エンタメ

『半分、青い。』星野源のオープニング&NHK朝ドラ初の胎児からスタートに反響!

更新日:

本日4月2日からスタートした朝の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合ほか)。

ヒロインは朝ドラ初出演にして大抜擢の若手女優・永野芽郁さん。

脚本は北川悦吏子さん、主題歌は星野源さん、他にも豪華な共演陣で既に大きな話題となっています。

本日から始まった『半分、青い。』をさらに楽しむため、見どころをチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

『半分、青い。』第1週のあらすじ

Joy
こんにちは、Joyです!

まずは始まったばかりの『半分、青い。』の第1週のあらすじを見ていきましょう。

 

公式サイトより

 

1971年の岐阜県のとある田舎町。

家族で食堂を営む楡野晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。

同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。

一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。

女の子の名前は鈴愛(すずめ)、男の子の名前は律(りつ)。

ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。

やがて迎えた1980年。鈴愛(矢崎由紗)は天真爛漫な少女に、そして律(高村佳偉人)は、クールだが心優しい少年になっていた。

ある日二人は、鈴愛の突拍子もない発想から、ある壮大な計画に乗り出す。(公式サイトより)

 

他の番宣番組などで伝えられた情報によると、この後鈴愛は小学生のころに病気で左耳が聞こえなくなってしまいます。

しかし活発さを持ち続けた鈴愛は、周りのサポートもあり元気に成長していきます。

高校で「少女漫画家になりたい」という夢を持ち、バブル真っただ中の東京に上京。

社会の波、競争の波にもまれながら、失敗を繰り返すも出会った男性と結婚、子供を授かります。

しかし突然シングルマザーとなりますが、岐阜の実家へと帰り、モノづくりの世界へ飛び込んで再スタートを切ります。

やがて持ち前の大胆なアイデアを繰り出し、大革命を成し遂げる、という物語のようです。

 

スポンサードリンク

『半分、青い。』注目ポイント①北川悦吏子さんの脚本「ヒロインが胎児からスタート」

注目ポイントとして今回の脚本は北川悦吏子さんが手がけていることですが、

まずチャレンジングなのは今までの朝ドラにはない「ヒロインが胎児からスタートしている」というものです。

 

胎児はCGで表現し、そのアテレコをヒロインの永野芽郁さんが務めています。

収録では赤ん坊っぽく読むことにとても苦戦したようですよ。

 

今日の放送を見た視聴者は、

 

https://twitter.com/meimei_Love13/status/980585066853105664

というように、生まれていないことにかなりの驚きを感じているようです。

 

北川悦吏子さんの脚本ということで、『愛していると言ってくれ』『ロングバケーション』などの恋愛ものを感じるかもしれませんが、

今回の『半分、青い。』はホームドラマとして脚本にあたっているとのことです。

そして今までの朝ドラヒットの法則も無視(笑)

タイトルの付け方も今までにないものですし、「本当にいた人の話」「戦争を挟む」と当たるという法則を敢えて外しているようです。

 

しかし、チャレンジをしないと新しいものは生まれませんからね。

今回の朝ドラは誰も見たことのない雰囲気になっていくのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

『半分、青い。』注目ポイント②佐藤健の出演!

主人公、鈴愛の幼なじみで物語に大きく関わっていく役どころの「律」を演じるのは、人気俳優の佐藤健さん。

近年は『るろうに剣心』『亜人』『いぬやしき』など、激しいアクションシーンの出演が多く、実力派俳優として認められてきていますが、

意外にも朝ドラの出演は今回が初めてとなります。

 

現在29歳という年齢から、高校生を演じるのは少し大変ではないかな、という声もあったようです。

 

しかし、今日の放送を見た視聴者からは、

 

と、かなりの評判のようですよ。

律は優しいだけでなく強さや意思を兼ね備えているキャラクターだそうで、成績優秀でバスケも得意だとか。

日本中の女性が注目するのは間違いないですね。

 

スポンサードリンク

『半分、青い。』注目ポイント③星野源のオープニング主題歌に大反響!

さらに、星野源さんが今回主題歌を歌うということでも注目を集めていました。

そのタイトルは『半分、青い。』の内容にもふさわしく、『アイデア』。

今日の放送でのキャッチ―で爽やかなメロディに大きな反響を呼んでいます。

 

https://twitter.com/rinrinrin_angel/status/980118148203520000

https://twitter.com/monotoma1/status/980617753831747584

こちらもかなりの評判のようですね。

ちなみに永野芽郁さんと星野源さんは『真田丸』で親子役だったそうで、実際に永野芽郁さんは星野源さんのファンなんだとか。

主題歌が決まる前から星野源さんの楽曲を主題歌としてイメージしていたそうで、本当に決まったときはとても驚いたそうです。

 

『真田丸』ファンにとっても注目のコラボレーションですね!

 

『半分、青い。』その他共演陣・スタッフ

ここまでもかなり豪華な出演者・制作陣ですが、脇を固める共演者もとても素敵な方々が揃っていますよ。

 

鈴愛の母、晴役:松雪泰子さん

鈴愛の父、宇太郎役:滝藤賢一さん

鈴愛の祖母、廉子役:風吹ジュンさん

鈴愛の祖父、仙吉役:中村雅俊さん

律の母、和子役:原田知世さん

律の父、弥一役:谷原章介さん

 

その他の出演者として下記の方々もいます。

六角精児さん、高木渉さん、余貴美子さん、井川遥さん、清野菜名さん、志尊淳さん、中村倫也さん、古畑星夏さん、広岡由里子さん、池谷のぶえさん、豊川悦司さん。

これだけの豪華共演陣ですから、楽しみがさらに大きくなりますね!

 

Joyのヒトコト。

今回のドラマでは数々の失敗が起こるようです。ドラマですから、失敗があった方が視聴者としてもドキドキしますよね。

さらにヒロインは耳のハンデを背負ってしまいます。

でも、周りのさまざまな人に支えられながら、道を見つけ前向きに生きていくヒロインの姿に、

朝からパワーをもらって元気になれる人も多いのではないでしょうか。

 

『半分、青い。』というタイトルは今までのドラマにはなかなかないタイトルですが、このタイトルにもおそらく主人公の生き様が込められているのではないでしょうか。

物事を前向きにとらえ、明るく生きていく。

前日にどんな暗いことがあっても、このドラマを見ることで気持ちを切り替えて新しいスタートを始められる。

そんなドラマをこれから楽しみに見ていきましょう。

 

Joy
以上、Joyでした!
スポンサードリンク

-エンタメ

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.