エンタメ

「Google Wifi」家庭用Wi-Fiルーター発売!一戸建て2階3階でも安定した通信が可能に

投稿日:2018年4月26日 更新日:

Googleが、家庭で利用するWi-Fiルーター「Google Wifi」を4月26日に発売することがわかりました。

オンラインのGoogleストアや家電量販店などで購入可能。

価格(税別)は1台が1万5000円、3台パックが3万9000円。

実は海外では2016年に発売された製品で、日本ではやや遅れての導入ですが、安定通信が期待大ですよ!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

家庭用Wi-Fiルーター「Google Wifi」の概要

Joy
こんにちは!Joyです。

まさかGoogleがWi-Fiを出すなんてびっくりしました!

でも楽天も第4の携帯会社になりますし、時代はどんどん変化しているんですね。

どんなものなのか調べてみましたよ!

 

 

Wi-Fi機器としてはとてもシンプルな感じがしますよね。

 

Google Wifi

サイズ:106.12(直径)×68.75(高さ)mm

重量:340g

カラー:ホワイトのみ

IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応

2.4GHzと5GHzのデュアルバンド対応

ギガビットイーサネットポート2つ搭載

ネットワーク暗号化技術に:WPA2-PSK採用

TXビームフォーミング、Bluetooth Smartがサポート

メモリ:512MBメモリと4GBのストレージを内蔵

電源:15WのACアダプター、消費電力は最大9W

 

Google Wifiの特徴はネットワークの安定性能

「Google Wifi」の特徴として、途切れやすいWi-Fiを安定させる性能が重要視されています。

これは「ネットワークアシスト」と呼ばれる技術を採用している点です。

 

ユーザーの環境に応じて混雑していないWi-Fiのチャネルと、より高速な帯域(2.4GHz帯か5GHz帯)に自動で接続してくれます。

ユーザー自身で複雑な設定をすることなく、自動で高速なWi-Fiネットワークを選択してくれるのです。

 

Google Wifiを複数設置するとメッシュWi-Fi技術によってカバーエリアがさらに広がる

また「メッシュWi-Fi技術」を搭載しているのも特徴の1つです。

3個セットを購入してGoogle Wifiを複数設置することでルーターが相互に通信し、

カバーエリアを広げることで電波の届きにくい場所をなくしてくれます。

 

 

Google Wifiを複数設置した状態で家の中を移動すると、その場所で最適なルーターに自動で接続するので、

どこにいても安定して通信できることが期待されるそうですよ。

Googleによると、マンションや中規模住宅など約85平方m以下の環境なら、Google Wifiは1台で十分。

85~170平方mなら2台、さらに広い170~255平方メートルなら3台必要だとしています。

2階~3階建ての家でも、Google Wifiを複数台を設置すれば、エリアを漏れなくカバーできるので、

部屋を移動したら全然Wi-Fiが効かなくなってつながらない!なんてことがなくなりそうですね。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Google Wifiは「Google Wifi アプリ」を利用して動作する

AndroidとiOS向けの「Google Wifiアプリ」を利用することで、どの端末がどの帯域に接続しているかを確認したり、特定端末の通信を優先、切断したりできます。

例えば下記のような使い方ができますよ。

  • テレビ会議や動画ストリーミングを利用しているスマートフォンを優先接続することができる。
  • 家族での利用を想定し、子どもが特定の時間帯(食事中、勉強中、就寝中など)にWi-Fi通信できないよう、ネットワークを切断する。
  • ゲスト用ネットワークを設定する。
  • 外出先で自宅のWi-Fiルーターの利用状況を確認する。

特に家族向けの設定はありがたいですね!

 

他の機能としては、パスワードをアプリで表示してSMSで共有、速度テスト、

ネットワーク名に絵文字を入れることもできます。

 

Google Wifi アプリの最初の使い方

最初の使い方を説明します。

 

Google Wifiアプリをスマートフォンにダウンロードし、

ルーターをモデムに接続、

スマホからWi-Fiに接続後、アプリの指示に沿って設定。

 

この3ステップでスマホでGoogle Wifiを使う設定は完了するのでとっても簡単ですね。

 

なお初期設定時にはGoogleアカウントが必要なので取得するのを忘れずに。

 

スポンサードリンク

Google Wifiはユーザー調査でわかったWi-Fi速度の不満解消のために作られた機器

Google Wifiはもともとユーザー調査の中で問題点だったWi-Fiの速度パフォーマンスを向上させるために生まれました。

Google ハードウェア プロダクトマネージャーのアレックス・キングさんによると、

「3年ほど前からユーザー調査を行った結果、Wi-Fiルーターはキャビネットの中、ソファの下、

テレビの裏に置いている人が多いが、そうするとWi-Fiのパフォーマンスが半減してしまう。

またWi-Fi通信は、共有されているチャネル上で走っているので、混雑することがある。

複雑な設定にストレスを感じている人が多いことも分かった」と話しています。

 

Wi-Fiの「速度」やWi-Fi機器の複雑な「設定」の不満を解消するためにわざわざ開発し、生まれたのがGoogle Wifiだったのですね。

 

また、下記のようにも伝えています。

「複数台を設置すれば、シームレスにWi-Fiポイント間を行ったり来たりでき、歩き回っても遅延が起きたり接続が途絶えたりしない。」

 

やはり将来的にはWi-Fiを使用するデバイスが今よりもさらに増えるので、

家の中にいたとしても止まって作業するわけではなく、

スマホを持ち歩くように様々に動いて、電子機器を今よりも活用していく時代となっていくのでしょうね。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Joyのヒトコト。

インテリアとしてはとてもおしゃれな円形のデザイン。家の中に置くには困らなそうですね。

ただ、値段と相談といったところかもしれません。あとは米国では2年前に発売された製品、というのもちょっとネックかも。

仕事場や自宅環境などの死角の場所などを考慮して、一度検討してみては?

 

Joy
以上、Joyでした!
スポンサードリンク

-エンタメ
-, ,

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.