3年A組

3年A組ドラマ7話ネタバレあらすじ感想!果たして犯人は本当に武智大和なのか?

投稿日:2019年2月11日 更新日:

この記事ではドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』第7話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を書いています。

第6話で「hunter」として名指しされた教師が数学教師の武智大和(田辺誠一)。

果たして本当に武智大和が「hunter」なのでしょうか?

では、早速『3年A組』第7話のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介します。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第7話のあらすじは?

「3年A組」の視聴率推移が好調ですね。どんどん引き込まれる展開に目が離せません。

 

まずは『3年A組』第7話のあらすじ紹介です。

 

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった――。

澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。

しかし、完全潔白を主張する武智。

一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。

その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。

さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に怪しい男性が映されていたことが分かる。

……だが、いつもと違うのは決定的な証拠や確証がそこにはないということ。

武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)華(富田望生)が異議を唱える。

一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか、映像を解析して見極めるようにと告げる。

名指しされた犯人教師。

一颯の狙いとは。この事件の真相とは――。

核心に迫る第7話。

 

『3年A組 今から皆さんは、人質です』公式サイトより

 

公開された動画に写っていたのは、死んだ景山澪奈(上白石萌歌)と1人の男性。

果たしてこの男性は武智大和なのでしょうか?

それとも…….

第7話では犯人の核心に迫ります。

 

ドラマ「3年A組」第7話のネタバレ!景山澪奈が命を落とした現場に連れて行った犯人は?

 

柊一颯(菅田将暉)よりフェイク動画をベルムズに依頼した”犯人”として名指しされた武智大和(田辺誠一)!

ネットでは武智大和に対する書き込みで溢れていた。

また、ネットに投稿された一つの動画が話題を集めていた。

それは、男性と一緒に景山澪奈(上白石萌歌)が死の現場に入っていく姿だった。

その男性が武智大和ではないかと話題になっていた。

だが、武智大和は疑惑を一切否定。

そして、「僕に対する妬みで柊先生はこんなことを言っているのでしょう!僕は身の潔白を証明します!」と自分のファンの前で、そしてテレビで柊一颯に宣戦布告した。

 

武智を擁護する瀬尾雄大と魚住華

武智が犯人と主張する一颯と、自分が犯人ではないと主張する武智。

真っ向から対立する主張に混乱する生徒たち!

「じゃあ直接本人に聞いてみよう」と武智の携帯に電話する一颯。

「今夜8時までに自分の罪を自白してください。さもないと”あなたが最も大切にしているもの”を奪います。Let’s think!」

そう言って、一颯は武智に課題を出した。

その後、一颯は2つの動画を生徒たちに見せた。

一つは一颯と澪奈が会話しているシーン。

そこで澪奈は「今日、フェイク動画の犯人と会ってくる」と言っていた。

もう一つは、ネットで流れている例の動画だ。

動画には9月25日という日付が入っており、また、拡声器で流れた音声でも「9月25日」と言っていたので、澪奈が死んだ9月25日に撮影されたものとみて間違いない。

そして、女生徒のカバンには「Reina Kageyama」という文字が入っており、そして、茅野さくら(永野芽衣)が澪奈にあげたプロレスラーの飾りがカバンについていた。

このため、女生徒は景山澪奈であることが判明した。

問題は一緒にいた男性だ。

「この男が武智ではないか?」

「この男が景山澪奈を殺した犯人ではないか?」と生徒が言うと、「それはあり得ない」とさくらは小声でつぶやいた。

だが、そこに異を唱えた生徒がいた。

瀬尾雄大(望月歩)だ。

「同じ服、同じ靴だからといって、犯人だという証拠にならない」と瀬尾は主張した。

そして、その意見に魚住華(富田望生)も同調した。

実は、二人は武智から大学へのスポーツ推薦での入学を約束されていたのだ。

「確かな証拠もなく犯人扱いして、これで武智が犯人でなかったらどうするんだよ!」と瀬尾は一颯に詰め寄る。

そんな瀬尾に対して、一颯は「じゃあ、動画を解析して、武智が犯人でないという証拠を見つけてみろ!」と言い、パソコンを渡して出ていった。

逢沢博己(萩原利久)は瀬尾や華に、「武智からのスポーツ推薦でゴウショウ大学に入った生徒のほとんどが大学を辞めている」と伝えた。

華は「知らなかった…..」と驚くも、瀬尾は「強くなければ生き残れないんだよ!」と言って、その場を立ち去った。

そして、トイレで武智よりスポーツ推薦をもらったときのことを思い出していた。

 

瀬尾たちが一颯を襲ってネットに書き込もうとするも……

瀬尾にせかされながら逢沢が映像解析するも、なかなか進まない。

そんな中、瀬尾が数人の生徒と一緒に美術準備室にいる一颯を襲い、ここから抜け出そうとした。

「柊一颯が武智が犯人だという証拠を持っていないことをネットに知らせれば、世間の見る目も変わるはずだ!」

そのとき、一颯は美術準備室で相楽文香が肩っていた動画を見ていた。

「武智先生とは研修と一緒で、私の学校のスポーツ推薦をキッカケに武智先生の秘密を知って……武智先生は……」

そう言いかけたところで、生徒たちが美術準備室に入ってきた。

夕食を取りに来た諏訪美月(今田美桜)と水越涼音(福原遥)。

そして、その後をつけて侵入した瀬尾たち3人の生徒が一颯を襲った。

一颯のパソコンを奪ってネットに書き込もうとするも、ロックがかかってできない。

異変に気づいた甲斐隼人(片寄涼太)や須永賢(古川毅)らが瀬尾達を取り押さえた。

「お前のゴールは何だ?推薦で大学に入ることか?それとも、卒業した後も選手として続けることか?」

一颯は瀬尾に問いただす。

「そんなの分からねえよ!目の前のことだけで精一杯だから……」

一颯の質問に対して、瀬尾はそう答えた。

「お前たちはそれでいい。だが、教師はそうはいかない。お前たちに頼みがある。俺という人間をジャッジしてくれないか?

一颯は集まった生徒たちにそう言った。

 

フェイク動画をベルムズに依頼した犯人は?

夜8時が近づいた。

生徒たちは一生懸命動画を解析するも、男を見分ける決定的証拠が見つからない。

そんな中、一颯は武智に電話した。

そして、一人で玄関に来た武智は、一颯と話し始めた。

「一体どうしたんですか?こんな騒ぎを起こして!」

「あなたがベルムズに景山澪奈のフェイク動画を依頼しなければ、こんな騒ぎは置きませんでしたよ!」

そう言った一颯は、武智と喜志との会話を盗聴した音声を流した。

だが、武智は「そんなのは法的には何の証拠にもならない」と否定する。

そんな武智に対して一颯は言った。

「あなたは景山にゴウショウ大学のスポーツ推薦を持ちかけましたよね?だが、景山はそれを断った」

更に一颯は続けた。

「断られてもあなたはスポーツ推薦でのゴウショウ大学への入学を説得した。しかし、景山は断り続けた。それは、あなたがゴウショウ大学との裏のつながりを知っていたからだ。そして、あなたは禁じ手をつかった」

なんと、武智は澪奈に”支度金”と称して現金を贈ろうとしたのだ

「やめてください。教育委員会に訴えますよ」と澪奈は武智に言った。

武智は澪奈に訴えられることを恐れ、ベルムズにフェイク動画を依頼して澪奈を黙らせようとした。

だが、「君は景山に騙されているんだ。全部景山の妄想だ!」と否定し続ける武智。

すると、一颯に一通のメールが届いた。

それは、景山澪奈と一緒に建物の中に入っていった男の写真だった。

それは、道路にあるカーブミラーに写った武智の顔だった

驚く武智!

だが、武智は「そこに写っているのは僕じゃない!」と否定する。

そして、武智は続けた。

「確かにあの日、僕は景山と会うことになっていた。君の言う通り、例のフェイク動画の件だ。景山のフェイク動画の件で僕を脅してきた」

それに対して一颯は「では、フェイク動画を依頼したことは認めるんですね!」と武智を問い詰めた。

「ああ!だが、彼女とは会えなかった。彼女と会う前に……」と答える武智。

そのとき、一颯は天井に向かって言った。

「みなさ~ん、聞きましたか~。武智先生が罪を認めましたよ~」

一颯は武智とのやり取りをSNSマインドボイスにライブ配信していたのだった。

「あなたが何よりも大切にしていたものは”地位と名声”だ。確かに、それを頂きました」

そう言った一颯はライブ配信を停止した。

 

明かされる武智の本性、そして一颯の五十嵐のつながりに気づく郡司

「俺はただ、見込みのありそうなヤツに環境を与えただけじゃないか。それのどこが悪い!出来なきゃ消されるのは当たり前じゃないか!ダメだったら別のモノを差し出せばいい!出来るか出来ないかは生徒の自己責任だ!

そう言って開き直る武智。

「生徒はモノじゃない!俺たちが導いてやらなければならないモロくて未完成な人間だ!」と武智に詰め寄る一颯。

そして、「お前は教壇に立つ資格はない!」と言った一颯は、武智に銃口を向ける。

「やめろ、柊!」

警視庁理事官・五十嵐徹(大友康平)や警官が入ってきた。

それを見た一颯は、「後は頼みましたよ!」と言って中に戻った。

五十嵐は武智のほおをひっぱたき、武智を逮捕した。

武智が警察に連行された後、郡司が五十嵐の前に現れた。

そして、五十嵐に言った。

「柊一颯と相楽孝彦はグルでした。そして、あなたもグルですよね?」

郡司は一颯と五十嵐の関係に気づいたのだ。

 

本当の黒幕は別にいる?

「これで澪奈が死んだ真相が明らかになったんだよね?なのに、なぜ私たちは解放されないの?」

宇佐美香帆(川栄李奈)は不安そうに言った。

「まだ終わっていない」

そう答えたのは茅野さくらだ。

全員がさくらを注目する。

その時、美術準備室にいた一颯は笑いながら言った。

「さあ、これからが本番だ!」

 

視聴率はこちらをチェック!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第7話みんなの感想は?

 

第7話では、武智大和がベルムズにフェイク動画を依頼した犯人だったことが分かりました。

やはり武智がフェイク動画の犯人だったのですね!

武智のクズぶりがネットでも話題になっていました。

武智に制裁が加わるだけのあんな大きな理由があったこと、裏の顔に正直ひいたし、ホントにクズって思った。

 

その一方で、、生徒たちのつながりややり取りがネットで話題になっていたようです。

瀬尾くん達に殴られてる一颯を助けた甲斐がかっこよすぎた。
華ちゃんと瀬尾くんを見る須永の目が切なかった。

 

さて、ドラマはいよいよ佳境を迎え、真犯人に迫っていきます。

武智は「呼び出されて景山とは会えなかった」と言っており、景山澪奈を殺し、武智を犯人として陥れようとした黒幕が別にいることを伺わせました。

早くもネットでは犯人探しが白熱しているようです。

黒幕は牧原大臣かな。訴えられたら芋づる式だもんな。
それと大穴狙いでお祭り騒ぎと私刑が大好きなネットユーザーとか。

 

果たして、真犯人は一体誰なのでしょうか?

 

「3年

知っとくと楽しい!「3年A組」ネタ帳

スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第7話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

引用元:「3年A組 今から皆さんは、人質です」公式ホームページ

 

この記事ではドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』第7話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を書きました。

第7話では、武智大和が景山澪奈のフェイク動画をベルムズに依頼した犯人だと分かりました。

だが、景山澪奈を殺した”黒幕”が別にいることを匂わせた回でした。

次回は、真犯人につながる”何か”が出て来そうな回になりそうですね!

スポンサードリンク

-3年A組

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.