箱根駅伝

箱根駅伝青山学院大学2019メンバーは?監督の作戦勝ちで連覇予想!

更新日:

この記事では、箱根駅伝青山学院大学2019年のチームやメンバーの紹介と、原監督について、そして今大会の結果も予想します。

第95回箱根駅伝の注目は、青山学院大学の5連覇についてですが、原監督が立てた作戦も気になるところです。

そこで今回は、青山学院大学の2019年のチームやメンバーの紹介と、何かと注目を集めている監督について、そして結果も予想します。

 

箱根駅伝を見逃した方はこちらで無料視聴の方法をご紹介しています。
→<箱根駅伝2019を無料で見る方法!>

スポンサードリンク

箱根駅伝青山学院大学2019年メンバーは超豪華!

今年の箱根駅伝に出場する青山学院大学の2019年メンバーはとても豪華です。

青山学院大学には、箱根駅伝5連覇と大学駅伝3冠という偉業に向けて、大きな期待がかかっています。

20名ほどの選手が、区間上位で走れる力を持つという青山学院大学では、選手層の厚さも他校とは比較にならないほどです。

選手たちも箱根駅伝の経験は豊富で、昨年の区間賞受賞選手が3人も残っています。

5連覇への自信はみなぎらせていますが、そこに慢心はありません。

それぞれが高い意識で箱根路に挑み、前人未到の記録に挑みます。

 

過去5年の青山学院学院の箱根駅伝での成績

過去5年の箱根駅伝での青山学院大学の成績は下記になります。

 

開催年

往路

復路

総合成績

2014年

5位

6位

5位

2015年

1位

1位

1位

2016年

1位

1位

1位

2017年

1位

1位

1位

2018年

2位

1位

1位

スポンサードリンク

箱根駅伝青山学院大学2019年メンバーと監督の作戦は?

箱根駅伝に向けて青山学院大学の2019年メンバーと監督が立てた作戦は、どういったものなのでしょうか。

青山学院大学のエントリー選手を見ると、1万メートルの平均タイムも1番で、16人の内訳も学年のバランスも良いです。

まさに死角なしと言ったところでしょうか。

常勝軍団の青学の中でも、過去最高のチームに仕上がったと、評判です。

監督就任15年目、そして5度目の優勝、箱根駅伝でポイントとなる区間は5区なので、作戦名は「ゴーゴー大作戦」です。

ゴーゴー大作戦で、5連覇を狙います。

 

スポンサードリンク

箱根駅伝青山学院大学2019年のエントリーメンバー

2019年の箱根駅伝に出場する青山学院大学のエントリーメンバーをご紹介します。

 

選手名 

学年 

10000m公認 

ハーフマラソン公認 

前回の箱根駅伝結果

小野田勇次

4年

28分57秒30 

1時間03分42秒

区間1位(6区)

梶谷瑠哉

4年

28分39秒07 

1時間03分19秒

区間9位(4区)

橋詰大慧

4年

28分28秒08 

1時間02分46秒

出走なし

橋間貴弥

4年

29分08秒85 

1時間04分39秒

区間2位(10区)

林奎介

4年

28分40秒11

1時間03分29秒

区間1位(7区)

森田歩希

4年

28分44秒62

1時間03分01秒

区間1位(2区)

山田滉介

4年

29分21秒74

1時間03分45秒

出走なし

生方敦也

3年

29分08秒39

1時間06分57秒

出走なし

鈴木塁人

3年

28分31秒66

1時間02分55秒

区間5位(1区)

竹石尚人

3年

29分22秒79

1時間04分10秒

区間5位(5区)

吉田祐也

3年

29分17秒48

1時間03分55秒

出走なし

岩見秀哉

2年

28分49秒13

1時間03分13秒

出走なし

神林勇太

2年

29分23秒52

1時間03分56秒

出走なし

吉田圭太

2年

28分27秒40 

1時間04分31秒

出走なし

飯田貴之

1年

14分07秒55

1時間03分39秒

出走なし

湯原慶吾 

1年

28分53秒57

1時間04分44秒

出走なし

 

区間エントリーは?

最新情報の区間エントリーはこちらです。

スポンサードリンク

箱根駅伝青山学院大学大学2019年の注目メンバー

箱根駅伝青山学院大学のエントリーメンバーの中から、特に注目な選手をご紹介します。

 

林 奎介(4年)

箱根駅伝2018(94回)で、7区の区間新記録を樹立した林奎介選手が、今年も7区にエントリー!

インタビューでは、「個人区間賞、チーム総合優勝」を宣言しており、去年さながらの走りを今年も見ることができそうです。

 

竹石 尚人(3年)

https://twitter.com/AOBXB3nTuDZI2u6/status/1079186015997161472

昨年は思わぬアクシデントが影響で、往路優勝は東洋大学に明け渡してしまいましたが、今年は5区にエントリー!

今年はその雪辱を期すべく、太もも周りの筋肉を強化して、推進力のある走りにさらに磨きがかかった印象です。

4代目山の神となれるのか、非常に楽しみです。

 

箱根駅伝青山学院大学2019年メンバーが信頼する監督の横顔

青山学院大学 原晋監督

元営業マンという経歴を持つ原監督は、ユニークな指導法で知られています。

ビジネスの現場と同じように、プロセス管理を大切にし、選手たちに自主性を促しています。

また、選手のモチベーションを高めるのも得意で、高いレベルで日々の練習から競わせています。

黎明期の青山学院大学を立て直し、一躍王者にした手腕は本物です。

今回の箱根駅伝も、原監督の冴え渡る采配から、目が離せません。

 

箱根駅伝青山学院大学大学2019年のメンバーは5連覇できる?

優勝候補の筆頭と目される青山学院大学ですが、アクシデントが起きない限り、5連覇の可能性は高いと言えます。

最強の布陣に最強のメンバー、さらに最強の監督と、箱根ファンをワクワクさせてくれます。

他のチームの展開を伺うのではなく、いかに普段通りの走りができるかがカギとなります。

普段通りの走りが出来れば、終始レースを引っ張り5連覇することができるでしょう。

 

箱根駅伝青山学院大学2019年まとめ

引用:箱根駅伝公式HP

今回は、箱根駅伝青山学院大学の2019年のメンバーや監督について、そして結果も予想しました。

その強さは磐石とも言えますが、何があるのかわからないのが箱根駅伝です。

前評判通りの強さを見せつけるのか、それとも・・・

レース展開から、常に目が離せない2日間になりそうです。

スポンサードリンク

-箱根駅伝

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.