永遠のニシパ

永遠のニシパのネタバレ結末は?原作との違いやあらすじまとめ!

投稿日:

この記事では「永遠のニシパのネタバレ結末・原作との違いやあらすじ」をまとめました。

北海道150記念ドラマとして制作された「永遠のニシパ」!

6月7日に北海道で先行放送された後、7月15日に全国で放送されます。

そんな「永遠のニシパのネタバレ結末・原作との違いやあらすじ」を紹介します。

 

スポンサードリンク

「永遠のニシパ」のあらすじは?

 

「永遠のニシパ」は北海道150年記念ドラマとしてNHKが制作しました。

主演は嵐の松本潤さん、そしてアイヌ人女性・リセを深田恭子さんが演じます。

そんな「永遠のニシパ」のあらすじは以下の通りです。

 

ペリーの黒船来航、ロシアの国境策定要求など江戸幕府は海外列強から開国を迫られる未曾有の危機にあった。

武四郎は蝦夷地をロシアから守らなければならないと決意して探索する。

蝦夷地探索はアイヌの人々の案内で行われた。

そして武四郎はアイヌ文化の豊かさやアイヌの人々のやさしさに共感していく。

しかしやがて蝦夷地を経営している松前藩のアイヌの搾取略奪を目の当たりにするようになる。

武四郎はアイヌ女性リセと出会う。

リセは美しく気高く家族を守っているが多くを語らない過去のいきさつがあり、愁いを帯びた瞳が印象的だった。

武四郎は江戸に帰り、蝦夷地図を出版する。

そしてアイヌが搾取されている厳しい実態を告発した。

これに激怒した松前藩は武四郎に様々な妨害工作を仕掛け、遂には武四郎の命を奪おうと刺客を放つ。

命からがらに追われながらも武四郎は江戸幕府に雇われて、ふたたび蝦夷地を探索することになる。

今やロシアの南下を防ぐために蝦夷地の開拓は急を要していて武四郎に再び白羽の矢が立ったのだ。

 

「永遠のニシパ」公式HPより

 

こうしてみると、蝦夷地探検は命がけであったことが分かります。

命がけの蝦夷地探検の様子を松本潤さんがどのように演じるかが楽しみです。

 

スポンサードリンク

「永遠のニシパ」の原作は?

 

「永遠のニシパ」ですが、こちらには原作はなく、あくまで「北海道150年記念ドラマ」として制作されます。

とはいえ、松浦武四郎は実在の人物なので、武四郎の生き様そのものが原作といえるでしょう。

 

松浦武四郎の生涯を簡単に紹介します。

 

松浦武四郎の生涯

松浦武四郎は1818年に伊勢国一志郡須川村(現在の三重県松阪市小野江町)に生まれました。

13歳に漢学者・平松楽斎の元で学び、後に探検家として必要な素養を身に着けたとされています。

また、山本亡羊の元で本草学を学び、16歳から日本諸国を巡りました。

そして、1844年に蝦夷地探検に出発します。

1846年には松前藩医・西川春庵の下僕として同行し、北海道のみならず、択捉島や樺太まで行きました。

1855年に江戸幕府から蝦夷御用御雇に任命され、蝦夷地を探索しました。

そして、江戸に戻った後、「東西蝦夷山川地理取調図」を出版しました。

明治維新後には大久保利通に見いだされ、1869年には明治政府より「開拓判官」に任命されました。

そして、蝦夷地を「北海道」(当初は「北加伊道」)と名付けています。

また、アイヌ語を参考に、群名など、各地の地名を名付けています。

ただ、北海道開拓の方針を巡って対立。

1870年に従五位の官位を返上しました。

余生は著述を行いながら、全国各地を歴遊しました。

1888年、東京神田五軒町の自宅で脳溢血により死去しました。

 

ドラマでは、武四郎の生きざまに沿った形で描かれるのではないかと思われます。

 

スポンサードリンク

「永遠のニシパ」の結末は?

 

先に松浦武四郎の生涯を紹介しましたが、ドラマの登場人物に「第二代開拓使長官・東久世通禧」がいました。

東久世通禧は七卿落ちで長州に逃れた尊王攘夷派公卿の1人で、王政復古後には外国事務総督などを務めています。

この人物こそが松浦武四郎と蝦夷地開拓を巡って激しく対立します。

 

ドラマでは松浦武四郎が東久世通禧と対立の末、官位を返上する様子を描き、その後、著述家としての生活の様子を描きながら、ドラマは終了するのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

永遠のニシパのネタバレ結末は?原作との違いやあらすじまとめ!

 

この記事では「永遠のニシパのネタバレ結末・原作との違いやあらすじ」をまとめました。

このドラマは、江戸時代末期に蝦夷地を探索し、明治時代に「北海道(当初は「北加伊道」)」と名付けた松浦武四郎の生涯を描いています。

蝦夷地の探索は困難を極め、武四郎は時には松前藩から命を狙われることもあったようです。

また、明治時代に入ると開拓判官に任命されるも北海道の開拓を巡り対立し、官位を返上しました。

そんな激動の様子をドラマで伝えてくれるのではないかと期待しています。

スポンサードリンク

-永遠のニシパ

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.