上菊之助さん演じる丹後学(たんご まなぶ)がシェフを務めるレストラン「gaku」のギャルソンが、沢村一樹さん演じる京野陸太郎(きょうの りくたろう)。

丹後学(尾上菊之助さん)は、尾花夏樹 (木村拓哉さん)の最大のライバルで、シェフとして成功しています。

京野陸太郎(沢村一樹さん)は、かつては尾花とパリで店を立ち上げた際の共同経営者で、「フロアからホールから経営からあいつがいないと何も始まらない」と言わせるキーパーソンです。

料理の味だけでなく、サービスも星の数に関わってきます。

スターシェフただ一人ではなく、レストランのスタッフみんなが星に値する働きをすることが必要。

それを実現するのは京野陸太郎(沢村一樹さん)なのでしょう。

レストラン「gaku」から京野を引き抜き、ビジネスパートナーとして共に「グランメゾン東京」を作り上げていくのでしょうね。

最終回に三つ星になれるのでしょうか。

予想は、なれそうだけど、はっきりは描かれない。

3つ星になっていても、なっていなくても、美味しくて素敵な時間を過ごせる極上のレストランだ。という結末ではないでしょうか!

 

予想その3:恋のハッピーエンドはあるのか

ドラマ「グランメゾン東京」は登場人物のほとんどが、40代の役のよう

大人たちの恋模様が見られるのかもしれませんね。

仕事の成功だけでなく、プライベートでの充実も人生には必要なことですからね。

冨永愛さん演じるリンダ・真知子・リシャールは、料理愛好家で、グルメ雑誌「マリ・クレール ダイニング」の編集長。

パリ時代の尾花を深く知っていて(元恋人とか?)、3年前にパリで尾花が起こした事件の真相を探っているらしいのです。

冨永愛さんのファッションも注目ですね。

リンダ(冨永愛さん)を意識する早見倫子(鈴木京香さん) 。

冨永愛さん、迫力のある美人ですからね。鈴木京香さんといえども強敵です。

それでも、頑張り屋でもあり未熟でもある早見倫子は、尾花とお互いを支え合って、信頼し合える仲になるのではないでしょうか。

最後は結婚などはっきりした区切りがあるわけではないけれど、信頼しあう尾花と倫子の二人を核として、レストランが今日も開店する。

という結末だといいいなあ、と思います。

 

現在1話放送!ココから無料視聴できますよ>>

 

スポンサードリンク

「グランメゾン東京」の最終回結末予想!まとめ

ドラマ「グランメゾン東京」の結末を予想してみました。

基本的にレルトランも軌道に乗り、人間関係もうまくいくストーリーだろうけれど、最後は色々想像できるラストになるといいなあと思いました。

あなたはどう思われましたか!

10月20日から放送開始ですが、大胆予想というか妄想というか。

最終回まで、楽しみにしましょうね。

スポンサードリンク

-グランメゾン東京

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.