3年A組

3年A組ドラマ6話ネタバレあらすじ感想!茅野さくらが気づいたこととは?

更新日:

この記事ではドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』第6話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を書いています。

今回からドラマの展開が大きく変わります。

前回、ベルムズの顧客リストに「魁皇高校教師」とありましたが、その人物とは果たして誰か?

『3年A組』第6話のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介します。

 

「3年A組」の見逃し動画についてはこちらをチェックしてください。
【「3年A組」の動画を無料でみる<4つの方法>比較検討!】

 

スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第6話のあらすじは?

 

まずは『3年A組』第6話のあらすじ紹介です。

 

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。

様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。

生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。

と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。

だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。

驚くA組生徒たち。

話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。

事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。

と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。

必見。

 

『3年A組 今から皆さんは、人質です』公式サイトより

 

これで先生と生徒が一体になって黒幕の魁皇高校教師を追及すると思いきや……

なかなか一筋縄ではいかないようです。

柊一颯(菅田将暉)が「教室を爆破する」と宣言する中、茅野さくら(永野芽衣)は何に気づいたのでしょうか?

 

私も、最終回の犯人について大胆予想をしてみましたが、あながち間違いではないかもしれません。

第6話では、澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった犯人が徐々に分かってくる展開になるでしょう。

エンディングでは生徒が仲良くしていたり、ダンスする姿などほっこりする部分もある「3年A組」ですが、ドラマ本編では緊迫の場面が続きます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第6話のネタバレ!茅野さくらが気づいたこととは何か?

 

3月6日、柊一颯(菅田将暉)は生徒たちを前に「信じる、信じないゲームをしよう」と言う。

メガネをかけて「信じろ~」、メガネを外して「信じるな~」という一颯。

だが、生徒たちは何のことだか分からない。

生徒たちは支給された弁当を食べ、そしてシャワーを浴びたり踊ったりとすっかりと一颯と和解した模様。

そして、生徒全員で撮った日付入りの写真をSNSマインドボイスに投稿し、「生徒は全員無事」であることを知らせる。

この投稿にネットはざわつき、「もしかしたら柊一颯は景山澪奈を殺した真実を暴こうとするヒーローではないか?」という投稿まで登場した。

その時、一颯は「ヒーロー編、かいま~く」と叫んだ。

 

一颯が先生たちに与えた「課題」とは?

日が変わって3月7日。

数学教師・武智大和(田辺誠一)の携帯に一颯から電話が入った。

そして、教師全員に聞こえるように武智に指示をした。

一颯は教師たちに言った。

「フェイク動画を依頼したhunterは、夜8時まで名乗り出てください。名乗り出ない場合は教室を爆破します」

「俺たち手を組んだのじゃないのかよ」と驚く生徒たち!

「俺たちが手を組んだのは”真実を暴くために命を差し出してくれ”という意味だ」と取り合わない一颯。

そして、一颯は再び生徒たちからカバンとスマホを回収する。

「俺たちを殺す気はないんだろう?」と言う甲斐一颯(片寄涼太)に対し、一颯は「目的を果たすためには容赦はしない」と答える。

「hunterを見つけ、先生を説得したらどうだ?」

「いいか、上辺だけで物事を見るな。本質から目を背けるな。Let’s think!」

そう言い、袋を持って教室を出ようとする一颯。

そのとき結城美咲(箭内夢菜)が「手伝います」といって袋を運ぶ。

「あ!」と言う茅野さくら(永野芽衣)。

何かに気づいたようだ。

一方、美術準備室に含んだ運んだ美咲は自分のスマホを回収した。

 

”hunter”を推理しはじめる生徒たち

その頃、郡司真人(椎名桔平)は相楽文香(土村芳)に会おうとしていた。

だが、文香の父・相楽孝彦(矢島健一)が「お引き取りください」と言って会わせようとしない。

さくらが司会となり、5人の先生から”hunter”が誰かを推理していた。

そんな中、元水泳部・水越涼音(福原遥)は水泳部顧問・坪井勝(神尾佑)との過去のトラブルを思い出していた。

水泳部だった涼音はある日、「胸が苦しい」と言って付き合っていた中尾連(三船海斗)と一緒に病院に行った。

だが、練習を休んで涼音が中尾と会っていたことを坪井にとがめられ、「もうお前を指導することはない」と言われてしまった。

涼音はそのことを恨んでいた。

トイレで美咲がスマホを持っていたことに気づいた涼音は、自分が語ることを動画として撮影して投稿するよう美咲に指示した。

そして、坪井から受けたハラスメントを話し、「坪井がhunterだと思う」と話した。

 

一颯のルーツに迫る郡司

さくらはみんなの夕食を取りに美術準備室にいた。

そこでは、一颯が美咲と涼音のやり取りを隠しカメラの映像を通じて見ていた。

「先生の目的は本当に犯人を捕まえることですか?」とさくらは一颯に質問した。

「本当の目的はもっと先にある」と一颯は答えた。

その頃、郡司は同じ生活安全課の宮城良一(細田善彦)と一緒に特撮スタジオにいた。

かつて一颯が美大生だった頃、特撮ヒーローのドラマに悪役「IVKI」としての出演していた。

その頃の様子を、かつてヒーロー役を演じたスーツアクター・田中(前川泰之)に話を聞くためだ。

悪役だった一颯はヒーローになるはずだったが、ガンでヒーローになることを諦め、文香と同じ教師になる道を選んだ。

そして、郡司は田中から意外な事実を聞いた。

なんと、その特撮スタジオの社長は文香の父・相楽孝彦だったのだ。

 

明かされる”真実”

夜8時に近づいた頃、一颯はネット電話で先生たちに連絡した。

「hunterさん、名乗り出てください」と一颯は言うも、先生たちは誰も名乗り出ようとしない。

「生徒たちは坪井先生がhunterだと思っているみたいですよ」と言って、一颯は涼音と会話させる。

そして涼音は坪井を攻め立てた。

「そろそろ真実を話した方がいいんじゃないですか?」と言う校長(ベンガル)。

実は、坪井が「もうお前を教えることはない」と言って涼音を水泳部から締め出したのは、涼音がトレーニングのやりすぎで命に関わる病気を発症したからだった。

「これ以上トレーニングを続けると命にかかわる」と、涼音の母と坪井は医師に聞かされていた。

このため、涼音に水泳を諦めさせるために、坪井は自分が悪者になることで涼音を水泳部から締め出したのだった。

涼音は坪井を犯人だと言った動画をネットにあげるように美咲に指示したことを後悔した。

泣き出す涼音。

だが、実はその動画はネットに上がっていなかった。

美咲がネットに上げようとした瞬間、一颯に止められたのだった。

それを一颯に聞かされ、「良かった」と言ってホッとする涼音。

「何が良かっただ!」

怒り狂う一颯。

「この動画が広まったら、坪井先生がどうなっていたのか分かっているのか?お前の軽はずみな行動で取返しのつかないことをしていたかもしれないんだぞ!」

そして、一颯は生徒たちに言った。

「お前たちは感情に任せて過ちを犯せる年ではないんだ。もっと自分の言葉に、行動に責任を持てよ」

 

さくらが気づいたこととは?

「8時になっても名乗り出ないので、約束通り教室を爆破します」

そう言って教室の外に出る一颯。

慌てて叫ぶ生徒たち。

8時になり、ネット電話の通信が途絶えた。

しばらくすると爆発音が!

だが、一颯が爆破したのは別の教室だった。

「脅かすなよ…….」

「先生ひどい!」

口々に文句を言う生徒たち。

だが、さくらは「先生はヒントを与えていたよ」と言った。

さくらが気づいたこととは、先生が本気で言ってのか、ウソを言っているのかを区別する方法だった。

メガネをつけて言ったときは本当のこと、メガネを外して言うときは信じてはいけないことだった。

「信じる、信じないゲーム」は続いていたのだ。

 

相楽孝彦は一颯の協力者だった!そして”hunter”と名指しされた人物は?

郡司は宮城から、相楽孝彦がこの1カ月間に個人名義で大量の火薬を購入していたことを聞いた。

これを聞いた郡司は、柊一颯と相楽孝彦がつながっていることを確信したのだった。

その頃、相楽孝彦は自宅のパソコンからSNSマインドボイスにある動画を投稿した。

それは、景山澪奈が男性に付き添われながら、死んだ現場に行ったことを映し出した動画だった。

その後、澪奈と男は一緒に中に入った後、男は逃げ出し、しばらくして救急車が到着した。

一方、一颯は校内放送で先生たちに言った。

「いよいよ追い詰められましたよ!hunterさん。いや、武智大和先生!」

hunterとして名指しされたのは、数学教師・武智大和だった。

 

視聴率はこちらをチェック!

 

スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第6話みんなの感想は?

 

第6話では福原遥さん演じる水越涼音を中心に描かれていました。

その中でも、特に菅田将暉さんが福原遥さんの胸ぐらをつかみ、窓を叩きながら説教をするシーンは迫力満点でした。

演技とはいえ、演じていた福原遥さんも本当に怖かったのではないでしょうか?

2人が演じるシーンはネットでも絶賛の嵐でした。

 

まいんちゃんの泣きの演技、めっちゃ素晴らしかったね。
迫真の演技過ぎてまともに見てられなかったです(笑)
菅田将暉の”世界一怖い壁ドン”

 

さて、やはりというか、ドラマでは相楽孝彦と柊一颯がつながっていたことが分かりました。

そして、”hunter”として名指しされたのは、こちらもやはり武智大和先生でした。

ただ、私個人は「本当の黒幕は別にいる」と思っています。

恐らく武智大和は景山澪奈をあの場所に連れていっただけで、景山澪奈を殺した人物、そして景山澪奈をあの場所に連れていくように指示した黒幕は別の人物ではないかと…….

「田辺誠一さんの役回りが薄いな~」と思っていましたが、次回、事件の核心に迫る何かが語られるのではないでしょうか?

 

「3年

知っとくと楽しい!「3年A組」ネタ帳

スポンサードリンク

ドラマ「3年A組」第6話のネタバレあらすじ感想・まとめ!

引用元:「3年A組 今から皆さんは、人質です」公式ホームページ

 

今回はドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』第6話の「あらすじ・ネタバレ・感想」を書きました。

菅田将暉さんが福原遥さんに行った「世界一怖い壁ドン」が話題になるなど、見どころ満載の第6話でしたね。

ドラマも柊一颯と相楽孝彦のつながりが見え、少しずつ核心に迫っています。

一方で、”hunter”と柊一颯に名指しされた武智大和先生は、本当にhunterなのでしょうか?

核心に迫る次回が本当に楽しみです。

 

スポンサードリンク

-3年A組

Copyright© OMOSHIRO factory , 2019 All Rights Reserved.